河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

センター試験 生物基礎

学習アドバイス

2018年度本試験では、小設問16問中14問が知識問題でした。2017年度と同様に、2018年度の本試験も知識問題の割合が高く、2019年度以降もこの傾向が続くと予想されるので、まずは教科書に記載されている基本的な知識や用語を正確に理解し、覚えておく必要があります。また、知識問題では、正誤の判断にやや詳細な知識を必要とする選択肢が含まれることがあるので、これらの問題に対応するためには、教科書の本文だけでなく、「図・表」、「観察・実験」、「参考(コラム)」、「探究活動」なども含めて隅々まで十分理解しておく必要があります。(ただし、教科書の「発展」に記載されている内容はセンター試験では出題されません。)
 2018年度の本試験では出題されませんでしたが、これまでの本試験では例年計算問題が出題されています。2019年度以降も、「ミクロメーターによる測定」、「DNA中の塩基組成」、「細胞周期」、「腎臓における濃縮率・再吸収率」、「酸素解離曲線」、「暖かさの指数」、「生態系内の物質循環とエネルギーの流れ」などに関する計算問題が出題される可能性があります。計算問題で点数差がつきやすいので、問題集や過去のセンター試験などを用いて十分に問題演習を行い、計算問題に対応できるようにしておきましょう。
 2018年度の本試験では考察問題とともに、図から選択肢の正誤を判断する問題が出題されました。2019年度以降も、図や表などの資料にもとづいて選択肢の正誤を判断する問題や、実験結果などにもとづいて考察する問題が出題される可能性があります。このような問題では、設問文や選択肢の文意を理解する力、与えられた図や表を正確に読み取る力、論理的に思考する力などが要求されます。計算問題と同様に、問題集や過去のセンター試験などを用いて十分に問題演習を行い、対応できる力を養っておきましょう。

ページトップへ

2019年度問題構成と設問別分析

横にスライドしてご覧ください

大問 分野 配点 マーク数 テーマ
1 生物と遺伝子 19 3 A 生物の特徴・代謝
4 B DNAの抽出・DNAの構造・遺伝情報の発現
2 生物の体内環境の維持 15 4 A 血液凝固・血液循環・酸素解離曲線
2 B 免疫
3 生物の多様性と生態系 16 2 A 物質とエネルギーの移動
3 B 日本のバイオーム・光-光合成曲線・二次遷移
合計 50 18  

設問別分析

第1問

Aは生物の特徴と代謝に関する知識問題と考察問題、BはDNAの抽出とDNAがもつ遺伝情報に関する知識問題およびDNAの塩基組成とタンパク質合成に関する計算問題であった。問3は、これまでのセンター試験で出題されたことのない「仮説を検証するために必要な実験を選ぶ問題」で、大学入学共通テストを意識した出題であった。問6では、昨年出題されなかった計算問題が出題された。「観察・実験」や「探究活動」などを通して、「仮説の設定」や「実験計画の立案」を行う力を養っておこう。

第2問

Aは血液凝固と酸素解離曲線に関する知識問題および血液循環に関する考察問題、Bは免疫に関する知識問題であった。問2は、左心室と右心室の間の隔壁に大きな穴が開いた場合に起きる現象を、血液循環に関する知識に基づいて考察する問題であり、これまでのセンター試験であまり出題されたことのない大学入学共通テストを意識した出題であった。問3では、「酸素解離曲線」が何を表しているのかを正しく理解しておく必要がある。センター試験は知識問題の割合が高く、詳細な知識が要求されることがあるので、教科書の内容を隅々まで正確に覚えておこう。

第3問

Aは生態系における物質とエネルギーの移動に関する知識問題、Bは日本のバイオームに関する知識問題、光-光合成曲線の図に基づいて選択肢の正誤を判断する問題、二次遷移に関する考察問題であった。問4では、「光-光合成曲線」が何を表しているのかを正しく理解しておく必要がある。問5は、2つの実験結果に基づいて、芽ばえの由来を推測する問題であり、これまでのセンター試験であまり出題されたことのない「実験の結果に基づいて考察する問題」で、大学入学共通テストを意識した出題であった。国公立大学の二次試験や私立大学の入試問題など、実験の結果から考察するタイプの問題演習を行うとよいだろう。

ページトップへ

平均点の推移

年度 平均点
2019年度 31.0
2018年度 35.6
2017年度 39.5
2016年度 27.6
2015年度 26.7

センター試験対策トップに戻る

学習対策メニュー
学習対策トップ
センター試験対策
大学別学習対策
全統模試問題にチャレンジ!
英語リスニング対策
小論文・総合問題対策
面接対策
実技対策
参考書の選び方