Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  先輩の声  >  受験体験記2019トップ  >  北陸・東海
富山大学 医学部に合格!(公募推薦)

まちゅさん

感想・今後の意気込み

私は医学部に行くという夢を叶える為に浪人することを決意しました。今年は現役の時何が足りなかったのか、今自分は何をどう勉強すべきなのかと言うことを常に考えながら勉強するようになりました。辛い時、行き詰まった時は、友達や高校、予備校の先生に相談したり話を聞いてもらう事で常に自分を客観視できるようになりました。世の中でいいと言われる勉強法が自分に合う勉強法であるとは限らないので、それを模索して実行していくのが受験をする上で大切ではないかと思います。

メッセージ・アドバイス

医学部入試においては、センター試験できっちり点数を取ることが必要とされるので、国語や社会といった教科もバランスよく勉強するよう心がけました。また、数学と英語は苦手だったので、基礎的な部分から勉強し直しました。すると、現役の頃に比べて解ける問題の種類や数が格段に多くなりました。生活面については、とにかくしっかり睡眠をとるようにしました。現役の頃は睡眠時間が少ない為に授業中眠くなる事が多かったのですが、しっかり寝る事で日中の勉強の質が上がりました。

ページの上部へ戻る


富山大学 医学部に合格!(一般入試)

Y.H.さん

感想・今後の意気込み

率直に言って、現役時に全落ちをして迎えた浪人生活は非常に苦しかったです。今年一年で必ず終えなければいけないというプレッシャー、家族や友人に迷惑をかけているという負い目、やってもやっても上には上がいて、離されていく苦しさ。もう受験から逃げ出したいがために他学部も受験しました。けれども医学部を最後まで諦めることはしませんでした。諦めなかったこと、これが合格に繋がったと思います!

メッセージ・アドバイス

規則正しい生活は一年を通して気を付けていました。受験日の朝はとても早いので、早寝早起きをずっとしていたことはとてもよかったと思います。また、過去問について、何年か前にも全く同じ問題が出されている大学もあります。そのような大学の過去問を10数年分入手し、すべて解いたおかげで実際に過去の問題がまるまる同じまま出題され、偏差値が届いていなくても手応えを感じた大学もあります(補欠ですが)。過去問研究はしっかりとやるべきです。

ページの上部へ戻る


富山県立大学 看護学部に合格!(一般入試)

K.K.さん

感想・今後の意気込み

通っている高校では、ほとんどの人が専門学校や短大進学だったので、大学受験をする環境が塾しかなく、大変だった。合格発表が終わってすぐに塾に行ったら、先生が泣いて喜んでくれました。自宅生なので学校が変わるだけですが、サークルやバイトなど、新しいことにチャレンジしたいです!

メッセージ・アドバイス

二次試験のことも考えてしまうと思いますが、絶対的に優先するべきなのは、センター対策です!いくら二次試験の問題が完璧でも、センターも完璧にできるとは限りません。センターで点数をとれなければ、志望大学を諦めることになるかもしれませんし、私大センター利用も厳しくなります。まずはセンター対策から始めましょう!

ページの上部へ戻る


福井大学 教育学部に合格!(一般入試)

うめぼしさん

感想・今後の意気込み

判定が微妙で、受かるかどうか凄く心配だったけど、今まで頑張ってきた自分を信じて二次試験を受けました。合格発表で、自分の受験番号を見つけたときは人生で一番嬉しい瞬間でした!勉強が大変だった分、楽しんで有意義な大学生活を送りたいです。

メッセージ・アドバイス

英語はとにかく単語を極めました。私は文系ですが、凄く国語が苦手だったので、部活が終わってから毎日国語の問題を解きました。また、模試直しノートを作って自分の出来なかった問題はまとめるようにしました。夜遅くまで勉強を頑張る人はいると思いますが、私は朝型の学習を勧めます。試験は大体朝からあるので、慣れておくのが大事です。最後に、オンとオフをしっかり行ってください。勉強も大事ですが、休みも大事です。そして、自分を信じて頑張っていってください!

ページの上部へ戻る


岐阜薬科大学 薬学部に合格!(公募推薦)

NINOHATAさん

感想・今後の意気込み

精神的に辛く、上手くいかないことばっかりだったけれど、先生方に助けられて乗り越えられました。合格が決まったときの先生方の笑顔は忘れられません。

メッセージ・アドバイス

毎日決まった時間に決まったことをすることが一番良いと思います。どんなに辛くても、上手くいかなくても、日付が変わる前に寝ること、朝ちゃんと起きることは続けられて良かった。

ページの上部へ戻る


静岡大学 工学部に合格!(一般入試)

ノゾミンさん

感想・今後の意気込み

成績が思うように上がらず、なかなか勉強に手がつかない時がありました。センター本番でも思うように点数が取れず、長年目指していた志望校を諦めて変更し、たくさん受けた私立も安全校一つしか受からず、変更した国公立も前期で不合格でした。しかし、後期に向け、自習室で勉強を続けました。その結果、後期で合格しました。ネットで自分の番号を見つけた瞬間、諦めず勉強を続けてよかったと思い、涙が止まりませんでした。周りの友達や家族からも「おめでとう」という言葉をもらい、なんとも言い表せない嬉しさがこみ上げてきました。

メッセージ・アドバイス

受験は決して甘くはありませんが、最後の最後まで諦めなければ夢は叶うと思います。辛くなったら、すぐに周りの人に助けを求めた方がいいです。また、疑問があれば溜め込まずすぐに先生に質問に行ってみてください。講師室は緊張感が漂って行きづらいと思うかもしれませんが、私は結局冬休み近くからしか積極的に行かず、もっと早めに行っておけばもっといい情報を得られたのではないかと後悔しました。とても親切に教えてくださり、緊張感もなく笑顔で話すことができ、とても楽になりました。

ページの上部へ戻る


愛知教育大学 教育学部に合格!(一般入試)

りおさん

感想・今後の意気込み

私は3年生の5月の終わりまで部活をしており、他の子より少し遅れて受験生活が始まりました。模試を何度も受けても点数はほとんど変わりませんでした。でもラスト1ヶ月追い込んでやれることをやりきりセンターでは最後の模試から100点以上上がり、世界史は30点以上上がりました。

メッセージ・アドバイス

私の志望校では二次試験が総合問題と小論文しかなく対策には苦労しました。やはりセンター試験でいい点数をとれたのが心の支えで、やり抜けました。二次試験の配点が低いところを目指すにはセンターが鍵になると実感しました。

ページの上部へ戻る


愛知教育大学 教育学部に合格!(一般入試)

ぱじゃまさん

感想・今後の意気込み

受験を通して諦めないこと、前向きな気持ちがすごく大切だとわかりました。模試の成績が伸びなくても「今間違えておいてよかった!次はここに気をつけよう。」と思うようにしたし、私立の試験に失敗したときも「これが前期本番じゃなくてよかった。気持ちを切り替えよう。」と思うようにしました。不安で仕方なかったけど、前向きな気持ちで、絶対に諦めなかったことが合格の決め手だったと思います。

メッセージ・アドバイス

私はテレビっ子なので、1日1時間と決めて入試本番まで毎日テレビを見ていました。適度な息抜きは大切だと思います。また、時間を決めて勉強することも大切だと思います。私の場合は、部活をしていたときから『起きてから朝ごはんまでの1時間と夜ごはん後から寝るまでの1時間〜2時間は勉強する』というように絶対に勉強する時間を決めていました。

ページの上部へ戻る


名古屋大学 法学部に合格!(一般入試)

クリュニー修道院さん

感想・今後の意気込み

私は元々頭が良くなく、全統模試でも偏差値は高3の春まで50を超えたことがありませんでした。しかし、名大に合格したいという強い気持ちは絶えず持ち続け、平日は5時間、休日は14時間ひたすら勉強しました。その結果名大オープンで偏差値が67となり、判定も初めてAを11月時点で取れるようになりました。本番のセンター試験でも自分の力を十分に発揮することが出来、96%、二次試験もリラックスして受けることが出来ました。結果も合格で、満足です。

メッセージ・アドバイス

数学は青チャートを最低でも3周してください。英語は音読で伸びます。国語は、『確かに、しかし』『〜だと思う』など、筆者が言いたいことにはこういった語が使われているので、これらの語をチェックするよう心がけてください。理科と社会は、授業の予習、復習を真面目にやればある程度の点数は取れます。

ページの上部へ戻る


名古屋大学 法学部に合格!(一般入試)

D.A.さん

感想・今後の意気込み

現役生のとき、自分の学力と志望校との距離を見定めようとしなかったため、焦り勉強に集中できなくなってしまっていた。浪人をするにあたり、この反省を踏まえて、問題を正しく解けなかった場合には、「なぜ解けないのか」、「どのような力が足りないのか」を不断に問うようにした。こうすることで、焦らず着実に合格へのステップを踏めたように思う。

メッセージ・アドバイス

現代文:キーワードを覚える。200字要約の練習をする。頭を使って考え、メモを作ってから記述解答する。
英語と古典:単語・文法・句形を覚える。読解をする際には、文法的に読む方法と、言葉の論理性を以て文脈的に読む方法の両方が必要なので、この両方を鍛える。
数学:チャートなどに載っている典型的な問題を、答えを見ずに解けるように最低3度ずつ復習し、絶対に解けるようにしておく。典型的な問題を解くことで、「どのようなときにこの解法・公式を使うのか」を「経験」として覚える。

ページの上部へ戻る


名古屋大学 工学部に合格!(一般入試)

サクライさん

感想・今後の意気込み

やはり、合格のカギは河合塾のテキストでしょう。河合のテキストは質が高いのはもちろんのこと、取り組みやすい構成になっているのでモチベーションも続きやすいです。私の場合は特に物理でそれを実感しました。実感としては1年でおおよそ10は偏差値が上がったと思います。英語や数学に関してももっとテキストを使いこなせばよかったと若干の後悔もあります。笑

メッセージ・アドバイス

長期休暇中に過去にテキストでやった解けない問題を完璧に解けるようにすることが必須です。特に数学と理科はこれが偏差値アップに大きく関わります。多くの人が模試やテストが立て込んでいる時の方が大変だと思いがちですが、実はただひたすら問題集やテキストを取り組んでいる時の方が大変です。自分の向上が見られないからという理由でモチベーションが続かないことがあるので、自分にあった量の息抜きが大切です。

ページの上部へ戻る


名古屋大学 工学部に合格!(一般入試)

K.K.さん

感想・今後の意気込み

センター試験で自分は不本意な結果となり、今まで感じたことの無いような虚無感を体感しました。それでも二次試験で挽回して合格できたのは、周りの人達の支えがあったからです。受験期間にそれを実感することはあまりありませんでしたが、今思えばこの上ない幸せだったと思います。

メッセージ・アドバイス

基礎固めを怠って応用問題を解くのは、いわば砂上の楼閣です。自分は地頭はそれほどで良くはないので、人一倍基礎問題を繰り返したと思います。周りの人の参考書を見ると、応用問題集などもありましたが、ぐっと堪えて、足りない基礎を補うのが効果的だと思いました。

ページの上部へ戻る


名古屋大学 農学部に合格!(一般入試)

駅伝ダイスキさん

感想・今後の意気込み

試験で気負いすぎは本当に良くないです。力を出し切ることはほとんどできません。一年勉強して、できるようになればなるほど、恐らく欲が出て、テスト中にこれも全部解こう、あれも全部解けるはずだ、のような気持ちになりがちです。実際には満点はほぼ不可能です。王道ではありますが、落ち着いて、淡々と埋めていくことで最も合格に近づくことができると思います。

メッセージ・アドバイス

ヤフーのニュースのアプリで、科学に関する出来事のニュースを見ることができます。幸いにも無料で、英語の記事を訳したものが多いため、英語の長文を読んでいる感覚に近いです。科学的なニュースで見た内容がそのまま模試や授業で出ることが度々ありました。休憩や暇な時に読むだけで、理科や英語、読解の勉強になり、かなり役に立ちました。

ページの上部へ戻る


名古屋大学 農学部に合格!(一般入試)

オリバーさん

感想・今後の意気込み

私は一年間高卒生としてもう一回受験勉強をし、その末に名古屋大学に合格しました。現役時代は知識確認ばかりで演習があまりできていなかったので、今年は特に演習に力を入れました。センター試験も二次試験も過去問と復習をとても大切にしました。今までの自分を信じて演習に飛び出す勇気のようなものが私には必要だったと思いました。

メッセージ・アドバイス

センター試験でうまく点数を稼ぐことで、二次試験直前では焦ることなく安心して対策ができます。また、私は予備校の行き帰りは友達と一緒にいるようにしました。その利点は、行きでは寝坊を防ぐこと、帰りでは教えあったりお喋りでリフレッシュしたりすることにあります。

ページの上部へ戻る


名古屋大学 情報学部に合格!(一般入試)

homuさん

感想・今後の意気込み

私は自分は能力がないと思っているので少し早めの高校2年生の夏休みから受験勉強を始めました。当時はクラスの大半が遊んでいる中で1人で黙々と受験勉強を毎日し続けるのは本当に辛かったです。ですが、当時から目標にしていた大学の学部に合格できたときはその時の苦労が報われたと思い本当に嬉しかったです。

メッセージ・アドバイス

アドバイスは2つだけあります。1つ目はとにかく体調管理です。当時は睡眠時間も削って勉強していましたが、今思えばちゃんと寝て集中すべきときにやれば良かったと思っています。2つ目は後悔がないようにひたすら頑張り続けてください。具体的な対策は学校の先生や塾の先生に聞けば分かります。とにかく直向きにひたすらに頑張ってください。

ページの上部へ戻る


名古屋工業大学 工学部に合格!(一般入試)

ちぐさん

感想・今後の意気込み

受験は、周りと同じじゃ合格出来ないし、自分が出来た問題はみんな出来たように感じ、出来なかった問題は自分だけが出来ないように感じる負の連鎖が1番辛かったし、プレッシャーが凄かったです。ある先生から「プレッシャーを感じるのは、それだけ自分が期待されていること。だから自信をもっていい」と言われ凄い気が楽になった気がしました。受験が終わったから言えることですが、人生でこれ以上ないくらい勉強したこの経験は、自分の成長の糧になったと思います。

メッセージ・アドバイス

受験は、精神が辛く、不安になることも多いと思います。その不安は、自分が勉強することでしか拭えないものです。自分が勉強した分、自分に身に付いて、それが自信に繋がります。だから、頑張って、悔いのない日々を過ごしてください。応援しています。

ページの上部へ戻る


名古屋工業大学 工学部に合格!(一般入試)

Mt.Kさん

感想・今後の意気込み

僕は現役の時に受けた大学よりワンランク上の大学を志望校としました。ただ、現役の時に受けた大学がそもそも自分の実力よりも上の大学だったので実際には2ランク上の大学を志望していたことになります。そのため、一切の休息も許されないという思いで猛勉強していました。しかし、そのペースが続いたのは夏休みまででした。9月と10月は気持ち的にだれてしまい、成績は見事な山を描いたのです。今思えば1学期に息抜きをはさんでおくべきでした。今回の経験を教訓にして、バランスを大切にしていきたいです。

メッセージ・アドバイス

大体の目標を決めて勉強することをお勧めします。月の初めにはその月の目標を決め、週の初めにはその週にやっておくことを決め、寝る前には次の日にやる内容を決めるというものです。大まかな流れが決まっていれば、勉強にとっつきやすくなると思います。

ページの上部へ戻る


名古屋市立大学 人文社会学部に合格!(一般入試)

やましたさん

感想・今後の意気込み

私はテニス部に所属していて、放課後部活が終わった後は毎日塾の自習室に通って勉強をし、部活で疲れていても勉強時間はしっかり確保するようにしていました。そのおかげで部活を引退してからもスムーズに受験勉強に切り替えることができました。河合塾に通っていて本当によかったです。

メッセージ・アドバイス

周りにはストレスでニキビができたり精神的に病んだりする友達が何人かいましたが、私は毎週好きな番組を見て大笑いしたり、毎朝好きなアーティストの曲を聞いたりしてストレスを溜めなかったことが合格の一つの要因だったと思います!

ページの上部へ戻る


名古屋市立大学 人文社会学部に合格!(一般入試)

R.S.さん

感想・今後の意気込み

受験生になってから、平日と土曜日は毎日学校、日曜日は塾という生活スタイルで1年間勉強を頑張ってきました。今考えるととてもハードな生活を送っていたなと思いますが、週に一回の先生たちのおもしろくて受験に役立つ目からウロコの授業を楽しみに、毎週頑張ることができました。授業中に先生が話してくれた人生の話のような雑談もすごく楽しみだったし、そのおかげで大学時代にいろんな経験をして充実した生活をしたいという思いも強くなりました。

メッセージ・アドバイス

私はもともと、合格した大学よりも少し偏差値の高い大学を目指していました。でもセンター試験がうまくいかず志望校を下げて受験しました。そのときはすごく落ち込みましたが、志望校の候補を、自分のやりたいことを中心に考えていたため、気持ちの切り替えがすぐにできました。これが大学の知名度や友達がいるからなどの理由だったら、志望校を下げるということのショックから立ち直れなかったと思います。

ページの上部へ戻る


名古屋市立大学 看護学部に合格!(一般入試)

さん

感想・今後の意気込み

第一志望に集中して勉強するために計画をたてました。私立は通いたいと思える大学があり、一般公募推薦を利用して11月に合格を決めることを目標にまず勉強しました。この一般公募では志望理由書や個人面接があり、ここで看護師になりたい意志を改めてもつことができたのでとてもよかったです!また、センターの科目については、世界史が全く伸びなかったです。そこで公民2科目にするという判断を10月にしました。他大学の選択肢が狭くなり不安ばかりでしたが、合格点をとるという目標が達成できました!浪人して良かったです!

メッセージ・アドバイス

名市大はセンター推薦の枠が多いのでセンターの勉強を重視しました。受験のチャンスを増やすことができるように計画をたてると良いです。また私は計画的に勉強をすることが苦手です。センター対策については過去問で友達ときっちり時間をはかって練習しました。サボることができない状況を自分で作りました。好きな教科に偏らなかったことも良かったです。また、医学部を目指す友達のおかげで解き方のコツを解答以外のことも吸収しました。ゲーム感覚で楽しかったという印象で、現役からセンター試験の合計が150点ほど伸びました!

ページの上部へ戻る


三重大学 教育学部に合格!(一般入試)

さん

感想・今後の意気込み

自分は一浪をして今年大学に入学します。現役の頃は闇雲に勉強をしていました。新しい問題を解いて答えを読んでまた次の問題に、という感じで勉強をしていましたが全然身につかず受験に間に合いませんでした。そして、1年間は予備校の言う通りにテキストの復習を繰り返し力をつけました。通学時間で英単語、古文単語などをしていました。その長い時間があったおかげで何周も繰り返しそれが自分のものになったんだと思います。そして地元の国立大を受験し無事合格することができました。

メッセージ・アドバイス

理系教科の場合同じ問題のおすすめの復習の仕方は最低3回の復習をすることです。3回目で解法が完璧にわかればそこでもうその問題はokです。そして、復習のもう1つのポイントは問題の横に出来具合の記号をつけることです。完璧なら◎、完璧とは言えないけど解けたら○、解法が途中までしか浮かばなかったら△、全然分からなかったら×、という感じです。このとき注意することは○をつけて満足しないことです。まだ完璧ではないのだから、そこでもう一度解き直して◎にしてください。


ページトップへ