Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  先輩の声  >  受験体験記2019トップ  >  関東・甲信越
茨城大学 教育学部に合格!(一般入試)

ディズニーヲタさん

感想・今後の意気込み

受験は本当にあっという間にやって来ます。対策は早く始めた方がいいです。いや、早く始めないとダメです。河合塾の模擬試験を定期的に学校で受けていて受験への緊張感を維持できました。大学に入ってからも勉強頑張ります。プラス、サークルとバイトも!

メッセージ・アドバイス

受験はマラソンのようなもの。ずっと走り続けなければならないが途中の給水所での水分補給、つまり息抜きも大事です。好きなキャラクターの文房具があったりするだけでも少し気持ちが和みます。趣味があると良いと思います。部活は入っていても受験勉強はできました。部活が勉強のオンとオフを切り替えるスイッチになってくれます。最後まで諦めないで走り抜けて下さい。

ページの上部へ戻る


筑波大学 医学群に合格!(一般入試)

M.T.さん

感想・今後の意気込み

現役生の時は夏まで部活をやっていたので、物理的に勉強時間が足りていないと感じていました。浪人生になってからは勉強漬けの毎日でしたが、計画を立ててこつこつ勉強し、成績が伸びるのを実感できてとても嬉しかったです。この一年は勉強以外でも様々なことを学ぶことができたので、これからの人生において必ずプラスになる一年だったと思います。支えてくれた方々に感謝して、立派な医師になれるようこれからも頑張りたいです。

メッセージ・アドバイス

効率よく勉強するためには、計画を立てることが一番いい方法だと思います。絶対にやらなければならないこと、時間に余裕があればやることをリストアップして一つ一つこなしていくと、達成感があります。私はその他に、毎日科目別に勉強時間を記録していました。勉強時間の推移を目で見ることができたので、モチベーションの維持につながりました。

ページの上部へ戻る


群馬大学 医学部に合格!(一般入試)

SZさん

感想・今後の意気込み

浪人して良かったです。浪人生活はもっと暗いものだと思っていましたが、一流講師による授業を受けるというとても充実した環境のもとで勉強できたので本当に良かったです。

メッセージ・アドバイス

様々な学習参考書に手を出すのではなく、一つに絞ってそれを何回も解き直すことが大事だと思います。

ページの上部へ戻る


群馬県立女子大学 文学部に合格!(一般入試)

マーシーさん

感想・今後の意気込み

私は浪人生活で精神面の成長を目標にしていました。高校3年までの私は、やりたい事しかやりたくない子供でした。そんな自分が嫌いで、今すぐ脱皮したいとずっと思っていました。それをずっと意識していくと、徐々に変化を実感してきました。今よりも先を考えるようになり、大学選択でもただやりたいからではなく、大学を卒業した後のこと考慮するようになりました。浪人生活を終えた今、少しばかり大人になれた気分です。浪人という期間を人生の転機にすることができた気がして嬉しい限りです。

メッセージ・アドバイス

暗記科目や苦手な分野は夏に一通りマスターしておいた方が後に楽です。本番に間に合わせたいなら絶対にやってください。あとは気持ちをどれだけ維持できるかだと思います。皆さんの負けず嫌い、頑固さを今活かしましょう。模試とかよりも、小テストを意識する方がいいと思います。周りの成績が容易にわかるし、取り組みやすいと思うので。気が緩んだら周りと周り以外も見ましょう。勉強に励んでいるのは周りだけではありません。ちなみに私は持ち前の負けず嫌いで第1回マークからセンターまで160点以上点数をあげました。

ページの上部へ戻る


埼玉大学 理学部に合格!(一般入試)

あらしっくさん

感想・今後の意気込み

友達と問題を教えあったり、休憩時間に会話することは無駄な時間ではないと思いました。私は受験期この時間がもったいないと思っていましたが、心が折れそうになった時、話せる環境はあった方がよかったなと思いました。後期だったので、合格した時は素直に嬉しく安心しました。家族も友達も先生も喜んでくれて、たくさんの人に支えられた受験生活だったことを身にしみて感じました。

メッセージ・アドバイス

埼玉大学の化学は、“なぜ?”を多く問うので、直前期は教科書を隅から隅まで読み込み、ただ理由も分からず暗記していることがないか確認しました。ただ問題を解くだけでなく、なぜそうなのか?と探究心をもって学習すると理解が深まり受験勉強が楽しくなってきます。生活面は早寝早起きです。試験は朝早い大学も多く、一時間目から数学があっても頭が働くよう、朝起きたら1番に積分の計算問題を解いていました。

ページの上部へ戻る


千葉大学 文学部に合格!(一般入試)

Bebe Camilaさん

感想・今後の意気込み

私が志望校を決めたのは高1のときでした。オープンキャンパスや学園祭は、毎年参加し、受験のモチベーションアップとしていました。しかし、センター試験ではあまりいい結果を残すことが出来ず、結局第2志望の国立大学を受けることにしました。はじめはやる気を出すのにとても苦労しましたが、今まで国立合格のために5教科努力してきたんだ、と考えるようにしました。結果、自分の受験番号を見つけた時は、嬉しさのあまり大号泣しました。第1志望ではなかったけど、国立を目指して頑張ってきた成果が出て本当に嬉しかったです。

メッセージ・アドバイス

自分のやりたいことを見つけることが大切だと思います。受験期でつらい時などは、志望校のホームページを見たりして、モチベーションアップにつなげるようにしました。また、周りの人への感謝も忘れないようにして下さい。私の場合、家族はもちろん、後輩も湯島天神のお守りを買ってきてくれたり、先輩も応援してくれたり、先生方は相談に乗ってくれました。受験は自分一人で乗り越えたものではなく、周りの人のおかげでもあります。ぜひこのことを忘れないでください。

ページの上部へ戻る


千葉大学 法政経学部に合格!(一般入試)

どんぐりさん

感想・今後の意気込み

受験生として勉強も頑張りましたが、学校行事も勉強と同じくらい全力でやりました。例えば、野球の応援をするために楽器練習をしたり、文化祭ではクラス実行委員として積極的に活動したりしました。最後の高校生活を楽しめて良かったです。

メッセージ・アドバイス

志望大学の対策を本格的に始めたのはセンターが終わってからで、それまでは学校から与えられる課題や授業などをしっかりとこなしていました。それらをやるだけで手一杯ということもあったのですが。食事、睡眠は絶対疎かにしてはいけないと思います。

ページの上部へ戻る


千葉大学 工学部に合格!(一般入試)

コナンさん

感想・今後の意気込み

私は高一の夏から河合塾に在籍していましたが、予習や復習をろくにしていなかったので、当然学力は少しも上がりませんでした。復習の大切さに気がついたのは高二の冬でした。試しに一年前のテキストを見てみたら何一つ覚えていなくてショックだったのを覚えています。それ以来復習を翌日・1週間後・1ヶ月後と計画的に行うと、ぐんぐん成績が伸びていきました。また過去問に手を出したのは夏休みでしたが今思うと少し早かったと思います。基礎がないといくら解いても学力は上がらないので、基礎の徹底を優先するべきでした。

メッセージ・アドバイス

私はセンター直前にインフルになりました。40度を超える熱も出て全然勉強できず、大変焦ったのを今でも覚えています。どんなに実力があっても体調が万全でないと合格はできないので、みなさんは体調管理をしっかりしてください。それから皆さんに今すぐにしてほしいことがあります。それは『頼れる大人』をつくることです。受験勉強中には、様々な不安や疑問が出てきますが、それを相談できるような信頼できる人がいると格段に気持ちが楽になり勉強に集中できます。大学受験を経験した人であれば誰でも構わないので絶対に見つけてください。

ページの上部へ戻る


千葉大学 園芸学部に合格!(一般入試)

T.W.さん

感想・今後の意気込み

部活を引退した8月からセンター試験までは、睡眠時間を削って平日は9時間、休日は15時間以上勉強しました。しかし、口内炎が沢山出来、いつも寝るのが遅かったためセンター試験前日に全く寝られなくなりました。最悪なことにセンター本番中に思いっきり寝てしまいました。反省して、センター後から二次試験までは7時間の睡眠を取り本命の国立試験前日もきちんと眠れました。

メッセージ・アドバイス

第1志望の過去問12年分を解きました。他は3年分解きました。私立大学は傾向を知るために赤本を買って解き、国立大学は時間内に伝わりやすい記述をする練習として活用していました。赤本を解いていて疲れてしまった時に、問題集を解くことが息抜きになっていました。

ページの上部へ戻る


千葉大学 医学部に合格!(一般入試)

麦わら帽子さん

感想・今後の意気込み

長いようで、振り返ってみるとあっという間の1年間でした。私が受験を意識するようになったのは高2の2学期あたりで、その頃の私は勉強に対してやる気も希望も持てない状態でした。それでも、塾に通うようになったり、高校3年生になるなど環境が変わるにつれて、私の考え方や意気込みも大きく変わりました。受験勉強は大変でしたが、大変な中にも楽しさがありました。私が受験生として充実した1年間を送ることが出来たのは、家族、先生、友人などの多くの人の支えがあったからだと強く思います。

メッセージ・アドバイス

とにかく積極的に色々なことに参加したことは良かったことかなと感じています。例えば、休暇中の学校の講習に多く参加したり、受けられる模試はスケジュールがきつくなっても受けたことです。独学も良いですが、講習に参加して新しい知識を得たり、模試で試験慣れしたり、様々な問題を手に入れることが出来たことはとても有意義だったと思います。とりわけ模試は自分の成績の推移が分かりやすいので、モチベーションアップに繋がったと思います。

ページの上部へ戻る


横浜国立大学 都市科学部に合格!(一般入試)

まーにーさん

感想・今後の意気込み

受験生活は想像以上に、はるかに、辛かったです。本番の試験直前は夜も眠れず、食欲も出ず、ため息ばかりの日々でした。それでも、オープンキャンパスで一目惚れした大学に絶対行きたい、入学したい、という情熱でここまで来ることができました。合格通知を見たときは喜びというよりほっとしたという感じです。努力が報われた…と。これからは自分の将来の夢を叶えるためにさらに精進します。

メッセージ・アドバイス

受験期は精神的に不安定になりやすいので、生活面は基本的に毎日同じようにすることを心がけていました。毎日同じ時間に起き、同じ時間から河合塾に行って自習し、同じ時間に帰って、同じ時間に寝ると決めていました。おかげで、生活リズムの乱れはなかったです。体調を崩さないためにも、生活面は大切にしてください。

ページの上部へ戻る


横浜国立大学 理工学部に合格!(一般入試)

y.さん

感想・今後の意気込み

この一年苦しいこともたくさんあったけど、高校時代の友達に応援してもらったり、チューターさんや、先生に励ましてもらったり、ほんとにたくさんの人の支えでやってこられました。センター・リサーチはD判定で心が折れそうになったけど周りの人が背中を押してくれて第一志望に受かりました。

メッセージ・アドバイス

だらだらやらないことだと思います。長い時間やり続けるよりもなにをやるかを決めてそれを終えたら休憩をするようにしていました。テキストは何度も復習して抜けている部分を補強しました。

ページの上部へ戻る


横浜市立大学 国際教養学部に合格!(一般入試)

N.K.さん

感想・今後の意気込み

ずっと模試ではE判定だったので、プレッシャー、不安に押し潰されそうになりました。悪い結果を見るのも嫌でしたが、自分の苦手を発見するために、泣きそうになりながらも模試の復習をしていたのを覚えています。そうした苦労の積み重ねのおかげで逆転合格に繋がったと考えています。

メッセージ・アドバイス

「習慣化」を身に付けましょう。朝早く起きて一日の勉強の計画を立てる。通学中の電車で必ず単語帳を開く。寝る前にベッドの上で暗記物をする…など。最初は苦労しますが、1週間も続けていると、無意識に勉強に取りかかることができます。そうした習慣を1年も続ければ必ず受験において大きなアドバンテージになるでしょう。

ページの上部へ戻る


山梨大学 生命環境学部に合格!(一般入試)

銀河鉄道の夜さん

感想・今後の意気込み

志望校は高校2年の前期、と早めの時期に決めていたものの、まだまだ時間はあると思っていたら、あっという間に3年生なってしまい、突然焦ることになってしまいました。模試でも第一志望校は良くてD判定…でも、最後まで諦めずにコツコツと勉強を継続しました。受験とは何が起こるかわからないもので、センター試験で初めてC判定をとることができました。その後はひたすら二次試験に向けて、苦手教科である数学の勉強を繰り返しました。

メッセージ・アドバイス

私はセンター試験の勉強も二次試験に繋がると思い、志望校のセンター試験の割合が高かったこともあったのでセンター試験直前まではセンター試験の勉強だけに取り組みました。また、苦手教科は冬休み前までに勉強をしてセンター試験直前は得意科目や暗記科目を重点的に勉強しました。生活面においては、多くの場合早寝早起きが推奨されがちですが、私の場合は試験開始時間が14時からだったため、自分の身体に合っている夜型生活を保ちました。受験生の皆さんは、自分の状況に合っている生活リズムを保つといいと思います。

ページの上部へ戻る


信州大学 繊維学部に合格!(一般入試)

特急あずささん

感想・今後の意気込み

成績が伸びないこともあったが、最後まであきらめずに努力し続けたら気づかないうちに伸びていった。また、地元で有名な大学に合格できてうれしかった。入学して興味のある分野を誰にも負けない勢いで勉強し、大学でしかできないことに積極的に取り組みたい。

メッセージ・アドバイス

授業をまじめに受け、予習、復習も欠かさずにやるべき。また、過去問対策も早めにやった方がいい。生活面では、体調を崩すと勉強ができなくなり遅れてしまうので、生活リズムを崩さずに。午前中のほうが勉強しやすいので、朝早く起きたほうがいい。

ページの上部へ戻る


信州大学 医学部に合格!(一般入試)

焼きプリンさん

感想・今後の意気込み

私はいわゆる仮面浪人という状態での受験でした。受験を終えて唯一誇れるのは心が折れなかった事だと思っています。受験は自分の弱さも思い知らされるまさに自身との戦いであったなと感じます。志望の学科で合格したときたは本当に驚きそしてやはり嬉しかったです。支えてくれた方々に感謝です。

メッセージ・アドバイス

過去問を数学に関しては7年分ほどやりましたが、論証、整数系の問題が多く感じたためⅠA・ⅡBの補強を中心にしました。英語は語彙レベルが高かったので文脈から推測できるよう訓練しました。化学は重要問題集と新研究・図説、物理は名門の森で対策しました。理科は過去問が少ないため対策が難しかったです。


ページトップへ