河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

受験体験記2019(国公立大)

愛知教育大学

教育学部に合格!(一般入試)

りおさん

感想・今後の意気込み

私は3年生の5月の終わりまで部活をしており、他の子より少し遅れて受験生活が始まりました。模試を何度も受けても点数はほとんど変わりませんでした。でもラスト1ヶ月追い込んでやれることをやりきりセンターでは最後の模試から100点以上上がり、世界史は30点以上上がりました。

メッセージ・アドバイス

私の志望校では二次試験が総合問題と小論文しかなく対策には苦労しました。やはりセンター試験でいい点数をとれたのが心の支えで、やり抜けました。二次試験の配点が低いところを目指すにはセンターが鍵になると実感しました。

ページトップへ

教育学部に合格!(一般入試)

ぱじゃまさん

感想・今後の意気込み

受験を通して諦めないこと、前向きな気持ちがすごく大切だとわかりました。模試の成績が伸びなくても「今間違えておいてよかった!次はここに気をつけよう。」と思うようにしたし、私立の試験に失敗したときも「これが前期本番じゃなくてよかった。気持ちを切り替えよう。」と思うようにしました。不安で仕方なかったけど、前向きな気持ちで、絶対に諦めなかったことが合格の決め手だったと思います。

メッセージ・アドバイス

私はテレビっ子なので、1日1時間と決めて入試本番まで毎日テレビを見ていました。適度な息抜きは大切だと思います。また、時間を決めて勉強することも大切だと思います。私の場合は、部活をしていたときから『起きてから朝ごはんまでの1時間と夜ごはん後から寝るまでの1時間~2時間は勉強する』というように絶対に勉強する時間を決めていました。

北陸・東海の国公立大学一覧に戻る

先輩の声メニュー
先輩の声トップ
特派員の声
キャンパスライフ
先輩のノート大公開
受験体験記