河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

受験体験記2019(国公立大)

神戸大学

経営学部に合格!(一般入試)

M.I.さん

感想・今後の意気込み

河合塾では年に何度も模試が行われるので、そこに照準を合わせて逆算しながら勉強しました。そうすることで今自分が何をするべきかが明確になり、モチベーションを持続することができました。さらに模試の結果を見て自分自身の弱点を知り、そこから軌道修正をすることができたので、模試は自分のペースメーカー的存在だったと思います。そのおかげで何とか本番に間に合い無事合格することができました。

メッセージ・アドバイス

河合塾のテキストには基礎から応用まで受験に必要な考えが詰まっているので、最初はあれこれ他の参考書に手を出す必要はないと思います。(出すとしても単語帳ぐらい)十分に力がついて初めて、演習用として実践的な問題集に手を出すのがオススメです。基礎固めの時期が一番大変だとは思いますが、後に花開くことを信じて頑張ってください。

ページトップへ

経営学部に合格!(一般入試)

Y.K.さん

感想・今後の意気込み

僕は1、2年生の頃にはほとんど勉強をしていませんでした。校内の実力テストでは、下から3番目という順位も取ったことがあります。3年の夏休みまでは模試でもE判定しか取ったことがありませんでした。夏休みからは必死で受験勉強に取りかかりました。その結果、秋頃にはD判定に上がり、最後の模試ではC判定でした。そして、本番では、B判定を取ることが出来ました。諦めずに最後まで自分を信じれば、絶対に成績は伸びると思います!

メッセージ・アドバイス

僕は、本格的に受験勉強を始めたのが、夏休み頃からだったので他の人よりも遅れているなということを感じていました。なので、とにかく人よりも多く勉強することを考えました。例えば、トイレの中に英単語を書いて貼って覚えたり、お風呂の中でも参考書を読んだりして勉強していました。その結果、何とか成績を上げて、合格することが出来ました。

ページトップへ

工学部に合格!(一般入試)

しょこらさん

感想・今後の意気込み

浪人したので、今年やっと合格できたのは本当に嬉しいです。

メッセージ・アドバイス

毎日同じリズムで生活をすることが1番大事です。休みだから寝ていてもいいやと緩んでしまうとその日ずっとだらけてしまうので、きっちり時間を決めるのがいいと思います。

ページトップへ

農学部に合格!(一般入試)

のらりくらりさん

感想・今後の意気込み

受験生活を振り返ると、確かに大変でした。スケジュール管理、体調管理、遊びという誘惑との闘い、緊張の制御などなど。しかしながら、これらを自分なりに対処していくことで学力以外の面でも少なからず成長できたのではないかと感じています。また、受験勉強で多くの知識、考え方を得たことで普段の生活における考えの幅が大きく広がったように思います。

メッセージ・アドバイス

神戸大学は比較的センター試験の配点比率が高く、センター試験で失敗すると大きなビハインドを背負うことになるため、11月からひたすらセンター試験の勉強をしていました。二次試験は基礎を徹底し、基本問題を絶対に落とさないようにすることを意識して勉強していました。皆さんもどこの大学を目指すにしろ、焦る気持ちを押さえて基礎を徹底することをお勧めします。

ページトップへ

国際人間科学部に合格!(AO入試)

にょんさん

感想・今後の意気込み

無事合格できて、本当に良かったです。センター試験が終わってから合格発表までが長かったので緊張で二次試験勉強になかなか身が入りませんでした。普通の科目勉強だけでなく、AOは特殊なテストが課されるので夏休みはほとんどその勉強ばかりしていました。

メッセージ・アドバイス

大まかなペースを塾で作っていただき、あとは独自のペースで勉強を進めていました。賛否両論あるかと思いますが、私はマイペースでいくのが一番いいかと思います。友達が違うやりかたで勉強していると不安になるかもしれませんが、自分に合うと思ったやりかたを追求してみてください。休憩も挟みつつ、適度に頑張ってください!

近畿の国公立大学一覧に戻る

先輩の声メニュー
先輩の声トップ
特派員の声
キャンパスライフ
先輩のノート大公開
受験体験記