character

プロフィール

character

ぺるぽ特派員 female

法政大学 2年

学部:文 学科:英文

入試方式
一般(浪人)
得意科目
英語、国語(とくに現代文)
不得意科目
日本史
メッセージ
受験勉強は長期戦なので、壁にぶつかることもあると思います。微力ではありますが悩みや不安を少しでも和らげるお手伝いができたらと思います。どうぞよろしくお願いします。
btn
btn

大学の魅力

大学の満足度
大学の施設・設備
★★★★☆
教員
★★★★☆
カリキュラム・時間割
★★★★☆
研究内容
★★★★☆
資格取得
★★★★☆
立地
★★★★☆
部活・サークル
★★★☆☆
大学の総合的な満足度
★★★★☆
満足している点・自慢できる点
新しい施設が多く、設備が整っていて、夜遅くまで開放しているスペースもあり、遅くまで勉強をできるところが良い。
「ここが変わればもっと良くなる」と思う点
サークルなどが、規模の大きい大学の割には、あまり活発ではなく、ジャンルが少ない。数だけでなく、種類が増えれば、選択肢が増えそうだと思う。
キャンパスの雰囲気
明るさ・活発さ
★★★★★
まじめさ
★★★★☆
自然の豊かさ
★★★★☆
留学生の多さ
★★★★☆
開放感・自由さ
★★★★☆
自分のキャンパスの雰囲気に合っている人は?
大学のイベントに参加したい人
多くの人脈を築きたい人
アルバイトに励みたい人

大学の講義

大学の講義
下記の時間割はいつのものですか
学部2年次前期
1週間の時間割
1限目法学Ⅰ倫理学1
2限目英語音声学A政治学1
3限目英語表現演習(speaking)入門化学A英語表現演習(writing)English1
4限目日本文学と文化LH文化人類学比較文学Aフランス語1
5限目
6限目
おもしろい講義
日本文学と文化LH
おもしろいと思う理由
題材が現代に即したものであり、親しみやすい。前期と後期で内容が異なるが、前期は文学作品を小説だけでなく映画などにも触れながら進めていくものだった。
所属学部(学科)の授業の特徴
文学に関連した授業や、言語学に関連した授業が一通り揃っている。
専門科目・専攻
専門科目は何年生から始まりますか
1年
専門科目を学ぶにあたって、高校生のうちにやっておいた方が良いこと
とくに英語をしっかり勉強しておく
その理由
卒論は英語で書くことになるので、英語で文章を書くことに対しての苦手意識をなるべく持たないようにすることが大事だと感じるため。
あなたの専攻は?
英文学科
専攻のおもしろさ・魅力
文学作品や言語学などについて触れることが出来る。

オープンキャンパス・大学祭

オープンキャンパス・大学祭
オープンキャンパスの見所
実際の学生生活について学生から話が聞けるところ。
ぜひ見てもらいたい大学の施設やスポット
ボアソナードタワーという、大学独自の施設があり、大きな窓があるフロアから、キャンパス周辺の景色が一望できるので、リフレッシュにおすすめ。
オープンキャンパスに持っていって良かったもの
キャンパスや大学によっては、かなり歩くことがあるので、スニーカーなど動きやすい靴を持っていくとよいと思う。
オープンキャンパスで失敗したこと
個別相談での質問をしようとしたときに、十分な用意ができていなかったことがあり、緊張で頭が真っ白になってしまった。
大学祭の見所・おすすめ
受験生向けの相談コーナーがあるので、入試や学生生活などについて相談できる。

大学の施設

大学の施設の満足度
講義室・教室
★★★☆☆
その理由
比較的新しい講義室も多いが、一部古いところもある。また、様々な規模の教室があり、広めの教室では、スライドなどを用いてわかりやすい講義が行えるような部屋も多い。
ゼミ室・実験室
利用したことがない
図書館
★★★☆☆
その理由
人数が多い大学だが、広々と使えるところが良い。また、夜遅くまで開いているので、勉強などに最適である。
体育館・グラウンドなどのスポーツ施設
利用したことがない
食堂・カフェ・喫茶室
★★★☆☆
その理由
お昼時は、列が長くなっていることが多く、混雑している印象がある。それ以外の時間は、比較的すいているため、利用しやすい。また、1人でも使いやすい席があるため、早く済ませたい時に便利である。
購買(生協)
★★★☆☆
その理由
お昼時はかなり混雑していて、行列ができているが、会計が素早いのであまり待たなくて済む。また、Suicaなどで支払うこともできるところが便利である。
サークル室・部室
利用したことがない
自慢できるもの・めずらしい施設
ボアソナードタワーの最上階には、大きな窓があるので、景色を一望できる。また、その付近に模型があり、大学の施設を違った形で見ることが出来る。