河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

受験体験記2019(国公立大)

名古屋大学

法学部に合格!(一般入試)

クリュニー修道院さん

感想・今後の意気込み

私は元々頭が良くなく、全統模試でも偏差値は高3の春まで50を超えたことがありませんでした。しかし、名大に合格したいという強い気持ちは絶えず持ち続け、平日は5時間、休日は14時間ひたすら勉強しました。その結果名大オープンで偏差値が67となり、判定も初めてAを11月時点で取れるようになりました。本番のセンター試験でも自分の力を十分に発揮することが出来、96%、二次試験もリラックスして受けることが出来ました。結果も合格で、満足です。

メッセージ・アドバイス

数学は青チャートを最低でも3周してください。英語は音読で伸びます。国語は、『確かに、しかし』『~だと思う』など、筆者が言いたいことにはこういった語が使われているので、これらの語をチェックするよう心がけてください。理科と社会は、授業の予習、復習を真面目にやればある程度の点数は取れます。

ページトップへ

法学部に合格!(一般入試)

D.A.さん

感想・今後の意気込み

現役生のとき、自分の学力と志望校との距離を見定めようとしなかったため、焦り勉強に集中できなくなってしまっていた。浪人をするにあたり、この反省を踏まえて、問題を正しく解けなかった場合には、「なぜ解けないのか」、「どのような力が足りないのか」を不断に問うようにした。こうすることで、焦らず着実に合格へのステップを踏めたように思う。

メッセージ・アドバイス

現代文:キーワードを覚える。200字要約の練習をする。頭を使って考え、メモを作ってから記述解答する。
英語と古典:単語・文法・句形を覚える。読解をする際には、文法的に読む方法と、言葉の論理性を以て文脈的に読む方法の両方が必要なので、この両方を鍛える。
数学:チャートなどに載っている典型的な問題を、答えを見ずに解けるように最低3度ずつ復習し、絶対に解けるようにしておく。典型的な問題を解くことで、「どのようなときにこの解法・公式を使うのか」を「経験」として覚える。

ページトップへ

工学部に合格!(一般入試)

サクライさん

感想・今後の意気込み

やはり、合格のカギは河合塾のテキストでしょう。河合のテキストは質が高いのはもちろんのこと、取り組みやすい構成になっているのでモチベーションも続きやすいです。私の場合は特に物理でそれを実感しました。実感としては1年でおおよそ10は偏差値が上がったと思います。英語や数学に関してももっとテキストを使いこなせばよかったと若干の後悔もあります。笑

メッセージ・アドバイス

長期休暇中に過去にテキストでやった解けない問題を完璧に解けるようにすることが必須です。特に数学と理科はこれが偏差値アップに大きく関わります。多くの人が模試やテストが立て込んでいる時の方が大変だと思いがちですが、実はただひたすら問題集やテキストを取り組んでいる時の方が大変です。自分の向上が見られないからという理由でモチベーションが続かないことがあるので、自分にあった量の息抜きが大切です。

ページトップへ

工学部に合格!(一般入試)

K.K.さん

感想・今後の意気込み

センター試験で自分は不本意な結果となり、今まで感じたことの無いような虚無感を体感しました。それでも二次試験で挽回して合格できたのは、周りの人達の支えがあったからです。受験期間にそれを実感することはあまりありませんでしたが、今思えばこの上ない幸せだったと思います。

メッセージ・アドバイス

基礎固めを怠って応用問題を解くのは、いわば砂上の楼閣です。自分は地頭はそれほどで良くはないので、人一倍基礎問題を繰り返したと思います。周りの人の参考書を見ると、応用問題集などもありましたが、ぐっと堪えて、足りない基礎を補うのが効果的だと思いました。

ページトップへ

農学部に合格!(一般入試)

駅伝ダイスキさん

感想・今後の意気込み

試験で気負いすぎは本当に良くないです。力を出し切ることはほとんどできません。一年勉強して、できるようになればなるほど、恐らく欲が出て、テスト中にこれも全部解こう、あれも全部解けるはずだ、のような気持ちになりがちです。実際には満点はほぼ不可能です。王道ではありますが、落ち着いて、淡々と埋めていくことで最も合格に近づくことができると思います。

メッセージ・アドバイス

ヤフーのニュースのアプリで、科学に関する出来事のニュースを見ることができます。幸いにも無料で、英語の記事を訳したものが多いため、英語の長文を読んでいる感覚に近いです。科学的なニュースで見た内容がそのまま模試や授業で出ることが度々ありました。休憩や暇な時に読むだけで、理科や英語、読解の勉強になり、かなり役に立ちました。

ページトップへ

農学部に合格!(一般入試)

オリバーさん

感想・今後の意気込み

私は一年間高卒生としてもう一回受験勉強をし、その末に名古屋大学に合格しました。現役時代は知識確認ばかりで演習があまりできていなかったので、今年は特に演習に力を入れました。センター試験も二次試験も過去問と復習をとても大切にしました。今までの自分を信じて演習に飛び出す勇気のようなものが私には必要だったと思いました。

メッセージ・アドバイス

センター試験でうまく点数を稼ぐことで、二次試験直前では焦ることなく安心して対策ができます。また、私は予備校の行き帰りは友達と一緒にいるようにしました。その利点は、行きでは寝坊を防ぐこと、帰りでは教えあったりお喋りでリフレッシュしたりすることにあります。

ページトップへ

情報学部に合格!(一般入試)

homuさん

感想・今後の意気込み

私は自分は能力がないと思っているので少し早めの高校2年生の夏休みから受験勉強を始めました。当時はクラスの大半が遊んでいる中で1人で黙々と受験勉強を毎日し続けるのは本当に辛かったです。ですが、当時から目標にしていた大学の学部に合格できたときはその時の苦労が報われたと思い本当に嬉しかったです。

メッセージ・アドバイス

アドバイスは2つだけあります。1つ目はとにかく体調管理です。当時は睡眠時間も削って勉強していましたが、今思えばちゃんと寝て集中すべきときにやれば良かったと思っています。2つ目は後悔がないようにひたすら頑張り続けてください。具体的な対策は学校の先生や塾の先生に聞けば分かります。とにかく直向きにひたすらに頑張ってください。

北陸・東海の国公立大学一覧に戻る

先輩の声メニュー
先輩の声トップ
特派員の声
キャンパスライフ
先輩のノート大公開
受験体験記