河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

センター試験 日本史B

学習アドバイス

「センター試験は全問マーク式だから易しい」と思っている人はいませんか?それは安易な考えです。センター試験の設問の半数程度は文章正誤問題で、そこで試される学力は、出来事の因果関係を正しく理解しているか、歴史名辞の意味を正確に理解しているか、といったことです。したがって、教科書に載っている用語をやみくもに覚えても、センター試験で高得点をとることはできません。センター試験の日本史学習で大切なことは、「覚える」ことではなく「理解する」ことです。基本となる事項を正しく理解すれば、必要な用語は自然に覚えられるはずです。高3生がまずやらなければならないことは、センター試験がどんな試験なのかを知ることです。そこで、2018年度センター試験のなかで、既習範囲の問題だけをやってみてください。そうすれば、これまでの学習の不十分な点がわかるでしょう。それを確認したうえで、本格的な学習計画を立ててください。

ページトップへ

2019年度問題構成と設問別分析

横にスライドしてご覧ください

大問 分野 配点 マーク数
1 地名から探る日本の歴史 16 6
2 原始・古代の歴史研究と資料 16 6
3 中世の政治と社会 16 6
4 近世の社会・政治・文化 16 6
5 近世・近代における公家と華族 12 4
6 近現代の日米関係 24 8
合計 100 36

設問別分析

第1問

昨年度に続く会話形式の問題文を使用した大問であった。Aの会話文では、町村合併による地名変更の問題点や、地名が歴史資料としての意味をもつ点などをとりあげている。Bの会話文では、北海道にアイヌ語に由来する地名が多いことなどをとりあげ、現代のアイヌ民族をめぐる動向に論及している。現行課程に移行して以来の複数の時代をまたぐ設問などを用いて古代~近代を総合的に問う形をとっているが、例年より近代の割合が多い。問2・問5などは複数の時代をまたぐ設問であったが、正誤や時代の判断基準は明確であり、難しくはない。問3では史料読解問題がみられたが、「注」に着目すれば難しくはない。センター試験の史料問題では、史料の「注」も重要な情報であることを知っておきたい。全体には標準的なレベルの問題である。

第2問

原始・古代の歴史研究と資料の関係を素材に、古代を中心に総合的に問うている。Aでは石碑や鉄剣銘などの金石文が文献史料ではわからない事柄を伝えたり、既知の出来事の裏づけとなる点をとりあげ、Bでは2017年にユネスコの「世界の記憶」に登録された上野三碑の山上碑などの金石文が、地域史を伝える資料として有用である点をとりあげている。問5では史料読解問題がみられた。「注」に着目すれば正解できる問題ではあるが、丁寧な読み取りが求められている。設問は政治史を中心としており、全体には標準的なレベルの問題である。

第3問

年号(元号)をめぐる諸動向を素材に、中世を総合的に問うている。Aでは鎌倉~南北朝期における動向を、Bでは室町期における動向をとりあげている。今年(2019年)は改元が予定されており、そうした動きを反映したテーマ設定ともいえよう。なお、河合塾の全統センター試験プレテストにおいても第1問で、同様の意図から年号(元号)をめぐる動向をとりあげた。全体には標準的なレベルの問題である。

第4問

Aでは江戸時代の大規模開発や村の自治のあり方を、Bでは大田南畝の人物史をとりあげ、近世を総合的に問うている。問3では史料読解問題がみられた。「注」に着目し、丁寧に読み取れば正解できる設問ではあるが、手こずった受験生も少なくなかったであろう。全体には標準的なレベルの問題である。

第5問

江戸時代の公家と近代の華族をとりあげ、近代を政治史中心に問うている。問3は、やや難易度が高いが、選択肢番号2・4の判断を保留しても選択肢番号3を正文として選べたであろう。問4も華族制度というテーマは受験生にとってなじみがないが、選択肢番号3の誤りは明確であり、難しくはない。全体には標準的なレベルの問題である。〈日本史Aの第2問との共通問題〉

第6問

近現代の日米関係をとりあげ、近現代を総合的に問うている。Aでは日露戦争後から日米開戦までの動向を、Bでは占領期の諸動向を、Cでは1950年代以降の動向をとりあげている。問6では史料読解問題がみられた。問8では1990年代の日米の軍事・防衛関係が問われた。1990年代を単独で扱う設問は、本試験では初めてである。ただ、文bでPKO協力法の成立を扱い正文と判断させているが、これが日米関係の範疇に含まれるのか戸惑う受験生もいたであろう。全体には標準的なレベルの問題である。〈日本史Aの第4問との共通問題〉

ページトップへ

平均点の推移

年度 平均点
2019年度 63.5
2018年度 62.2
2017年度 59.3
2016年度 65.6
2015年度 62.0

センター試験対策トップに戻る

学習対策メニュー
学習対策トップ
センター試験対策
大学別学習対策
全統模試問題にチャレンジ!
英語リスニング対策
小論文・総合問題対策
面接対策
実技対策
参考書の選び方