character

プロフィール

character

ワンカラー特派員 male

東京学芸大学 卒業生(学部)

学部:教育 

入試方式
一般(浪人)
得意科目
日本史・現代社会・生物
不得意科目
国語(小説・古文)
メッセージ
まずは、自分の"行きたい"と思う大学を探すことから始め、一歩一歩確実に進んでいきましょう。
btn
btn

大学の魅力

大学の満足度
大学の施設・設備
★★★★☆
教員
★★★★☆
カリキュラム・時間割
★★★★☆
研究内容
★★★★☆
資格取得
★★★★☆
立地
★★★★☆
部活・サークル
★★★★☆
大学の総合的な満足度
★★★★☆
満足している点・自慢できる点
教育系の資料が揃っていること。
「ここが変わればもっと良くなる」と思う点
教育系以外の講義や資料の充実。
キャンパスの雰囲気
明るさ・活発さ
★★★★☆
まじめさ
★★★★☆
自然の豊かさ
★★★★☆
留学生の多さ
★★★☆☆
開放感・自由さ
★★★★☆
自分のキャンパスの雰囲気に合っている人は?
学問や研究を突き詰めたい人
資格取得を目指したい人

大学の講義

大学の講義
下記の時間割はいつのものですか
学部3年次後期
1週間の時間割
1限目体育科研究2
2限目教育相談の理論と方法地誌学概論
3限目哲学倫理学概論特別支援教育研究法B音楽科研究2生徒指導・進路指導の理論と方法家庭科研究
4限目初等算数科教育法保育内容「人間関係」
5限目
6限目
おもしろい講義
体育科研究1
おもしろいと思う理由
小学校の体育で扱うゲームや球技を、一通り体験する授業でした。運動が苦手な子も参加しやすいルール設定の仕方を学べた一方、毎時間、大学生が本気で試合に取り組み、とても面白かったです。
所属学部(学科)の授業の特徴
小学校と特別支援学校の教員免許が卒業要件のため、それらの取得に必要な授業(教育実習含む)4年間かけて受けていきます。講義形式、グルーディスカッション、プレゼンテーション、模擬授業など、各授業でいろいろな活動を行います。
専門科目・専攻
専門科目は何年生から始まりますか
1年
専門科目を学ぶにあたって、高校生のうちにやっておいた方が良いこと
コミュニケーション能力を高めておく
その理由
1年生からグループワークがあります。そこでのコミュニーケーションは教育実習へとつながっていきます。
あなたの専攻は?
発達障害教育専攻
専攻のおもしろさ・魅力
最近よく聞くいわゆる発達障害にとどまらず、特別支援教育で、最も重要視しなければいけない「発達」と「その障害」について、幅広く学べます。

大学の施設

大学の施設の満足度
講義室・教室
★★★☆☆
その理由
エアコンの効きが悪く、椅子が冷たい
トイレだけはきれい。
ゼミ室・実験室
★★★★☆
図書館
★★★☆☆
その理由
3年ほど前に改装されました。指導書など、教育実習の参考になる本はかなり充実してます。教育関係以外の蔵書には全く期待できません
体育館・グラウンドなどのスポーツ施設
★★★★☆
その理由
ひと通りの施設は揃ってます。陸上競技場は設備よいと思います。
食堂・カフェ・喫茶室
★★★★☆
その理由
カフェのパンが美味しい。
購買(生協)
★★★★☆
その理由
ごくごく一般的な購買です。JRのきっぷが買えます。
サークル室・部室
★★☆☆☆
その理由
古くて湿気がこもりがちです。
自慢できるもの・めずらしい施設
図書館のラーニングコモンズ。現在の検定教科書の指導書が全て揃っていて、授業の課題や教育実習のときによく使いました。

研究内容の魅力

研究内容・卒業論文
研究テーマ
小児がん・AYA世代がん患者の学校教育に対するニーズに関する研究
研究内容
小児がん・AYA世代がん経験者(高校までにがんを経験した方)を対象に、「入院中に受けた教育」「入院中の地元の学校との関係」「退院後に受けた教育」についてインタビュー調査を行いました。
あなたの研究の魅力やおもしろさ
がん経験者本人から直接話を聞き、そこからがんと共に生きる子どもたちへの教育についてまとめた点が、この研究の魅力です。