河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

センター試験 地学

学習アドバイス

火成岩に関しては地学基礎の内容も出題されますが、それ以外は地学基礎で扱わず、地学で学習する内容が出題されています。必答問題は地学の全範囲「地球の概観」、「地球の活動」、「地球の歴史」、「大気と海洋」、「宇宙の構造」から出題されるため、偏りなく、全分野の学習が必要です。選択問題は、解きやすい方を選択すればよいでしょう。
 『地学』の教科書を発行している2社(啓林館、数研出版)のいずれにも掲載されている項目が優先して出題されますが、詳細な事項に関しては教科書間で相違があるため、採択している出版社以外の教科書も読んでおきましょう。
 60分の試験時間内で正確に解答できるようにするためには、全統マーク模試などを利用して、多くの演習問題を解いて、センター試験の出題形式に慣れておきましょう。なお、センター試験対策の問題演習としては、過去問を集めた『センター試験過去問レビュー』(河合出版)が有用です。

ページトップへ

2019年度問題構成と設問別分析

横にスライドしてご覧ください

大問 分野 配点 マーク数 テーマ
1 地球 17 5 A 地球の自転と内部構造
B 地震と断層
2 地質と岩石 27 8 A 地質調査
B 地史
C 地層と岩石
3 大気と海洋 17 5 A 地球と金星、火星の大気
B 海水の水平運動
4 宇宙 27 8 A 天体とその進化
B 銀河系
5 地球 12 4 A 重力
B ケイ酸塩鉱物
6 水の循環と海洋 12 4 A 地球表層の水とその輸送量
B 海洋の構造
合計 100 30  

設問別分析

第1問

Aは地球の自転と内部構造に関する問題であった。問1は地球の自転方向の図と周期を選択する問題で、知識で解くことができる。問2は地球内部の温度分布を示す図を選択させる問題で、おおまかな温度上昇の割合を知らないと選択肢に迷う。問3は三角比を利用して水平分力を計算する問題で、水平分力の減少割合が全磁力の減少割合の1/2倍になることを踏まえて解く必要がある。
Bは地震と断層に関する問題であった。問4は初動分布と余震の分布図から断層の走向と地盤にかかる力の方向を読み取る問題で、過去にも出題されているタイプの問題である。問5は断層の平面図から断層が活動を始めた年代を計算する問題で、図の読み取りや計算は標準的なものであった。
地球分野では図表中の数値を用いた計算問題の演習を心掛けよう。

第2問

Aは地質調査に関する問題であった。問1はルートマップにおける地層の分布を考察する問題で、地形図上に走向線を引いていけば求めることができる。問2は凝灰岩を用いて地層を対比する問題であり、凝灰岩の同定は容易であるが、図2と図3の断面の方向や位置関係に注意して選ぶ必要がある。問3は、示準化石の地質時代と級化構造の堆積環境についての基本的な問題であった。
Bは地史に関する問題であった。問4は生物の絶滅とその原因について、問5は日本列島の付加体の形成順序についての問題で、どちらも基本的な問題であった。
Cは地層と岩石に関する問題であった。問6は接触変成岩に関する基本的な問題であった。問7は火成岩の組織のスケッチから岩石名と結晶の晶出の順序を考察する問題であった。問8は放射年代や放射性同位体についての基本的な問題であった。
地質・地史分野では地質調査による図を用いた問題を数多く練習してその解法を身につけるとともに、地球の歴史についての基本的な知識を正確に理解しておこう。

第3問

Aは地球・金星・火星の大気に関する会話文についての問題であった。問1は金星と火星の大気についての知識を問う基本的な問題であった。問2は地球の大気についての知識を問う基本的な問題であった。問3は金星と火星の気温の鉛直分布のグラフを選ぶ応用問題であり、やや難しかった。地表の気圧とオゾン層が存在しない場合の気温分布を考えて解答すればよい。
Bは海水の水平運動に関する問題であった。問4は地衡流に関する問題であり、問題文の内容に沿って考えれば正解を選ぶことができる。問5は黒潮に関する基本的な問題であった。
大気・海洋分野では幅広い知識が必要であるので、教科書をよく読み、図表についても内容を正確に理解しておくことが必要である。

第4問

Aは天体とその進化に関する問題であった。問1は太陽系全体に占める惑星の質量の割合と主系列星のエネルギー源に関する知識問題であった。問2は主系列星の質量と寿命・光度・色に関する知識問題であり、正誤の組合せ問題であった。問3は大質量の恒星の末期に起こる現象とその結果として残される天体に関する知識問題であった。問4はHR図上で恒星の半径の分布をシュテファン・ボルツマンの法則を用いて考察する問題であった。問5はブラックホールに関連する知識問題であった。
Bは銀河系に関する問題であった。問6はグラフから銀河回転の速さを読み取って、回転速度を導き出す計算問題であった。問7は暗黒物質(ダークマター)に関する知識問題であった。問8は銀河系と銀河に関する知識問題であった。
宇宙分野では幅広い知識が要求されているので、教科書を精読し、正確な知識を身につけよう。

第5問

Aは重力に関する問題であった。問1はジオイドの大規模な凹凸の原因を問う知識問題であった。ジオイドの大規模な凹凸の原因を問う出題は珍しい。問2は極と赤道の遠心力と標準重力に関する基本的な知識問題であった。
Bはケイ酸塩鉱物に関する問題であった。問3はケイ酸塩鉱物の骨格が連結する際に共有される元素と、固溶体に関連してかんらん石に含まれる割合が変化する元素を問う知識問題であり、細かい知識が求められている。問4はケイ酸塩鉱物の基本骨格の模式図と有色鉱物の晶出順序とその骨格構造に関する知識問題であった。
重力の分野に関しては、教科書の文章をしっかりと読み、図表にまで目を配る必要がある。また、鉱物の分野に関しては地学だけでなく地学基礎の教科書の文章や図表にも目を通しておこう。

第6問

Aは地球表層の水とその輸送量に関する問題であった。問1は問題の水の輸送量の図を見て考える平易な計算問題であった。問2は陸水の存在量の比に関する基本的な知識問題であった。
Bは海洋の構造に関する問題であった。問3は海洋の平均塩分および緯度による塩分分布とその要因に関する知識問題であった。問4は海洋の層構造に関する知識問題であった。
水の循環と海洋の分野では、教科書の文章だけでなく図で扱われている内容までしっかり目を通しておこう。

ページトップへ

平均点の推移

年度 平均点
2019年度 46.3
2018年度 48.6
2017年度 53.8
2016年度 38.6
2015年度 40.9

センター試験対策トップに戻る

学習対策メニュー
学習対策トップ
センター試験対策
大学別学習対策
全統模試問題にチャレンジ!
英語リスニング対策
小論文・総合問題対策
面接対策
実技対策
参考書の選び方