character

プロフィール

character

Diskoh特派員 male

筑波大学 1年

学部:生命環境 学科:生物資源

入試方式
一般(現役)
得意科目
生物
不得意科目
物理
メッセージ
試験本番は周りの空気にのみ込まれないことが大切です。周囲を意識してしまうと緊張がより高まり、焦ってミスをしやすくなります。「ここにいるのは自分だけだ」くらいの気持ちで試験に臨めると自分のベストを尽くせると思います!ファイト!
btn
btn

各教科の学習法

英語<筆記>
受験での必要度
センター・2次私大ともに必要
得意度
どちらかといえば得意
効果的な学習法(苦手な場合は克服法)
英語は、直前に詰めてカバーできる教科ではなく、どれだけ慣れているかによって結果が変わってくるものであるため、英語を得意にするためには英語に触れる時間を長くすることが重要になってきます。1日一つの長文を読むなど、毎日少しでもいいので英語に取り組めると良いと思います!
英語<リスニング>
受験での必要度
センターのみ
得意度
どちらかといえば得意
リスニング対策として行ったこと
予備校などのリスニング対策を受けた
学校での授業のみ
リスニング対策を始めた時期
高3の1学期
効果的な学習法(苦手な場合は克服法)
リスニングも含め、英語は慣れると得意になる教科だと思います。リスニング対策用の教材に取り組むとき、ただただ問題を解いて終わりにするのではなく、復習の際にシャドウイング(読まれる英文に合わせて音読すること)をおすすめします。自分で発音すると次第に耳が英語に慣れてきます!
国語
受験での必要度
センターのみ
必要な範囲・科目
現代文・古文・漢文
得意度
どちらかといえば苦手
効果的な学習法(苦手な場合は克服法)
私は古典を特に苦手としていましたが、センター用の問題集を解いて対策しました。古文に関しては、まず語彙力が不足していたので、センター直前になっても古文単語集をチェックするようにしていました。漢文も同様にセンター対策問題集を使って読むスピードを出来るだけ上げられるように練習しました。
数学
受験での必要度
センター・2次私大ともに必要
必要な範囲・科目
数学Ⅲまで
得意度
苦手
効果的な学習法(苦手な場合は克服法)
私は数学にかなり苦手意識を持ってしまっていましたが、数学は基礎の積み重ねが大切ということを聞いていたので、高3の前半は基礎問題集のみを解いていました。基礎をカバーできるようになると、ある程度の問題は解けるようになってきました。
理科
受験での必要度
センター・2次私大ともに必要
必要な科目
化学基礎
化学
生物基礎
生物
得意度
どちらかといえば得意
効果的な学習法(苦手な場合は克服法)
化学は計算の応用力と暗記力の両方を求められる科目です。特に理論化学では計算を素早くこなせないと解けない問題が多いと思います。私は基礎問題集を一通り終えた後、多様な計算に素早く応じることができるように志望大学で出る問題より高いレベルの問題を解いて演習しました。
生物は暗記事項が多いですが、全部文字で暗記しようとしても限界があるため、図録などを用いて図とセットにして覚えるようにしました。
地歴公民
受験での必要度
センターのみ
必要な科目
倫理
政治・経済
得意度
どちらかといえば苦手
効果的な学習法(苦手な場合は克服法)
社会科目は覚えなければならないことが多く、苦手意識を持っていましたが、センター用の問題集を用いて問題の傾向を掴むことで点数を伸ばすことができました。予めセンターの過去問などを解いておくと訊かれる箇所の特徴を知ることができるので、その上で勉強すると効率的に勉強できると思います。
小論文・面接・実技
現在通っている大学の試験科目に、小論文・実技・面接はありましたか
なかった
現在通っている大学への「合格の秘訣」
秘訣(1)
筑波大学の英語は例年長文二題と自由英作文が出題されます。長文の難易度はそれほど高くないですが、問題の形式として下線部和訳は少なく、英文全体をしっかり理解していないと解けない問題が多いです。過去問や、近いレベルの英文を扱っている問題集を活用し、集中して英文全体の内容を確実に把握する練習をしました。
秘訣(2)
筑波大学の生物は例年1題ほど独特の傾向の問題が出題されます。見ると一瞬驚くかもしれませんが、落ち着いて解けばそれほど難しいことを聞かれているわけではないことに気づけます!問題を解くときは落ち着いて問題文を読めるといいと思います!

参考書・講習・模試の活用法

参考書・問題集
参考書や問題集を選ぶときに重視したポイント
自分のレベルに合っている
読みやすさ、わかりやすさ
扱われている分野(教科全体を網羅、特定の分野に特化など)
参考書・問題集を選ぶときのアドバイス
参考書・問題集を選ぶ前に必ず志望校の過去問を見て、問題のレベルを確認しておくことをおすすめします。買った問題集が志望校の問題レベルより高すぎたり低かったりすると効率の良い勉強ができません。「みんな持っているから」という理由だけで安易に決めず、自分に合った参考書や問題集を選べると良いと思います。
【英語(筆記)】おすすめの参考書・問題集
やっておきたい英語長文700(河合塾SERIES)
【英語(筆記)】参考書・問題集の活用法
私はこの問題集をセンター試験後の総仕上げの一環として取り組みました。回答形式は記述が多めだったので国公立2次対策として活用できます。解説が丁寧なので、しっかり読み込めば自ずと英文が読みやすくなってくると思います。
【国語】おすすめの参考書・問題集
マーク式基礎問題集古文(河合塾SERIES)
【国語】参考書・問題集の活用法
私は国語をセンター試験でしか使わなかったので、この本は秋頃からセンター試験対策として使っていました。基本から段階的にレベルが上がっていくので、古文に苦手意識を持っている人は取り組みやすい問題集だと思います。
【数学】おすすめの参考書・問題集
理系数学 入試の核心 標準編
【数学】参考書・問題集の活用法
夏休みで基礎を固めた後の、秋から冬にかけて私立・国公立2次対策として取り組みました。問題が回で分けられており、1回あたり3題と取り組みやすく計画も立てやすい分量となっています。解説もポイントを絞ったシンプルなものなのでわかりやすいです。
【地歴・公民】おすすめの参考書・問題集
マーク式基礎問題集倫理(河合塾シリーズ)
【地歴・公民】参考書・問題集の活用法
高3の秋頃からセンター試験対策として取り組みました。選択肢のみから答える問題で軽く知識をおさらいした後に、センター試験とほぼ同じ形式の問題を解く構成になっているので、知識の確認にも形式慣れにも活用できる問題集だと思います。解説は「なぜこの選択肢が間違っているのか」という視点から書かれているので間違えた時の復習で理解しやすいです。
【理科】おすすめの参考書・問題集
生物の良問問題集[生物基礎・生物]
【理科】参考書・問題集の活用法
夏休みに基礎固めを終わらせた後、演習としてこの問題集を使いました。確認問題から発展問題までありますが、記述問題が多いので国公立2次対策として使えるといいと思います。目的や分野から問題を探す機能が付いているので、特定の部分だけ取り組みたい時に便利です。「必ず解いておきたい問題」が設定されているので、直前期の復習にも役立つと思います。
予備校の講習
予備校の講習を受講しましたか
受講しなかった
模試の活用
模試を受けましたか
受けた
模試の復習をしましたか
した
いつ復習をしましたか
模試終了後すぐ
成績表が返却されたとき
マーク系模試の復習方法・アドバイス
まずは解説を熟読しました。数学以外の科目は「なぜその選択肢が間違っているのか」を解説や参考書などを見ながら考え、知識を定着させるようにしました。数学に関しては時間不足で解けなかった問題が多かったので、まず全ての問題を解いてから復習をするようにしていました。
記述系模試の復習方法・アドバイス
記述問題は自分の出来ていないところが具体的に分かりづらいですが、模範解答と見比べたり解説をよく読むことで出来ていなかったポイントを確認していました。また、問題集などで類題を探し、それも参考にして復習するようにしていました。

受験生活について

高校生の頃の部活動
高校の時、部活動に参加していましたか
参加していた
部活動名
吹奏楽部
いつ頃まで部活動に参加していましたか
3年生の1学期まで
部活動と勉強を両立させるためのアドバイス
部活動と勉強の両立でポイントとなるのは時間の使い方と疲れとの闘いです。部活動のある日は勉強に割ける時間が少ないと思いますが、電車通学の人は電車の中でできること(単語チェックなど)を積極的にできると時間を上手く活用することができます。また、部活後は疲れがたまっていて勉強に集中できないこともあると思いますが、朝に時間をつくって勉強ができると疲労感のない状態で集中して取り組むことができるのでおすすめです!
夏休みの過ごし方
1日あたりの勉強時間
10時間
夏休みは何を中心に学習しましたか
各教科・科目の基礎固め
夏休みの主な学習場所
自宅
夏休みの学習スタイル
昼型
夏休みの過ごし方についてのアドバイス
夏休みは時間がたくさんあるため、張り切って勉強をしてしまいがちです。勉強を多くするのはいいことなのですが、それが夜更かしにつながり睡眠リズムを崩してしまうと、体調不良になる恐れが出てきます。寝込むことになっては元も子もないので、体調管理として睡眠はしっかりととるべきです。
スランプ脱出法・リフレッシュ法
受験生の時、スランプはありましたか
わからない
おすすめのリフレッシュ法
勉強は脳を使っているので、「疲れた」と感じたときは脳を休ませてあげるのが一番だと思います。一番脳が休まるのは睡眠と思われるので、私はこれをお勧めします。ですが、一番気分転換になるのは普段勉強で制限されている、自分の好きなことをやることだと思います!
受験時の宿泊
宿泊を伴う受験校数
回答なし
受験直前期の過ごし方
受験直前期に効果のあった勉強法
受験直前期の時間というのは非常に限られているので、各教科の勉強をまんべんなくやることよりも、苦手教科・分野の克服を優先的にしました。苦手分野は、基本の問題から応用問題までひたすら解くことで、知識を「覚える」というよりかは、問題演習を通して頭に叩き込むようにしたのが効果的でした。
受験直前期に生活面で気をつけたこと
受験期はインフルエンザなどの感染症が流行する時期なので、自分が感染しないよう対策していました。具体的には、基礎的な体力づくりのために規則正しい生活習慣を心がけたり、できるだけ混雑するような場所にはいかないようにしていました。
息抜き方法についてのアドバイス
息抜きと言っても、マンガを読んだり映画を見たりするのは内容が頭に残ってしまい、その後の集中力に影響することもあるのでお勧めできません。軽い仮眠や、音楽を聴くなどしてリフレッシュできるといいと思います。
持っていると心強かったアイテムや合格ジンクス
曾祖母が遠方で入手してきてくれた神社のお守りと、「必ず受かる」と書かれた大吉のおみくじを携帯していました。これらはただのお守りとおみくじではなく、遠方から届けてくれるほど応援してもらっていることを実感でき、持っているだけで励みになりました。

大学の魅力

大学の満足度
大学の施設・設備
★★★☆☆
教員
★★★★☆
カリキュラム・時間割
★★★★☆
研究内容
★★★★☆
資格取得
★★★★☆
立地
★★★☆☆
部活・サークル
★★★★☆
大学の総合的な満足度
★★★★☆
満足している点・自慢できる点
筑波大学は学部・学科制度ではなく、学群・学類制度を取っているため、自分の専攻とは異なる学問に触れやすい環境が整っています。なんと、理系でも文系の講義を受けられます!色んな学問を学べ、多くの教授の講義を受けられるのは筑波大の自慢です!
「ここが変わればもっと良くなる」と思う点
筑波大学は敷地がとにかく広く、学内の移動には基本的に自転車を使います。そのため休み時間は特に道が渋滞しなかなか進めないだけでなく、歩行者が危険な思いをすることもあります。道幅を広げる、あるいは自転車専用道を整備するなどの対策がなされれば、筑波大はもっと良くなると思います。
キャンパスの雰囲気
明るさ・活発さ
★★★★☆
まじめさ
★★★★☆
自然の豊かさ
★★★★★
留学生の多さ
★★★★★
開放感・自由さ
★★★★★
自分のキャンパスの雰囲気に合っている人は?
学問や研究を突き詰めたい人
サークルや部活に打ち込みたい人
大学のイベントに参加したい人

大学の講義

大学の講義
下記の時間割はいつのものですか
学部1年次後期
1週間の時間割
1限目医療・生命科学とテクノロジー化学Ⅱ基礎数学ⅡEnglish Intercultural Communication Ⅱ
2限目経済学入門Ⅰ物理学Ⅱドイツ語基礎BⅡ教育心理学Ⅱ
3限目統計学入門ドイツ語基礎AⅡEnglish Critical Reading Strategies Ⅱ基礎体育バレーボール(秋)
4限目生物学実験English Integrated Skills Ⅱ生物資源科学演習化学実験情報(実習)
5限目生物学実験生物学Ⅱ地球学概論Ⅱ化学実験情報(実習)
6限目生物学実験生物学Ⅱ地球学概論Ⅲ化学実験
おもしろい講義
基礎数学Ⅱ
おもしろいと思う理由
講座名の通り、大学において必要な数学の知識を習得する目的の講座ですが、単に数学を教えるのではなく、その数学が実際の研究ではどのように活用されているかを実験などを通して教えてくれます。自分たちの専攻分野に直結するような形で数学を知ることができるので、楽しんで受講しています。
めずらしい講義
English Intercultural Communication Ⅱ
めずらしいと思う理由
英語の講座は3つありますが、この講座では座学にとどまらず、大学に多くの留学生がいることを活かした授業が行われます。例えば、同じ専攻の留学生とその専攻や互いの文化について話し合ったりします。
所属学部(学科)の授業の特徴
生物資源学類では、非常に多岐に渡る学問分野を学ぶことができます。一応理系学類なのですが、ほとんどの人が経済学を始め、さまざまな文系科目も履修しているのが特徴です。生物資源学類の授業を通して、実は文系・理系の分野が密接に結びついていることを感じることができると思います。
専門科目・専攻
専門科目は何年生から始まりますか
1年
専門科目を学ぶにあたって、高校生のうちにやっておいた方が良いこと
広い視野で物事を考える力をつけておく
その理由
生物資源科学は様々な学問分野が結びつきあってできている学問です。一つの学問分野での視点でしか物事を見れないと課題が解決できないことが多いです。様々な観点から物事を考えられる力を養っておいてほしいです。
あなたの専攻は?
生物資源科学
専攻のおもしろさ・魅力
生物資源科学は更に多くの学問分野に分けることができます。その中には、化学を中心とした学問や工学を中心とする学問、更には社会経済学を中心とするものまであり、様々な学問が結びつきあってできた学問であると言うことができると思います。

オープンキャンパス・大学祭

オープンキャンパス・大学祭
オープンキャンパスの見所
大学の広さを実感できる機会になると思います。また、豊富な学食施設を楽しむことができます。
ぜひ見てもらいたい大学の施設やスポット
学内3カ所に「粉とクリーム」というベーカリーがありますが、店舗によって限定商品などもあります。特に「切り株」と呼ばれるフレンチトーストはとても美味しいので是非一度召し上がってください!
オープンキャンパスに持っていって良かったもの
模擬授業を受ける際、筆記用具とメモできるものがあった方がいいと思います。
大学祭の見所・おすすめ
大学祭の規模は大変大きく、大学の広さを生かしてさまざまな発表がされています。ステージではプロのアーティストをゲストに呼んだりするなどし、大きく盛り上がります。また、脱出ゲームなどのアトラクションも充実してるので、楽しめること間違いなしです。各国の留学生団体が出している各国の食べ物もとてもおいしいです!

大学の施設

大学の施設の満足度
講義室・教室
★★★★☆
その理由
教室としての基本的な設備は整っていますが、照明の調節が融通利かないせいでスライドが見づらいことがあります。教室自体は最近耐震改修が行われていることもあり、きれいなところが多いです。
ゼミ室・実験室
★★★★☆
その理由
実験室は最近設備更新をしたらしく、機器も新しいものがそろっています。ただマイクがないため、広々とした実験室の後ろの方では先生の声が聞こえないこともあります。
図書館
★★★★★
その理由
大学の中央にある図書館は地下1階、地上4階建ての大きな施設です。蔵書数も多く、古文書なども保管されています。また自習室も充実しており、図書館という静かな環境の下で勉強することができます。
体育館・グラウンドなどのスポーツ施設
★★★★☆
その理由
体育会の部員以外はあまり使うことのない施設ですが、体育の授業で使うことがあります。どれも国際大会の使用に準ずるレベルの設備が整っているらしく、2020年東京五輪に向けてスイスが事前キャンプをすることも決まっています。
食堂・カフェ・喫茶室
★★★★☆
その理由
食堂の種類は実に多く、毎日利用するところを選ぶ楽しみもあります。私の大学には生協がないので、値段は他大学に比べると割高ですが、フードコートには地元のベーカリーのテナントが入っていたりと、美味しいものを食べることができます。
購買(生協)
★★★★☆
その理由
私の大学には生協がないため、購買は丸善が運営している店舗となっています。そのため、値段はコンビニに準ずる程度のものとなっていますが、大学の学生証があれば10%割り引きで買うことができます。
サークル室・部室
★★☆☆☆
その理由
サークル棟はとにかく古いです。トイレは極力使いたくないです。各サークルのブースはパーテーションで仕切られているだけの簡素なつくりであり、またブースが割り当てられていないサークルもあります。
自慢できるもの・めずらしい施設
昨年、大学内に初のスーパーマーケットが出来ました。社会実験も兼ねているらしく、会計はクレジットカードかWAONのみとなっており、現金を使うことはできません。品ぞろえも一般のスーパーとは異なり、留学生向けとして輸入食材が多く取り扱われています。