character

プロフィール

character

R.T.特派員 male

九州大学 修士課程(博士前期)

学部:システム生命科 

入試方式
一般(浪人)
得意科目
化学
不得意科目
地理・物理
メッセージ
努力しても報われないことはあります。しかし、努力すれば報われる可能性は増え、「合格」以外にも得られるものがきっとあるでしょう。受験生活を大学に合格するためだけのものと考えず、何か新しいことを発見してみてください。
btn
btn

大学の魅力

大学の満足度
大学の施設・設備
★★★★★
教員
★★★★☆
カリキュラム・時間割
★★★☆☆
研究内容
★★★★☆
資格取得
★★☆☆☆
立地
★☆☆☆☆
部活・サークル
★★★★★
大学の総合的な満足度
★★★★☆
満足している点・自慢できる点
海外留学プログラムや、就職活動支援など、積極的に動く人にとっては選択肢が広い。
「ここが変わればもっと良くなる」と思う点
大学の周りにスーパーマーケットができれば生活に困らなくなると思います。
キャンパスの雰囲気
明るさ・活発さ
★★★☆☆
まじめさ
★★★★☆
自然の豊かさ
★★★★★
留学生の多さ
★★★★☆
開放感・自由さ
★★★★☆
自分のキャンパスの雰囲気に合っている人は?
学問や研究を突き詰めたい人
サークルや部活に打ち込みたい人
大学のイベントに参加したい人

大学の講義

大学の講義
下記の時間割はいつのものですか
学部3年次前期
1週間の時間割
1限目分子神経生物学人類遺伝学
2限目構造生物学神経行動学分子遺伝学植物分子遺伝学
3限目
4限目
5限目
6限目
おもしろい講義
植物分子遺伝学
おもしろいと思う理由
少人数のセミナー形式で、英語の論文を予習し、みんなで読み進めていくのが基本ですが、最後には自分で選んだ論文を読んでまとめ、発表します。このときに必ず著者に質問しなければならず、海外の方と本格的にメールのやり取りする機会を得られました。
所属学部(学科)の授業の特徴
低学年のうちは座学のみですが、2年生後期から実験が入ります。実験では概要や説明を聞いた後に、グループごとで実験を進めます。
専門科目・専攻
専門科目は何年生から始まりますか
1年
専門科目を学ぶにあたって、高校生のうちにやっておいた方が良いこと
とくに英語をしっかり勉強しておく
その理由
論文英語を多く読むことになるからです。論文の英語は日常会話や受験での英語とはまた読み方が多少異なりますが、TOEICで600点以上獲得できるくらいに英語力を鍛えておけば、それほど詰まらずに読めると思います。
あなたの専攻は?
生物学
専攻のおもしろさ・魅力
生態学や分類学といったマクロな視点から、遺伝学や神経学・細胞学といったミクロな視点まで、私たちの周りに存在している生物について知識を深めることができます。

研究内容の魅力

研究内容・卒業論文
研究テーマ
植物のCO2取り込みに関わる新たな気孔開閉制御遺伝子の探索
研究内容
シロイヌナズナという植物における、二酸化炭素シグナル伝達経路に関わる新規遺伝子の発見を目指しています。植物は自然界の様々な環境刺激を敏感に捉え、それぞれに対応することで生存を図っています。中でも植物の気孔は外部環境とのガス交換を行う重要な器官であり、環境に適応できるように気孔の開閉が調節されています。植物の気孔開閉メカニズムに関与するシグナル伝達経路は複雑なネットワークを形成しており、その原因遺伝子はほとんど判明していません。そこで本研究では、環境変化がどのようにして植物に感知され、そのシグナル伝達経路やメカニズムがどうなっているのかを理解するため、植物の機能解析を行いました。
あなたの研究の魅力やおもしろさ
多くの個体数の植物を観察したり解析したりするというわりと体力が必要となるパワータイプの研究内容ですが、(成功にしろ失敗にしろ)はっきりとした結果が出る明瞭な実験が多いです。数をこなせばこなすほどデータは蓄積されていくので、地道な努力ができる方は面白いと思います。