Kei-Net

河合塾の大学入試情報サイト

Kei-Netトップ  >  学習対策  >  合格をつかむ!1年間の過ごし方

合格をつかむ!1年間の過ごし方

合格をつかむ!1年間の過ごし方

 受験生になり、「さぁ、勉強するぞ!」と意気込んでいる人も多いと思います。しかし同時に、「受験勉強って何から手をつければいいの?」という人もいるでしょう。受験に向けて1年間でやるべきことをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。来春の志望大学合格を一緒に目指しましょう!

受験生になったらまずやりたいこと

志望校を考える

 まだ受験の実感がわかない頃かもしれませんが、志望校を具体的に想定し始めましょう。そうすることで、受験科目や出題範囲を把握でき、学習計画が立てやすくなります。
 志望校検討に必要な各大学の詳細は、「大学検索システム」で確認することができます。

大学検索システム

1年間のスケジュールを把握する

 長いようで短い1年間。漫然と勉強するだけでは、あっという間に時間が過ぎてしまいます。学校行事に思いのほか時間を取られることもあるでしょう。My Study Plan for Success を使い、「何をいつまでにするのか」を明確にしながら、1年間を計画的に過ごしましょう。

My Study Plan for Success を完成させよう!

  My Study Plan for Success には、学校行事や入試、模試の予定と学習計画が1枚に書き込めます。この模試までにこの範囲まで学習しようなど、行事に合わせた自分だけの学習計画を作りましょう!

My Study Plan for Success の使い方
  1. 入試関連スケジュール、模試の日程を記入する
  2. 学校行事(定期テスト、体育祭など)を記入する
  3. 受験科目ごとの学習スケジュールを記入する
    • 模試や定期テストを学習の指標にするのがおすすめ!
    • 無理のないスケジュールを組むのが継続のポイント!
  4. 毎月の学習を振り返り、達成度を記入する
    • 遅れが生じたときは、スケジュールを見直そう!

1〜4の項目を書き込める My Study Plan for Success をご用意しました。ぜひ活用してください。

My Study Plan for Success

My Study Plan for Success サンプル

1学期&夏休み(4月〜8月)

基礎力をつける

 この時期は基礎力定着に徹しましょう。入試で合格点を取るには基礎問題で確実に得点する必要があります。また、応用レベルの問題を解くにも、土台となる基礎事項の理解が不可欠です。
 まずは教科書に書かれていることをしっかりと理解し、教科書の例題や基本的な問題集が解けるよう学習しましょう。あわせて、英語や古文の単語や文法のように、覚えるべきものの学習にも取り組みましょう。

河合塾のテキストは、繰り返し学習することで確実に学力が身に付く問題が厳選されています。どのような教材を使えば基礎力を付けることができるかなど、河合塾の授業では迷う必要がありません!

河合塾コース案内

苦手を発見し、克服する

 自分の苦手、見過ごしていませんか? 苦手があると、苦手分野の大問をまるまる失点してしまった、なんてことにもなりかねません。早い段階での苦手克服を目指しましょう。苦手意識はなくても、「いつもここで間違える」という“隠れ苦手”を持っている人も多くいます。模試などの結果を振り返り、“隠れ苦手”を残さないようにしましょう。


夏休み〜基礎力固め、苦手克服のラストチャンス〜

 受験の天王山と言われる夏休み。夏休みが終わると、これまでの学習の総復習や苦手科目にじっくり取り組む時間はとれません。やり残しがないよう、あらかじめ40日間の学習計画を立て、有意義に過ごしてください。夏のがんばりが秋以降の成績の伸びにつながります。

他にも… AO・推薦入試の受験予定がある場合は、出願締切等をチェックしておきましょう。

基礎力固め、苦手克服、既習範囲の復習など、やることが盛りだくさんの夏休み。一人で計画を立てていても、なかなか手が回らず、結局何もできなかったという声も…
重要なポイントが凝縮された河合塾の夏期講習で、効率よく勉強しよう!
»河合塾の夏期講習

上手な気分転換の
方法を教えてください
大阪府立大学 工学部 1年 ???特派員
疲れた時に大学について調べて、再度エンジンをかけてモチベーションを上げました。ただ、これが目的になってしまってはいけないです。あくまで息抜きで抑えることです。
千葉工業大学 情報科学部 1年 たぬき特派員
時間サイクルを設定するといいです。例えば、この問題集の今日分解き終わったらYouTube見る。この過去問終わったらおやつ食べに行く。など、間にうまく気分転換を入れると良いと思います。また、1日の勉強計画においても、得意分野と苦手分野を交互にサンドイッチするとモチベーションが続いてやりやすいと思います。
早稲田大学 教育学部 1年 Y.S.特派員
ずっと机の前にいると気が滅入るので、友達と話したり、近くを散歩するのが良い。散歩も、別に外に出なくても、たとえば塾の校舎内をぐるっと一周して、掲示物を見たり窓の外を見たりするだけでも全然違う。

2学期(9月〜11月)

応用力をつける

 この時期は、夏までに養った基礎力を土台に、入試レベルの問題に対応できる応用力を身に付けます。問題演習を通して、これまでインプットしてきた知識・解法をアウトプットする練習をしましょう。また、センター試験や志望校の過去問を確認し、どのような形式・レベルの問題で合格点を取る必要があるのかを把握しながら学習を進めるとよいでしょう。

他にも… センター試験の出願時期です。各大学の募集要項も取り寄せを開始しましょう。

河合塾では、チュートリアルや個人面談を通して、一人ひとりに最適な学習指導や入試情報を提供します。この時期であれば、例えば夏の学習状況の確認、2学期以降の学習計画など、気軽にチューターに相談することができます。

模試を積極的に活用する

 模試は学習の成果を試す絶好のチャンスです。雰囲気も入試本番に近いため、本番で思い通りの実力を発揮する練習にもなります。この時期には模試が多く実施されるので、ぜひ積極的に活用しましょう。模試を受けることで、「出題範囲の学習をこの日までに終わらせる!」という具体的な目標を立てることもできます。

模試受験大作戦

他にも…
遠方受験をする予定がある場合、宿の手配は早めがおすすめです。 受験の宿の選び方

スランプに陥った
とき、どのように
克服しましたか
お茶の水女子大学 生活科学部 1年 T.N.特派員
とにかく笑って過ごすことを心がけた。友達と話すことも大切にした。最も近くに迫った模試でA判定を取ることだけを考えた。その為に何をするか計画を立てた。
京都大学 工学部 1年 B.T.特派員
スランプとか言っている前にとにかく勉強した。今はきっと知識をため込んでそれを自分のものに変換している時期なのだと信じて頑張った。
福岡大学 薬学部 1年 おーたむ特派員
くよくよしていても成績は上がらないので、地道に復習を繰り返して苦手を克服するぞ!と意気込んだ。同じ問題を繰り返し解いて、解けるようになったら「やっぱりわたしはやればできるんじゃん!」と言い聞かせた。

3学期(12月〜3月)

実戦力をつける

 入試本番で最大限力を発揮するための、実戦力を磨きます。時間配分を意識して過去問を繰り返し解くなど、最終調整を行いましょう。入試直前期でも、必要なときには基礎事項を確認するなど、試験場には確実な知識を持っていくようにしましょう。

センター試験、国公立2次・私立大試験対策はバランスよく行うことが大切です。
河合塾の冬期・直前講習なら、センター試験対策と2次試験対策の両方に取り組める講座をご用意しています。
»河合塾の冬期・直前講習

志望校・併願校の最終決定

 私立大であれば冬休み中に、国公立大もセンター試験後すぐに出願校を決定しなければなりません。「受験校決定のポイント」を参考に、万全の態勢で第1志望校に臨める受験校選びをしましょう。
 なお、直前に募集要項を取り寄せていては、出願に間に合わない可能性があります。少しでも出願を考えている大学については、早めに募集要項を取り寄せておきましょう。

受験校決定のポイント

直前期に効果の
あった学習法を教えてください
筑波大学 社会・国際学群 2年 H.W.特派員
赤本の論述問題を、すべて解き直すのではなく、メモの作成だけ何度か繰り返しました。論述の文章を書くほど時間もかからず、それでいてポイントは押さえられているか確認ができるのでおすすめです。国立二次で似たような問題が出たときに、すらすらとメモを作成して文章に起こせたので、効果があったと思います。
群馬大学 医学部 3年 ジョナサン特派員
直前期は、今まで解いたことのある問題をひたすら解き直すと良いと思います。そうすることで、短時間で多くの問題に触れることができると同時に、正解を積み重ねることで自信にもつながります。志望大学の過去問に早い段階で触れておき、直前期にはすらすら解ける状態にしておくと精神的にも良いと思います。
大阪大学 医学部 3年 ゆず特派員
時間を計りながら、過去問演習。過去問の傾向によく似た問題を数問組み合わせたりして解いてみたり、1題何分などと決めて問題慣れしていきました。

最後に…

 受験生としての1年間は、成績の伸びを実感することもあれば、ときには成果が思うように出ないこともあり、一喜一憂の日々かもしれません。しかし、毎日少しずつ前進することで、最終的には大きな結果を生み出すことができます。
 試験当日に、「これだけ勉強したから、大丈夫。」と自信を持って臨めるよう、納得のいく1年間を過ごしてください。Kei-Netはみなさんを応援しています!!

ページトップへ