character

プロフィール

character

T.T.特派員 male

東京大学 3年

学部:文 学科:哲

入試方式
一般(浪人)
得意科目
文系
不得意科目
数学
メッセージ
btn
btn

大学の講義

大学の講義
下記の時間割はいつのものですか
学部3年次前期
1週間の時間割
1限目ギリシア語初級文法
2限目倫理学演習III西洋哲学史概説第2部I哲学演習III
3限目哲学概論Iサンスクリット初級文法西洋哲学史概説第1部Iスポーツトレーニング実習(2)東洋倫理思想史概説I
4限目西洋倫理思想史概説I倫理学演習I中国思想文化演習I
5限目哲学特殊講義
6限目
おもしろい講義
哲学演習III
おもしろいと思う理由/講義で扱う主なテーマや感想など
ラテン語でデカルトの『省察』を読む演習で、毎回発表担当者が担当範囲を訳読するが、教授が事細かく理解を問うてくるので、緊張感があり実りもある。
めずらしい講義名
西洋哲学史概説第2部I
めずらしいと思う理由/講義で扱う主なテーマや感想など
デカルトからスピノザ、ライプニッツにかけての哲学の通俗的な理解を確認しながら、それに留まらずより深く内実を見ていく
所属学部(学科)の授業の特徴
学生各人にかなりの自由が与えられている。
専門科目は何年生から始まりますか
3年
専門科目を学ぶにあたって、高校生のうちにやっておいた方が良いこと
とくに英語をしっかり勉強しておく
その理由
大学生になって英語の授業はあるとしても、基礎から学ぶということはまずないし、第二外国語の習得まで考えると、言うまでもない。
あなたの専攻は?
哲学
専攻のおもしろさ・魅力
他者が如何に世界を見て生きたのか、に肉薄しながら自分で世界を見て生きていく

大学の魅力

大学の満足度
総合満足度
★★★★☆
その理由
文化資源は豊富。
一定数の学生は必ずしも学問に打ち込む印象を与えない。
文系において教授がもう少しいてもいいと思える学科がいくつかある。
立地・交通アクセス
★★★★☆
その理由
個々のキャンパスのアクセスは悪くないが、キャンパスの交通の便が良くはない。
カリキュラム・時間割
★★★★☆
その理由
文学部に関しては、割と自由で有難い。
教員
★★★★☆
その理由
日本ではその道の泰斗が集っているはずである。
研究内容
★★★★☆
その理由
日本では最高峰であると思える。
取得できる資格
★★★★☆
部活動・サークル活動
★★★★☆
その理由
さまざまな種類のサークルがある。
後期課程になってからのサークルはもう少しあってもいいと思う。
教室・ゼミ室・実験室
★★★★☆
その理由
汚くはない
PC・ネットワーク環境
★★★★☆
その理由
基本的には困ることがない
図書館
★★★★★
その理由
資源が豊富で、整備も行き届いている。
食堂・カフェ
★★★★☆
その理由
割と安いが、もう少し種類があって欲しい。
購買・生協・売店(コンビニ含む)など
★★★★☆
その理由
日常で困ることはあまりない。
部室・サークル室
★★★★☆
その理由
サークルによると思うが、居場所として良い。
スポーツ施設(体育館・トレーニングルーム・グラウンドなど)
★★★★★
その理由
運動するための施設があって、部活などでなくても利用できる他にも、ヨガを始めとしていくつか開講もされている。
トイレ・パウダールーム
★★★★☆
その理由
清掃が割とされており、汚くはない。
自慢できる点・満足している点
日本の最高峰ではあると思われる。
「ここが変わればもっと良くなる」と思う点
学問に打ち込む学生がもう少しいたら良いだろうとは思う。