河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

センター試験 英語(リスニング)

学習アドバイス

皆さん、リスニングの問題はただ音声を聴き取るだけではなく、質問や選択肢を速く読む力も必要とされることを知っていますね。センター試験「リスニング」でも、事前に質問や選択肢を読み、読み上げられる内容を推測する余裕を持つことが非常に大事です。内容は、日常生活や学生生活をベースにした場面がよく出題されていますが、そのような問題は皆さんも状況をイメージしやすく、取り組みやすいと思います。全体的には教科書レベルの語い力で対応できる表現が多く使われ、基本的なリスニング能力が問われる試験です。
 高得点を取れるようになるためには、意識的にリスニング練習に取り組むことが大切です。単に英語を聴き取るだけではなく、聞こえてきた内容を別の表現に言い換えたり、英語で応答したりする力が求められます。
 では設問別に学習のポイントを挙げてみましょう。

第1問

簡単な計算を交えた数字の聴き取りや、位置関係、時刻に関する表現の聴き取りに慣れておく。必要に応じてメモを取ると効果的。

第2問

選択肢を早くかつ正確に理解する読解力を磨き、対話全体の状況を把握し、最後の発話に対する柔軟な応答を考える練習。

第3問A

事前に質問と選択肢に目を通し、場面や状況を想像しながら、聞こえてくる音に引きずられないよう正確に聴き取る練習。直接表現されていない含意関係に注意する。

第3問B

事前に図表の内容を素早く読み取り、複数の情報を整理しておくことが重要。また、聴き取るポイントに注意しながら場面の展開を追い、情報を取捨選択しながら聴き取る練習。

第4問A

事前に質問と選択肢を短時間で読み取り、該当の箇所を聴き取る練習。さらに正確に聴き取るためにディクテーション練習を普段より取り入れると効果的。

第4問B

発言者の名前に注意し、それぞれの意見内容の要点をまとめ、複数意見の共通点と相違点を整理しながら聴き取る練習。

 全部、完璧に聴き取れなければならないと思う必要はないので、まずは英語の音(オン)を怖がらず、繰り返し英語を聴き、声に出す練習をすることが大切です。スクリプトを見ずに音声を何十回と聴くことを勧めます。

ページトップへ

2019年度問題構成と設問別分析

横にスライドしてご覧ください

大問 分野 配点 マーク数 word数※ テーマ
1 対話文
イラスト選択問題
12 6 30/6 問1 新しい漫画キャラクター
30/18 問2 ヨーロッパ旅行の日数
27/23 問3 夏休みに女性がしたこと
30/22 問4 塩はどこにあるか
30/16 問5 テニスコートの利用時間と料金
28/8 問6 賛否を決めかねているメンバーの説得
2 対話文
応答完成問題
14 7 29/28 問7 再びスマホの画面を破損
30/38 問8 繁忙期に休暇の申請
30/14 問9 外交官の無料講演が残り数席
28/25 問10 試合に遅れそうだが信号は守るべき?
28/29 問11 パーティーの開始時間に合わせ図書館を出る
28/26 問12 ピザを取りに行くと20パーセントお得
29/31 問13 夜行バス乗り場はどこか
3 A 対話文
質問選択問題

12

3 50/23 問14 待ち合わせに女性が遅れた理由
48/33 問15 スカートを作れる友人を紹介
48/25 問16 休憩で男性が用意する飲み物
B 対話長文
ヴィジュアル型質問選択問題
3 144/60 問17~19 博物館で男性が訪れる常設展と特別展
4 A モノローグ
長文内容把握問題
12 3 203/114 問20~22 補助輪なしでの初めての自転車練習
B 会話長文
質問選択問題
3 295/106 問23~25 保護施設の犬の里親になる
合計 50 25    

※word数は、問題文/設問選択肢です。

設問別分析

第1問

対話を聞き、質問の答えとして最も適切なイラスト、数字、文字情報などを選ぶ問題。問6は昨年同様グラフを用いた問題が出題されたが、昨年は増減の表現を聴き取れば正解を選べたのに対し、今年は複数の情報を総合的に判断しなければならなかったので苦戦した受験生もいたと思われる。 事前に質問とイラストなどに目を通して、聴き取りのポイントを予測しておくこと、また、数字の聴き取りや計算に慣れておくことも重要である。

第2問

読み上げられた対話に続く応答を選ぶ問題。選択肢は昨年と比較してやや長いものもあったが、応答のポイントが昨年と比較して絞りやすくなった。事前に選択肢に目を通して、場面・状況を想像しながら聴く訓練をしておくこと。対話の中で聞こえてこない単語で選択肢が作られていることもあるので、聞こえてくる音に引きずられないように注意する。また、対話全体の状況を把握し、最後に発話の内容を十分理解した上で柔軟に応答を考えるスピーキング能力を向上させる練習が重要である。

第3問

A:対話を聞いて、質問の答えとして最も適切な選択肢を選ぶ問題。普段からさまざまな状況での会話に慣れておくことが大切である。
B:質問選択型。複数の情報を聴き取り、取捨選択する能力が問われる問題。昨年出題されていた地図は姿を消し、一昨年の4つのプログラムが掲載されていたポスターに近い形式になった。事前に博物館の展示案内の内容を素早く読み取り、情報を理解しておくことが求められた。 情報を整理しながら聴き取る練習をしておくことが普段から必要である。

第4問

A:長めの英文1題。昨年に引き続きエッセイが出題された。質問文から聴き取るポイントを絞りやすかった。また、4つの選択肢に共通部分があったため、選択肢を読み取る負担が少なかった。事前に質問と選択肢を短時間で読み取り、的を絞った聴き取りをすることや、内容を正確に聴き取るためにディクテーションなどの練習を取り入れることが効果的であろう。
B:3人の会話を聞いて質問に答える形式。意見の同意や相違を問う設問がなくなり、聴き取るポイントが絞りやすくなった。また、第4問Aと同様に、4つの選択肢に共通部分があったため、選択肢を読み取る負担が少なかった。聴き取った情報の要点をまとめる練習を普段からしておくとよい。

ページトップへ

平均点の推移

年度 平均点
2019年度 31.4
2018年度 22.7
2017年度 28.1
2016年度 30.8
2015年度 35.4

センター試験対策トップに戻る

学習対策メニュー
学習対策トップ
センター試験対策
大学別学習対策
全統模試問題にチャレンジ!
英語リスニング対策
小論文・総合問題対策
面接対策
実技対策
参考書の選び方