河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

受験体験記2019(国公立大)

鳥取大学

医学部に合格!(一般入試)

村人Cさん

感想・今後の意気込み

医学科受験を決意したのは高校を卒業してから何年も経った頃でした。当然大学受験の知識など無に帰していて、前年のセンター試験を解いて採点した結果7割もありませんでした。私は当初、学力状況が特殊なために独学での受験勉強を検討していたのですが、今から思えば河合塾に身を置くことで勉強のペースに乗り、また他の生徒と受ける授業や自習室で刺激を受け、チューターの方々にはメンタル面や戦略面で支えられて、それらが揃ったからこそ合格できたのだと思います。私を拾ってくださった河合塾には感謝してもしきれません。

メッセージ・アドバイス

体調管理は常にしっかりとした方が良いです。河合塾の授業は内容が濃い分、逆に一度の欠席による損害も大きくなってしまいます。欠席しなくても寝不足などで集中できないと勿体ないです。また自習室には極力篭るべきです。少し怠けたくなっても、周りで頑張っているライバルを見れば自分に喝が入ります。そしてこれは人によるかもしれませんが、私は活字を読むのが苦にならない人間だったので、勉強の合間の休憩に新書やハリーポッターの英語版などを読んでいました。気分転換と評論や英語の勉強を兼ねられるのでおススメです。

ページトップへ

医学部に合格!(一般入試)

ハルさん

感想・今後の意気込み

無事に第一志望校に合格し、安堵の気持ちで一杯です。1年浪人し、予備校の寮に入りました。そこでの生活の中で、高校3年生の時の自分の頑張りがいかに甘かったかを実感しました。また、毎日規則正しく生活するという、当たり前のことがいかに大切か分かりました。ここで大切なのは、基準を高く設定すること、周りの人にそれが守れているか見ていてもらうということだと思います。大学合格は、夢のスタートラインに立つことを許された、という事だけです。これから、努力を怠らず、良い医師となることができるよう、頑張ります。

メッセージ・アドバイス

模試や第2志望以降の大学の受験に向けても全力で勉強するという事です。それらに向けて、一つ一つの単元を仕上げていくことで、第1志望校の受験までに全ての単元を何回も勉強することができます。また、問題集などは、前から順にではなく、苦手な分野から解いていくべきだと思います。

中国・四国の国公立大学一覧に戻る

先輩の声メニュー
先輩の声トップ
特派員の声
キャンパスライフ
先輩のノート大公開
受験体験記