河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

センター試験 地理B

学習アドバイス

現行課程4年目の2019年度は、「世界の自然環境と自然災害」、「資源と産業」、「都市と村落、生活文化」、「地中海沿岸地域」、「ウクライナとウズベキスタン」、「宮崎市とその周辺地域の地域調査」の6題が出題され、4年続けて出題分野は同じでした。自然環境では、現行課程で重視されるようになった自然災害が毎年出題されています。資源と産業では、以前は農業と鉱工業が交互に出題される傾向がみられ、2018年度は2017年度に続いて農業と鉱工業の両方が出題されたものの、2019年度はコーヒーをテーマにした問題が中心で、鉱工業はほとんど出題されませんでした。比較地誌は、現行課程から出題が始まり、インドと南アフリカ、スペインとドイツ、ノルウェー・スウェーデン・フィンランドに続いて、2019年度はウクライナとウズベキスタンが出題されました。平均点は2015年度から上がり続け、2018年度は68点と高くなりましたが、2019年度は難度の高い図表の判定問題や細かな知識を必要とする問題が多く、62点に下がりました。センター試験最終年の2020年度入試も出題分野は同じでしょうが、分布図や統計図表の読み取り問題が多いので、知識を増やすとともに、分布や統計を背景から理解することを心がけてください。

ページトップへ

2019年度問題構成と設問別分析

横にスライドしてご覧ください

大問 分野 配点 マーク数
1 世界の自然環境と自然災害 17 6
2 資源と産業 17 6
3 都市と村落、生活文化 17 6
4 地中海沿岸地域 17 6
5 ウクライナとウズベキスタン 14 5
6 宮崎市とその周辺の地域調査 18 6
合計 100 35

設問別分析

第1問

世界の自然環境と自然災害に関する問題で、問1は4地域の土壌と植生、問2は地形断面図、問3は河川の流量変化、問4は4地点のハイサーグラフ、問5は北極海の海氷の分布域の変化と環境変化、問6は台風の進路が問われた。問1はア地域とウ地域の正誤の判断が難しい。それ以外は標準的な難易度である。

第2問

資源と産業に関する問題で、問1はコーヒーなどの4つの農作物の大陸別生産割合、問2はコーヒーの原産地、問3はコーヒーの流通、問4はコーヒーに関連して牛乳、サトウキビ、テンサイの生産国、問5はコーヒー輸出国の輸出構成、問6もコーヒーと関連して喫茶店などの都道府県別事業所数割合が問われた。コーヒーに特化した特定のテーマを持った問題は珍しいが、特に判断に迷う問題はなく、難易度は標準的。

第3問

都市と村落、生活文化に関する問題で、問1はパリとその周辺の3地点の景観、問2は巨大企業本社数の統計などからの4か国の首都の判定、問3は都市と河川とのかかわり、問4は旧宗主国と植民地の宗教、問5は奈良盆地の地形図を用いた時代変化の読み取り、問6はレジャーに関する施設や文化財の都道府県別分布が問われた。問1はパリが放射環状型の都市で、セーヌ川の中ノ島から発展したという知識が必要である。問2もやや判定しづらいが、それ以外は解答しやすい。

第4問

地中海沿岸地域の地誌問題で、問1は自然環境、問2は海峡と国境、問3は農作物の分布、問4はアルジェリア、イスラエル、モロッコの輸出構成、問5は4つの都市の成り立ち、問6は4か国の外国出身者が問われた。問2は地図をよく見ているかどうかで差がつくだろう。問6は難問であるが、旧植民地でスペインとフランスを判定し、イタリアとギリシャの区別は人数に着目すればよい。

第5問

ウクライナとウズベキスタンの比較地誌の問題で、問1は地形と気候、問2は農産物と鉱産物、問3は経済の変化、問4は食生活の違い、問5は言語と街並みが問われた。問4はウズベキスタンは宗教との関係、ウクライナと日本の区別は1人1日当たりの食料供給量の違いで判断する。問5は写真に写っている森に着目すれば解答できる。なじみの薄い国々のため、得点差が開くかもしれない。

第6問

宮崎市とその周辺の地域調査に関する問題で、問1は大阪市と3都市(水戸市、佐賀市、宮崎市)との鉄道所要時間の変化、問2は月別観光客数と日照時間などの気候との関係、問3は青島付近の写真と地形図の読図、問4は土地利用の変化、問5は農作物の市町村別分布、問6は口蹄疫に関する地図の読み取りが問われた。図表が多く解答に時間を要するが、難易度は標準的である。問5は早場米とキュウリの区別が難しいが、早場米は平野部・南部の温暖な地域に多いと判断する。
〈地理A第5問との共通問題〉

ページトップへ

平均点の推移

年度 平均点
2019年度 62.0
2018年度 68.0
2017年度 62.3
2016年度 60.1
2015年度 58.6

センター試験対策トップに戻る

学習対策メニュー
学習対策トップ
センター試験対策
大学別学習対策
全統模試問題にチャレンジ!
英語リスニング対策
小論文・総合問題対策
面接対策
実技対策
参考書の選び方