河合塾の大学入試情報サイトKei-Net Kawaijuku Educational Infomation Network

menu

受験の宿の選び方

受験の宿の選び方

自宅から離れて受験することは誰もが不安なものです。

そこで実際に大学受験の際、宿泊を経験した先輩の体験談を元に、宿の選び方と宿での過ごし方をまとめました。持ち物チェックリストや先輩からのアドバイスも掲載していますので、ぜひ活用してください。

受験に便利な宿選びのポイント

試験会場から近く、ゆとりが持てる宿・ホテル

まずは試験会場から近いホテルを探しましょう。朝の通勤ラッシュや乗り換えのストレスが軽減できます。とくに複数の大学を受験する場合には、交通アクセスの良いターミナル駅近くに泊まるのが便利です。
 一方、繁華街の近くだと人や車が多く騒音が気になって落ち着いて休めないこともあります。どのホテルにするか迷うような場合は、こうしたことも考慮して選ぶといいですね。また、ホテル近くにコンビニやATMがあると、いざという時に便利です。
 この時期、ホテルによっては受験シーズンに向けた「受験生プラン」を用意していたり、受験生のためのサービス体制を整えていたりします。事前に確認してみましょう。
 ただし、このような条件の良いホテルは早めに予約でいっぱいになることも。Kei-Net特派員アンケートからもわかるように、10月以前から準備を始めている人も多くいます。とくにセンター試験後の国公立大学出願に伴って、1月後半は予約が殺到します。受験校が決まったら早めに予約しておきましょう。

受験のために使用する宿・ホテルを選ぶ際に重視した点は何ですか

いつ頃予約しましたか

机やスタンドなど受験生に配慮したサービス

ホテルの部屋に備え付けられた照明は勉強部屋と違って少し暗く、机も参考書やノートをたくさん広げて勉強する十分なスペースがないこともあります。ホテルによっては、電気スタンドを貸し出ししたり、特別に勉強机を準備しているホテルもあります。
 この他、チェックイン前、チェックアウト後にも荷物を預かってくれるなど、さまざまなサービスがありますので、気になることは事前に問い合わせておくと安心です。

オススメは朝食付きプラン

ホテルによっては宿泊プランがたくさんあって、どれにしようかと迷うところ。受験生にオススメなのは「朝食付きプラン」です。『腹が減っては戦ができぬ』とよく言われます。試験当日はしっかり朝ごはんを食べて、血の巡りを良くしておきましょう。最後まで万全のコンディション作りを心掛けてください。
 朝食のタイプは、ホテルや宿泊プランによってさまざま。「和定食」「洋定食」「バイキング」「パンとコーヒー」などいろいろあります。自分に合ったものを選びましょう。
 宿泊プラン自体に朝食が付いていない場合も、チェックイン時や当日に申し込みができることがあります。また、お昼のお弁当を販売しているホテルもありますので、あわせて確認しておきましょう。

食事・お弁当はついていましたか

Kei-Net特派員の体験談やアドバイス

受験に協力的なホテルを取ろう。保護者にある程度は任せよう。 R.K.特派員(北海道大学 1年)

地方だとホテルが少なく直前だと予約が取れなくなってしまうこともあったので、早いうちから予約をしておくことを勧めます。 B.T.特派員(日本医科大学 1年)

大学生協で斡旋しているホテルを取りましょう。10月に埋まってしまうこともあるので、早めに取ることをお勧めします。 たちょ特派員(岐阜大学 1年)

受験生の宿選びには、インターネットが大活躍!

各宿泊予約サイトが受験生用の特集ページを設けていて、大学周辺の宿・ホテルが簡単に検索できるようになっていたり、受験生に嬉しい設備やサポートプラン等が紹介されていたりします。 また、早期予約割引があったり、キャンセル料も一定期間前までは発生しないので、早めの宿選びにもピッタリです。 受験校がある程度決まってきたら、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

indexに戻る