河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

特派員の声 学習編(英語筆記)

Q.あなたが行った効果的な英語(筆記)の学習法を教えてください。

※特派員のプロフィールはアンケート回答時点のものです。

東京大学 教養学部 1年 やりいかゆずしお特派員
A.受験での必要度:センター・2次私大ともに必要
毎日英語に触れる時間をつくって鈍らせないことが重要だと思います。読解力は簡単に鈍るので。逆に、維持するのは大変で、レベルアップするのはもっと大変です。
自分は、空き時間、通学時間、食事中などに電子辞書サーフィンをしていました。語彙力がつくし、楽しいですよ。

お茶の水女子大学 理学部 1年 はまちゃん特派員
A.受験での必要度:センター・2次私大ともに必要
文法は、自分に合った文法専門の参考書一冊に取り組みました。単熟語は単熟語帳で覚えるのが苦手だったので、長文の中で意味との関連で覚えました。長文読解は、教科書や塾のテキスト・模試で出会った文章を使って勉強しました。まず時間内に問題を解いて自分なりの回答を作り、その後時間を気にせず全ての分からない単語と文の構造を丁寧に解明してから、再度問題に対する回答を作りました。
以上のことをしてから最終的に解説を読み、分からないところを先生に聞いて、より深く学ぶようにしていました。また、意味を思い浮かべながらスラスラ読めるようになるまで、一文ずつ何回も音読すると速読ができるようになるので、オススメです。

北海道大学 1年(総合入試理系) 綾狩特派員
A.受験での必要度:センター・2次私大ともに必要
読解問題で解いた英文を、復習の時何度も声に出して読みました。速く読むことより声に出した英文を同時に理解できることに重点をおきました。
また、英作文は基本的な例文をコツコツ覚えていくだけでもかなり変わる分野なので、英作文が苦手な人は基本例文を覚えていくことをおすすめします。

東京農工大学 農学部 1年 K.S.特派員
A.受験での必要度:センター・2次私大ともに必要
英語の得点を上げるうえで単語力、熟語力は欠かせません。私はただ単に単語帳を見るのではなく、単語や熟語を辞書で引いたり、先生に聞いたりして理解を深め、そこで仕入れた新たな情報を単語帳に書き込み、その単語帳をいつも持ち歩いて活用してました。
また、ある程度単語や熟語への理解が深まると、初めて見る単語や熟語の意味が推測できるようになるのでオススメです。

信州大学 繊維学部 1年 アジの開き特派員
A.受験での必要度:センター・2次私大ともに必要
覚えた単語やイディオムを実際に使って記憶する勉強をしていました。具体的には、学校の行きや帰りに目についたものを英語で紹介することです。
人間はどうしても時間経過とともに覚えたことを忘れてしまうので、新しく覚えた単語などを無理やりにでも説明文に組み込み説明することを心がけました。これが復習の代わりとなり、一段と記憶に残りやすいのでお勧めです。

京都大学 工学部 1年 カーリング女子銅メダルおめでと特派員
A.受験での必要度:2次・私大のみ
英作文の勉強はむやみやたらに多くの問題に取り組んでもあまり効果が出ないので、一つの問題を解いて、一日後、一週間後、二週間後と時間を置いて解くことで解答の精度を上げていくことが望ましい。そしてその問題と似た形式の問題なら確実に解答できるところまできたら新しい問題に取り掛かるとよい。
英語の長文はある箇所がわからなくてもちゃんとピリオドまで読むように心がけるとよい。また読むスピードをあげるには音読が効果的。英語の文には特有のリズムがあるため、音読を通してそれに慣れることが大切。

大阪大学 基礎工学部 1年 LAKE特派員
A.受験での必要度:センター・2次私大ともに必要
読解は文法や文の切れ目を見つけることに慣れることで得点が上がりました。特にイレギュラーな訳し方をする表現は受験でも狙われやすいので要チェックです。
作文は難しい表現を使わず自信のある簡単な表現で確実に点を取りましょう。また単語は和訳だけでなく英訳もできるようにしましょう。

奈良教育大学 教育学部 1年 coco54特派員
A.受験での必要度:センターのみ
長文はまず設問から読み、何を聞かれているのか、ざっくり頭に入れておきます。該当箇所を読んだら、その都度、設問を解きます。1回目に自力で解く時、怪しいと思った単語の下にその訳を書いておきます。また、意味の分からない単語は前後の文脈から判断し、あてずっぽうでも構わないので、訳を書いておきます。全て解き終わったら、書き留めた単語を調べます。この時に単語帳を使います。
調べたものに付箋を貼っていくと、単語を覚える優先順位がはっきり分かり、オススメです。
(付箋が多い=よく見かけるのに覚えきれてない、ということです。空き時間はその単語を重点的に覚えれば良いのです。)

千葉工業大学 情報科学部 1年 たぬき特派員
A.受験での必要度:センター・2次私大ともに必要
理系生で暗記が苦手だったので、「なぜそうなるの?」を徹底して勉強しました。
例えば単語の場合、接頭辞や接尾辞などの意味を覚えると、単語の成り立ちを理解する事ができるので、楽に暗記できました。

慶應義塾大学 法学部 1年 @_@特派員
A.受験での必要度:センター・2次私大ともに必要
語彙、文法、読解、作文の4つの力が英語の勉強には必要だと思います。
語彙は1つの単語・熟語帳を繰り返しやって細かいところまで完璧にしました。他の単語・熟語帳や読んだ文で知らなかった語彙はその度に覚えました。
文法は高1から文法書をひたすらやっていたので、困りませんでした。高3からは文の構造を読み解くテキストをやっていました。
長文は1日1000字程度の文を必ず1つは読んでいました。
作文は志望校の形式に従って1日1題は必ずやっていました。毎回書いた文は添削をしてもらいました。

ご利用上の注意事項 をご確認の上、ご利用ください。

特派員の声トップに戻る

先輩の声メニュー
先輩の声トップ
特派員の声
キャンパスライフ
先輩のノート大公開
受験体験記