character

プロフィール

character

S.H.特派員 male

札幌医科大学 2年

学部:医 学科:医

入試方式
一般(浪人)
得意科目
英語
不得意科目
国語(古文,漢文)
メッセージ
周囲の人が支えてくれていることを忘れずに,勉強しましょう。
btn
btn

大学の講義

大学の講義
下記の時間割はいつのものですか
学部2年次前期
1週間の時間割
1限目微生物学神経解剖学
2限目分子生物学細胞・組織学2細胞・器官生理学細胞・組織学2生化学
3限目肉眼解剖学実習組織学・脳実習肉眼解剖学実習組織学・脳実習肉眼解剖学実習
4限目肉眼解剖学実習組織学・脳実習肉眼解剖学実習組織学・脳実習肉眼解剖学実習
5限目肉眼解剖学実習組織学・脳実習肉眼解剖学実習組織学・脳実習肉眼解剖学実習
6限目
おもしろい講義
生化学
おもしろいと思う理由/講義で扱う主なテーマや感想など
高校生物レベルの知識で止まっていたクエン酸回路や解糖系などの知識を,化学反応の経過を丁寧に追いながら学習できていて,学びにつながっているため.また,ビタミンや生体内微量元素(鉄や亜鉛など)についての講義もあり,栄養学的な話があり,実生活に結びついているようで面白い.
所属学部(学科)の授業の特徴
1年では,通年で教養がメインで,生物学が通年であったり,前期には生化学,後期には肉眼解剖学や細胞組織学などの基礎医学科目が一部にあります.2年では,すべての科目が基礎医学科目となり,「医学部感」が増します.医学に興味があるので,2年になってからの講義のほうがおもしろいと感じます.
専門科目は何年生から始まりますか
2年
専門科目を学ぶにあたって、高校生のうちにやっておいた方が良いこと
理科系科目,とくに生物学と生物学に関わる化学を学んでおく
その理由
高校生物の知識があれば,分子生物学や生化学でかなりラクをできるように思うため.
あなたの専攻は?
医学
専攻のおもしろさ・魅力
ヒトの疾患を知るための勉強をできる点で面白い.基礎医学は,人体の異常を理解する臨床医学の基礎となる,正常状態を理解するためのもので,研究とのつながりを感じて面白い.

大学の魅力

大学の満足度
総合満足度
★★★★★
その理由
教職員の皆さんの対応がよく,また施設もきれいであるため.臨床医学のみならず,基礎医学などの研究にも熱心であるため.
立地・交通アクセス
★★★★★
その理由
札幌市営地下鉄東西線でいえば,札幌市営地下鉄3路線の乗換駅である大通駅から二駅のところにあり,乗車時間は3分程度.駅からは徒歩3分程度なのでかなり立地が良い.
カリキュラム・時間割
★★★★★
その理由
空きコマが基本的に少ないため,高校のときのような感覚で講義を受けていた.
教員
★★★★★
その理由
質問にはしっかりと対応してくれるので良い.
研究内容
★★★★★
その理由
全国で話題になった脊髄損傷患者の治療を始めとして,腎臓の再生医療など,さまざまな取り組みをしているため.
取得できる資格
★★★★★
その理由
医学部ではもちろん医師免許を取得できる.
部活動・サークル活動
★★★★☆
その理由
高校にあったような部活から,なかったような趣味に近いようなサークルもあり,多様な選択肢があると思う.
教室・ゼミ室・実験室
★★★★★
その理由
昨年度から使用が始まった棟があり,とてもきれい.実験施設も設備がしっかりしていると思う.
PC・ネットワーク環境
★★★★★
その理由
学内Wi-Fiがある.コンピュータ室や図書室でコンピュータを利用できる.
図書館
★★★★★
その理由
図書室のシステムにより貸し出し予約ができたり,貸し出し状況の確認ができ,便利.
自習スペースもしっかりある.
食堂・カフェ
★★★☆☆
その理由
附属病院内にスターバックスコーヒーがあり,学生や医療スタッフがよく利用する.臨床研究施設と附属病院には食堂があるが,近いとはいえ大学の教育施設から出なければならず,基本的にスタッフ向けのように見えるので,学生が使っているところは見たことがない.
購買・生協・売店(コンビニ含む)など
★★★★★
その理由
大学生協はないが,ファミリーマートが,大学教育施設内と,附属病院内にある.商品は切れないように,かなり配慮されている印象.
部室・サークル室
★★★★☆
その理由
大学教育施設を出てすぐにサークル棟がある.あまり利用しないので詳しくはわからないが,皆のびのびと活動できているように思う.
スポーツ施設(体育館・トレーニングルーム・グラウンドなど)
★★★★★
その理由
体育館とトレーニング施設がある.新しい.教員も利用している様子が目撃されている.
トイレ・パウダールーム
★★★★★
その理由
新棟のトイレは,数は少ないがとてもきれい.
自慢できる点・満足している点
教育施設が新しくきれいで,新しい施設が今も建設中で,環境がより良くなっていく.1年生から,病院でのボランティア実習があったり,保健医療学部と医学部の合同セミナーがあるなど,医療人になるための充実した教育がなされていると思う.研究も積極的に行っているため,どうしても臨床志向になりがちな学生に対して,研究の魅力を伝えている.
「ここが変わればもっと良くなる」と思う点
進級に厳しいため,日々努力している学生に対しては締め付けを緩くするなど,もう少し自由度があるとよい.

オープンキャンパス・大学祭

オープンキャンパス・大学祭
オープンキャンパスの見どころ
札幌医科大学は「北海道」(正確には現在は北海道公立大学法人)のものであるため,北海道の地域医療に関する問題を解決しようと取り組む学生を受け入れる方針である.そのため,北海道における地域医療の問題について,現状の説明がなされる.ここで,面接で問われる,なぜ札幌医科大学で医師になろうとしているか,という姿勢について,考え直すきっかけになる.
ぜひ見てもらいたい大学の施設やスポット
学内所属員でないと入りにくかったり,入れない場所が多いため,あまり見どころはないが,新しい医学部棟は外からみるととてもきれい.
オープンキャンパスに持っていって良かったもの
ペンとメモ帳があれば,入試の説明のメモや,地域医療の問題点などの話を記録できるので良かった.
オープンキャンパスで失敗したこと
質問コーナーがあったにも関わらず,質問に行かなかったこと.思い切ってなんでもいいからきいてみればよかったと後悔した.
大学祭の見どころ・おすすめ
部活やサークルに所属する学生が模擬店を出すので,学生同士の雰囲気がつかみやすいと思う.