Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  先輩の声  >  受験体験記2019トップ  >  九州
九州大学 文学部に合格!(一般入試)

Y.O.さん

感想・今後の意気込み

浪人生活の一番の思い出は二次試験前の一ヶ月間です。恐らく後にも先にも無いくらい、勉強しました。今思えば、よく1日に18時間も勉強してバテなかったなと思うほどです。でも、この一ヶ月は私に、夢に向かって努力することの大切さを教えてくれたかけがえのない時間でした。本当にいい思い出です。

メッセージ・アドバイス

受験勉強をする時には、よくメンタルが大事だといいますが、まさにその通りだと思います。私が一年間、メンタルを強く維持し続けることが出来たのは、人とのコミュニケーションで息抜きをすることのおかげでした。勉強の息抜きとして、友達やチューターさんや先生たちとおしゃべりをするのはかなりおすすめです。あまり長いおしゃべりは禁物ですが。

ページの上部へ戻る


九州大学 法学部に合格!(一般入試)

ちゃんふくさん

感想・今後の意気込み

入塾の時、周りは皆ライバルなので友達は作らずに1年やり通すと決めました。その結果、自分のペースで人に左右されずに過ごせて、第一志望校合格を勝ち取れたのだと思います。授業に欠かさず出て、予復習を怠らない。これさえ守れば必ず成績は伸びますし、行きたい大学の合格も勝ち取れるはずです。現に私がそうでした。合格発表を見た時、この1年でやってきたことが正しく、報われたんだと分かり感じたことのない喜びが湧き上がってきました。ですが、大学合格はスタートに過ぎません。同級生に遅れをとった分を巻き返していきます!

メッセージ・アドバイス

何よりも大事だと思ったのは、他人と比べないということ。あなたはあなたですし、比べたところでなんの得もありません。今あなたがやるべき事を見失わず、着実にこなしていく。これが合格への近道だと思います。そして、ネガティブにならないこと。浪人生活はもちろん苦しいものだし簡単に成績は伸びません。ですが、そんなときでも努力することを怠らないでほしい。皆同じことを感じています。苦しい時でも自分を奮い立たせられる人間は必ず報われます。肩の力を抜いていきましょう。

ページの上部へ戻る


九州大学 工学部に合格!(一般入試)

T.S.さん

感想・今後の意気込み

キツい時もたくさんあったけどそういうときは大学の紹介動画などを見てモチベーションを保ちました。また、つらい時期は周りも同じだということを受験を振り返ってすごく感じています。つらいときほど一人にならずに周りの友達や先生と話して不安な気持ちを取っ払いましょう!

メッセージ・アドバイス

夏休みが終わってから過去問演習を始めました。最初は全然手も足も出ませんでしたが学校や河合塾の授業で見たことのあるような問題もたくさんあることに気がついて、以前より一層授業を集中して受けるようになりました。早めの過去問演習がオープン模試のA判定にも繋がったと思います。

ページの上部へ戻る


九州大学 工学部に合格!(一般入試)

A.T.さん

感想・今後の意気込み

受験生活は苦しいことも多かったですが、その辛さのおかげで一回り成長できたと思います。つらい時もそばにいてくれた家族に感謝したいです。

メッセージ・アドバイス

私がやってよかったなと思うことは、模試ごとに計画を立てるということです。模試が終わったらその模試の復習をすると同時に自分の弱点などを分析してまた次の模試までの計画を立てると、やることが明確になり、何をすればいいかわからないという事態を防ぐことができると思います。

ページの上部へ戻る


長崎大学 医学部に合格!(一般入試)

Tkさん

感想・今後の意気込み

正直この受験期は人生の中で1番きつかった。けれども、得るものもたくさんあった。浪人して本当に自分は恵まれていると思った。普段の生活では家族や周りの人の大切さには絶対気づかなかったと思う。1年間本当にやり抜いてよかった。そして、第1志望に合格して本当に嬉しかった!

メッセージ・アドバイス

とにかく、予習復習に気をつけました。授業ではなにが言いたいのか、何を学べばいいのかをしっかりと考えて話を聞いていました。

ページの上部へ戻る


宮崎大学 工学部に合格!(一般入試)

Y.H.さん

感想・今後の意気込み

とにかく勉強漬けの受験生活でした。そのなかで、合格発表までは気を抜けないと思い、時間を忘れて生活習慣が乱れてしまうのではと思ったこともありました。疲れを癒そうと遊び時間を長くつくってしまったという若干の反省はありますが、合格の喜びは遥かに大きく、自分にとって大切な1年になりました。

メッセージ・アドバイス

合格のための対策として、Kei-Netをはじめとして赤本やその他の受験情報サイトを利用して、受験する大学を徹底的に調べるということを行いました。そのおかげでセンター試験の結果が予想と外れたときも焦ることなく、冷静に大学を決め、二次試験の対策をスムーズにすることができました。


ページトップへ