河合塾の大学入試情報サイト

合格をつかむ!1年間の過ごし方

受験生になり、「さぁ、勉強するぞ!」と意気込んでいる人も多いと思います。しかし同時に、「受験勉強って何から手をつければいいの?」という人もいるでしょう。受験に向けて1年間でやるべきことをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。来春の志望大学合格を一緒に目指しましょう!

受験生になったらまずやりたいこと

STEP1志望校を考える

まだ受験の実感がわかない頃かもしれませんが、志望校を具体的に想定し始めましょう。そうすることで、受験科目や出題範囲を把握でき、学習計画が立てやすくなります。
志望校検討に必要な各大学の詳細は、「大学検索システム」で確認することができます。

STEP21年間のスケジュールを把握する

長いようで短い1年間。漫然と勉強するだけでは、あっという間に時間が過ぎてしまいます。学校行事に思いのほか時間を取られることもあるでしょう。「My Study Plan for Success」を使い、「何をいつまでにするのか」を明確にしながら、1年間を計画的に過ごしましょう。

My Study Plan for Success を完成させよう

「My Study Plan for Success」には、学校行事や入試、模試の予定と学習計画が1枚に書き込めます。この模試までにこの範囲まで学習しようなど、行事に合わせた自分だけの学習計画を作りましょう!

My Study Plan for Success の使い方
入試関連スケジュール、模試の日程を記入する
学校行事(定期テスト、体育祭など)を記入する
受験科目ごとの学習スケジュールを記入する
POINT
模試や定期テストを学習の指標にするのがおすすめ!
POINT
無理のないスケジュールを組むのが継続のポイント!
毎月の学習を振り返り、達成度を記入する
POINT
遅れが生じたときは、スケジュールを見直そう!

1~4の項目を書き込める「My Study Plan for Success」をご用意しました。印刷してぜひご活用ください。

My Study Plan for Success サンプル

1学期&夏休み(4月~8月)

基礎力をつける

この時期は基礎力定着に徹しましょう。入試で合格点を取るには基礎問題で確実に得点する必要があります。また、応用レベルの問題を解くにも、土台となる基礎事項の理解が不可欠です。

2021年度入試から実施される大学入学共通テストでは、「知識の理解の質を問う」「思考力・判断力・表現力を活用して解く」問題が一層重視される、教科書等で扱われていない資料等も扱う場合があるなどの変化点がありますが、ベースになるのは教科書の内容です。まずは教科書に書かれていることをしっかりと理解し、教科書の例題や基本的な問題集が解けるよう学習しましょう。

あわせて、英語や古文の単語や文法のように、覚えるべきものの学習にも取り組みましょう。

河合塾では

河合塾のテキストは、繰り返し学習することで確実に学力が身に付く問題が厳選されています。どのような教材を使えば基礎力を付けることができるかなど、河合塾の授業では迷う必要がありません! 今後の大学入試制度でより重視されるようになる「思考力、判断力、表現力」も身につくカリキュラムで受験生をサポートします!

苦手を発見し、克服する

自分の苦手、見過ごしていませんか? 苦手があると、苦手分野の大問をまるまる失点してしまった、なんてことにもなりかねません。早い段階での苦手克服を目指しましょう。苦手意識はなくても、「いつもここで間違える」という“隠れ苦手”を持っている人も多くいます。模試などの結果を振り返り、“隠れ苦手”を残さないようにしましょう。

夏休み~基礎力固め、苦手克服のラストチャンス~

受験の天王山と言われる夏休み。夏休みが終わると、これまでの学習の総復習や苦手科目にじっくり取り組む時間はとれません。やり残しがないよう、あらかじめ40日間の学習計画を立て、有意義に過ごしてください。夏のがんばりが秋以降の成績の伸びにつながります。

他にも… 総合型・学校推薦型選抜の受験予定がある場合は、出願締切等をチェックしておきましょう。

河合塾では

基礎力固め、苦手克服、既習範囲の復習など、やることが盛りだくさんの夏休み。一人で計画を立てていても、なかなか手が回らず、結局何もできなかったという声も…
重要なポイントが凝縮された河合塾の夏期講習で、効率よく勉強しよう!

先輩の声 上手な気分転換の方法を教えてください

富山大学 医学部 1年 Y.H.特派員
近くの参道をうろうろ教科書を持って音読しながら歩いてました(笑)。運動することでリフレッシュできるし、勉強をサボってるという罪悪感もなくてよかったです。
名桜大学 国際学群 1年 クロネコのシロ特派員
メリハリをつけることが重要だと思います。例えば、私は50分勉強したら10分休憩するようにしていました。勉強する時間は勉強する、休憩する時間はしっかり休憩をとる。だらだら勉強しないことが重要だと思います。
慶應義塾大学 経済学部 1年 ヤムチャ特派員
人と話すと安心できるタイプだったので、いろんな人と会話していました。皆ある程度のところで話を切り上げて勉強に戻るので、僕もそれに伴い自分の勉強に戻っていました。

2学期(9月~11月)

応用力をつける

この時期は、夏までに養った基礎力を土台に、入試レベルの問題に対応できる応用力を身に付けます。問題演習を通して、これまでインプットしてきた知識・解法をアウトプットする練習をしましょう。また、志望校の過去問を確認し、どのような形式・レベルの問題で合格点を取る必要があるのかを把握しながら学習を進めるとよいでしょう。

他にも… 共通テストの出願時期です。各大学の募集要項も取り寄せを開始しましょう。

河合塾では

河合塾では、チュートリアルや個人面談を通して、一人ひとりに最適な学習指導や入試情報を提供します。この時期であれば、例えば夏の学習状況の確認、2学期以降の学習計画など、気軽にチューターに相談することができます。

模試を積極的に活用する

模試は学習の成果を試す絶好のチャンスです。雰囲気も入試本番に近いため、本番で思い通りの実力を発揮する練習にもなります。

この時期には数多くの模試が実施されます。とくに新たに実施される共通テストに対応した模試は、積極的に活用したいものです。共通テストはセンター試験と比較して、図表や資料を多用した問題の出題や、問題文の分量増など、出題傾向の変化が予想されています。模試はこうした変化を想定した出題がされるので、その変化を事前に感じるよい機会です。受験後も繰り返し解き直すなどの活用をすることで、共通テスト対策としても有効でしょう。

他にも… 遠方受験をする予定がある場合、宿の手配は早めがおすすめです。

先輩の声 スランプに陥ったとき、どのように克服しましたか

一橋大学 法学部 1年 緑のぼうや特派員
親とよく話し合い、自分の志望校をしっかりと再確認した。他の志望校候補の大学より、第一志望に行きたい理由をしっかり言語化して確かめることで、モチベーションを上げた。
慶應義塾大学 環境情報学部 1年 とびっこラブい特派員
私は12月頃からいわゆるスランプというものになりました。何のために勉強をしているのかもわからなくなり、首や腰の痛みから勉強すること自体が困難になってしまいました。そこで、負の連鎖を断ち切るために、散歩をして気分転換をしたり、整体に通って体の不調を治したりしました。受験は長期戦なので体が限界を迎える前に、外出をして気分転換してみてください。
神奈川大学 経済学部 1年 ねこまた特派員
迷ったら即、学校の先生に相談した。模試の結果などを見せに行けば、アドバイスや学習方法を教えてくれたのですごく助かった。おかげで、成績や模試の判定がよくなりうれしかった。

3学期(12月~3月)

実戦力をつける

入試本番で最大限力を発揮するための、実戦力を磨きます。時間配分を意識して過去問を繰り返し解くなど、最終調整を行いましょう。共通テストに向けては、これまでに受験した共通テスト対応模試や予想問題集を活用すると良いでしょう。なお、入試直前期でも、必要なときには基礎事項を確認するなど、試験場には確実な知識を持っていくようにしましょう。

河合塾では

共通テスト、国公立2次・私立大試験対策はバランスよく行うことが大切です。
河合塾の冬期・直前講習なら、共通テスト対策と2次試験対策の両方に取り組める講座をご用意しています。

志望校・併願校の最終決定

私立大であれば冬休み中に、国公立大も共通テスト受験後すぐに出願校を決定しなければなりません。「受験校決定のポイント」を参考に、万全の態勢で第1志望校に臨める受験校選びをしましょう。

なお、直前に募集要項等の必要書類を準備していては、出願に間に合わない可能性があります。少しでも出願を考えている大学については、早めに出願の手続き方法について確認しておきましょう。

先輩の声 直前期に効果のあった学習法を教えてください

北海道大学 理学部 1年 indigo特派員
試験問題を本番の制限時間より短い時間で解くことです。こうすることで本番に緊張しても、余裕を持って解くことが出来ます。
自治医科大学 医学部 1年 S.T.特派員
自分に足りない知識を、解説書に書き加えていくこと。解説書に書いてあることをまとめ直す手間もないし、自分の言葉が書き加わることで自分にとってわかりやすい参考書が出来上がります。
津田塾大学 学芸学部 1年 あやとり特派員
やはり1番はバランス良く勉強することだと思います。得意な教科ばかりではなく、苦手な教科も手を抜かず取り組むようにしてください。

最後に

受験生としての1年間は、成績の伸びを実感することもあれば、ときには成果が思うように出ないこともあり、一喜一憂の日々かもしれません。しかし、毎日少しずつ前進することで、最終的には大きな結果を生み出すことができます。

試験当日に、「これだけ勉強したから、大丈夫。」と自信を持って臨めるよう、納得のいく1年間を過ごしてください。Kei-Netはみなさんを応援しています!!

PAGE TOP