character

プロフィール

character

R.Y.特派員 male

早稲田大学 卒業生(学部)

学部:人間科 

入試方式
一般(浪人)
得意科目
現代社会、日本史
不得意科目
数学
メッセージ
受験では失敗したことからいかに学べるかということが大切だと感じます。模試で悪い点を取ったとしても何がダメだったかを考え、本番取ればいいというポジティブな考えを持つ事が大切だと思います。
btn
btn

研究内容の魅力

研究内容・卒業論文
研究テーマ
地元地区石灰・大理石産業はどの様にして関わりつづけてきたのか
研究内容
私が高校生まで過ごした地元は標高にして217メートルの山があり、数多くの化石が発掘される事で知られています。また、この山は良質な石灰岩や大理石が多く産出出来る事からも江戸時代の終わり、明治時代のはじめから採掘が行われています。現在においては石灰産業がまだまだ盛んであり、多くの石灰製造会社が存在をしていて地区の主要産業として石灰岩の複数の採掘場や関連の事業所が存在をします。大理石産出関連会社においては数は少なくなったものの現在でも複数の会社が存在をしています。
この様に化石、石灰、大理石の採掘において恵まれている地区は全国的にも珍しく、この地区の住民の生活を支えている地区は珍しい地区ではないかと思われます。そこで、これらの鉱山がこの地区においてどのような存在であるかを探っていき、その中において石灰産業や大理石産業をはじめとした環境的要因や産業的要因を中心に地元地区が発展、住生活を支えてきたかを探っています。
あなたの研究テーマや、卒業論文で扱ったテーマの魅力やおもしろさ
私の出身地でもある地区では古くから( 18 000年代)近くに有る山において産出される石灰を地場産業 として赤坂の街を支えています。その石灰業を営む企業は地区に多数存在しており、中には何代にも渡って営んでいる企業も有ります。この石灰業は地区においてどのような存在となっているのか?また、その産業構造はどうなっているのかを研究していき、 地区の石灰業について様々な角度によって捉えています。そして、石灰業が地区の人々にどのような影響を与えているのかも現地の状況を踏まえながら捉えていきたいと感じています。また、これまでの産業の歴史を振り返っていきつつ、(歴史的な資料を用いて)取組んでいます。