河合塾の大学入試情報サイト

名古屋大学 はにーみるく特派員

プロフィール写真

名古屋大学 経済学部 4年 はにーみるく特派員女性


自宅通学

趣味: 面白い映画やドラマを探して楽しみ友達と共有すること

研究内容、面白い講義・ゼミ、実験・実習などについて

グローバル人材育成プログラム

シンガポールの学生との地元企業見学
シンガポールの学生との地元企業見学

シンガポールのビジネススクールの大学生を一週間自分の大学へ受け入れ、様々なワークショップや地元の企業見学を通して交流するというプログラムに参加しました。国際交流の経験が少ない自分にとっては何もかもが刺激的で短い期間で多くのことを学ぶことが出来ました。半年後には自分の大学からも何人かの学生がシンガポールへ派遣される予定で、英語力がまだまだで苦労することが多いですが貴重な機会なので積極的に行動して自分を成長させたいです。

※掲載内容は2018年10月作成時のものです。

サークル、アルバイト、大学施設などについて

ホッと一息つけるカフェがあちこちに!

学内の本格カフェ
学内の本格カフェ

代表的なものといえば、大学の中央図書館には入り口にかの有名なコーヒーチェーン店があり、新作が発売されるごとに通うミーハーな(笑)大学生達に非常に人気です。他にもキャンパス内にはあちこちに大学内と思えないような本格的なオシャレなカフェが点在するので、空きコマや放課後に一人で勉強するもよし、友達とおしゃべりするもよしで、うまく利用すればきっと学生生活が充実するはずです。もちろん学外からのお客さんも利用できるので、時間があればぜひ一度足を運んでみて下さい。学生生活の様子がひそかに覗けるかもしれません。

ぼくのわたしの時間割

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 マクロ経済学Ⅱ ミクロ経済学Ⅱ
2限 政治経済学Ⅱ 現代日本の司法 中級ドイツ語1
3限 計量経済学Ⅱ 英語上級 財務諸表Ⅱ 一般経済史Ⅱ
4限 グローバル・マニュファクチュアリング・マネジメント グローバル・ファイナンス・マネジメント
5限 リーダーシップ開発入門 経営Ⅱ
6限
前へ
次へ

※2018年度前期の時間割

他学部の授業も多少は卒業に必要な単位として認定されるので、空いている時間帯で法学部の面白そうな授業を見つけたので履修しました。自分の専門の授業では聞けない法曹の方々の話を聞くことが出来て良かったです。空き時間は課題レポートの作成やカフェなどでの友人との息抜きの時間に充てていました。

ぼくのわたしのおサイフ事情

自宅通学
収入 支出
仕送り、お小遣い 35,000 円 家賃 0 円
奨学金 0 円 水光熱費 0 円
アルバイト 45,000 円 食費・外食費 10,000 円
その他 0 円 通信費(電話・インターネット代) 7,000 円
交通費 21,000 円
勉学費 1,000 円
交際費(サークル活動費等)・趣味 5,000 円
衣料・ファッション 10,000 円
貯蓄 22,000 円
雑費・その他 4,000 円
収入総額 80,000 円 支出合計 80,000 円

※1か月の平均収支

(節約のために実践していること)
なるべくコンビニで買い物しない。飲み物は家から持ってくる。欲しいものはネットで最安値の店を探して買う。リサーチの意味で一度ウインドウショッピングをして家に帰って本当に必要か冷静に考えてから実際に買い物をする。新品にこだわらないものはメルカリで入手する。

将来の夢 ~ 夢に向かって大学生活の中でがんばっていること

地方公務員として自分が育った地域の将来を輝かせたい

はじめは同じような職種の家族や親戚の話がきっかけでしたが、学内で開催されるOB・OG座談会で詳しい仕事内容などを聞いて、様々な分野の仕事に関われるということを知りよりいっそう興味が深まりました。今はとにかく視野を広げるべく学内外を問わず多くの人と関わり、多様な価値観を知るように心がけています。

メッセージ ~ 高校との違い、先輩として高校生・受験生に伝えたいこと

毎日の受験勉強も大切だけど…

忙しい高校生(特に受験期)って誰もが勉強に集中して大学生活や将来について想像する機会が減りがちです。勉強の息抜きとしてでもよいので自分が何をしたいか積極的に考えてみて欲しいです。案外受験が終わってから入学までって時間が短く、入りたいサークルなど大学生活の大まかな見通しや希望がないと自分が何をしたいかすら分からず、行動が周りの人より一歩遅れてしまいます。ぜひ周りの友達や先輩、大人たちに、自己を俯瞰的に見つめ夢や今後の楽しみを語る時間をつくって下さい。そしてどんどん他人からアドバイスをもらい参考にして下さい。滞りがちだった志望校選択にも進展が見込めるはずです。


キャンパスライフ一覧へ戻る

PAGE TOP