Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  先輩の声  >  受験体験記2019トップ  >  北陸・東海
愛知学院大学 法学部に合格!(一般入試)

すずスターさん

感想・今後の意気込み

反省点としては、時間が足らなかった、開始時期が遅かったということです。夏に始めてしまったので、周囲から遅れていました。逆に、入学後はこの受験で学んだことを意識して学生生活をしていきたいです。

メッセージ・アドバイス

なんでも早めに行った方がよいと思います。例えば、私は夏に1回目の過去問を解きました。その理由は、時間的な配分はどうか、今足りない力は何か、夏以降にやるべきことは何か、などを知るためです。よく過去問を早めに解くともったいないなどと思う人もいますが、後に回すと、結局やれずに終わったりします。過去問は早めに、が基本です。

ページの上部へ戻る


椙山女学園大学 文化情報学部に合格!(一般入試)

さわきさん

感想・今後の意気込み

受験生活を振り返ると、あっという間だったなと感じます。三年の夏ごろから本格的に志望大学に向けた勉強を始めて、大学受験向けのワーク等を解いていましたがもう少し事前に教科スケジュールなどをたてておくとやりやすかったかもしれないと思います。合格通知が来たときは本当に嬉しくて、今までやって来たいろんなことは決して無駄ではなかったんだなと感じました。春からは大学生としての自覚をもって、今まで学んできたことを活かしながら更に高みを目指していこうと思います。

メッセージ・アドバイス

過去問数年分を早めに解き始めて入試問題のパターンを知っておくことは大事だと思います。また、英語の長文の問題が少し苦手だったので、単語帳を使った勉強はしっかりしていました。文法上の意味が思い出せなくても、単語そのものの意味を知っておくだけで読解にかかる時間や内容の理解度が格段にあがります。国語はとにかくいろんな本を読んで要約したり、漢字や慣用句等のワークで基礎力を底上げすることを心がけていました。休憩は2、3時間に15分くらいとっていました。頭がぼーっとしてきたら一度リセットすることも大事です。

ページの上部へ戻る


中京大学 国際英語学部に合格!(一般入試)

いちごさん

感想・今後の意気込み

私は国公立志望でしたが、センターで失敗してしまい泣く泣く私立に行くことになりました。しかし自分のやりたい事が出来る大学に合格できたので今では満足しています。もし去年に戻れるとしたら、センター対策を必死でやると思います。基礎の大切さを分かっていることが大事だと終わってみて思います。

メッセージ・アドバイス

9月までは国公立志望であればセンターの基礎対策をコツコツとやった方がいいと思います。周りで二次対策をやっている人がいても焦らずとにかく基礎を固めるべきだと思います。受験で最後に勝つのは基礎をどれだけ固めるかです。これは本当に事実だと確信して言えます。皆さん頑張って下さい。応援しています。

ページの上部へ戻る


名古屋学芸大学 ヒューマンケア学部に合格!(センター利用入試)

メロンパンダさん

感想・今後の意気込み

努力はしていたつもりだったがたまにだらけてしまうことがあった。中々成績が出ず悔しい時期もあったが最終的には無難に終わったので悪くなかったと思う。大学4年間で心理学観点で小学校教育を学び、そのときの気持ちにもよるが、余力があったら大学院で新たな切り口で教育を学びたいと思っている。

メッセージ・アドバイス

センター重視ではないのならペラっとめくるだけでいいから早い段階で志望大学の赤本を見ておくといいと思う。赤本で苦戦してからセンターの問題を解くと案外センターが簡単に思えてくることがある。


ページトップへ