河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

受験体験記2019(私立大)

立教大学

文学部に合格!(指定校推薦)

A.S.さん

感想・今後の意気込み

私は指定校推薦ですが、たまたま第一志望校の枠があったので申し込みました。そのため、秋まではずっと勉強をしていました。そのなかで、推薦の枠があるとわかってからは推薦の準備と勉強を並行していたので時間がうまく使えずに睡眠時間が減ってしまうこともありました。そうすると、精神的にも辛くなってしまうし、自習中に睡魔に襲われたりと良くないことが続きました。睡眠時間は大切です。

メッセージ・アドバイス

夏休みなど、時間管理がルーズになってしまいがちな時は、睡眠時間や食事、お風呂など生活に必須な時間を24時間から引いた時間を自覚してそのなかで計画を立てて勉強していました。残る時間は意外と少ないので(私の場合は13.5時間でした)そこで詰め込むのではなく無理のない計画を立てることが大切だと思います。また、私は暗記するときに字を書く派なので暗記用のノートを作ってどれだけやったかを可視化できるようにしました。

ページトップへ

法学部に合格!(一般入試)

H.I.さん

感想・今後の意気込み

自分は高校三年生の時は文系私立を志望していましたが、浪人をするにあたり国公立志望に変更しました。高校で数学ⅡBを履修していなかったこともあり、数学の通常授業の予習復習に他教科の3倍ほど時間を使ったのですがセンター試験でも理想には届かず、今振り返れば効率の悪い勉強方法だったと反省しています。結果は国公立不合格で悔しいですが、苦手なことに取り組む時間を過ごしたことがこれからの人生を生きる糧になったと思っています。

メッセージ・アドバイス

毎日行うリストをつくり、ルーティーンをつくりました。そのルーティーンはどんなに疲れていても必ず行い、センター試験の日も行いました。その日ルーティーンの中に単語や文法などを入れることによって自分がやるのに億劫であることを積み重ねることで苦手な分野も克服することができると思います。

ページトップへ

経営学部に合格!(一般入試)

カズキさん

感想・今後の意気込み

浪人生活は、先生の話やネットなどから大変なものだと聞いていましたが、同じような大学を目指し競える友達と出会えたので、それほど辛いものではありませんでした。校舎周辺は遊ぶ所が無かったのですが、そんな落ち着いた環境も受験にあたっては良かったのかなと思います。

メッセージ・アドバイス

夜遅くまで勉強せず、規則正しい生活を送ることはやはり大切です。自習でも量より質の良い勉強が出来るように自分なりの方法をとったりしました。集中出来なくなったら外に出て気分転換するのもすごく効果的です。たまには遊ぶことも自分を追いこみすぎないためにはあっても良いと思います。来年の受験生の合格を応援しています。

ページトップへ

経営学部に合格!(一般入試)

かれーらいすさん

感想・今後の意気込み

学校の友達と辛い時は励まし合い、一緒に息抜きをしたりしたのが思い出です。また、家族や先生、チューターさんなど、支えてくださった方がいたからやり遂げることが出来たと感じています。辛い時はそんな周りの人たちのことを思い出すことで、頑張ることができていたと思います。

メッセージ・アドバイス

私は国語、英語、日本史の三科目しか勉強していなかったため、科目数の少なさに、飽き飽きしてしまう時がありました。そんな時は替え歌を作って暗記をしてみたり、音声教材を聴いて暗記をしたり、スマホのアプリを使って問題を解いたり、友達と問題を出し合ったり工夫をしながら雰囲気を変えて楽しく勉強していました。

東京の私立大学一覧に戻る

先輩の声メニュー
先輩の声トップ
特派員の声
キャンパスライフ
先輩のノート大公開
受験体験記