character

プロフィール

character

うさ特派員 female

津田塾大学 1年

学部:総合政策 

入試方式
一般(現役)
得意科目
英語、数学
不得意科目
国語、理科
メッセージ
受験には大量の情報が飛び交い、それを信じるのは皆さんの自由ですが、試験当日信じられるのは、皆さん自身だけです。自分を信じられるのは、スランプも、焦りも、悔しさも、全部自分の力にできる人。他人と比べず、自分の思いに嘘をつかず、自分なりに歩んでいけば大丈夫です。
btn
btn

各教科の学習法

英語<筆記>
受験での必要度
センター・2次私大ともに必要
得意度
得意
効果的な学習法(苦手な場合は克服法)
単語、熟語は自分の力でやる必要があります。文章を読むとき、より多くの情報を得るためのツールとして、大変ですが、蓄えておくと良いと思います。英語の学習の上で、最も大切なことは、英文と日本語文の構造の違いを理解し、英文構造を身につけることです。英文解釈の技術100などを使って徹底的に学習してください。これがわからないと、英語を使った全ての学習で苦労することになります。テクニックや自然な訳し方のスキルの獲得は、そのあとで十分です。
英語<リスニング>
受験での必要度
センターのみ
得意度
得意
リスニング対策として行ったこと
ラジオ講座
学校での授業のみ
リスニング対策を始めた時期
高1
効果的な学習法(苦手な場合は克服法)
英語の独特な繋げ方、アクセントに慣れるため、普段から少しずつ英語をきく習慣をつけると良いと思います。早すぎる、聞き取れないといった部分はそのような特徴に不慣れなことから現れます。また、自分で音読練習をするときに、その特徴を真似して練習すると良いです。聞き取れないものは、発音できないからです。
国語
受験での必要度
センター・2次私大ともに必要
必要な範囲・科目
現代文・古文・漢文
得意度
得意
効果的な学習法(苦手な場合は克服法)
本当に苦手でした。特に現代文は、感覚の教科だと思っていましたが、それは間違いです。指示語に注目する事で、文全体の構造が掴めます。ここでつまずくならば、まずは指示語の役割から見直してみると良いです。文の内容ではなく構造を根拠にして、回答する部分を掴めることが目標です。古漢は、問題文を品詞分解し、現代語訳をつける習慣をつければ、試験などで、問題文からなんとなく現代語訳を頭の中で作ることができるようになります。品詞分解は面倒ですが、この期間が長ければ長いほど、現代語訳の確実性は高まります。
数学
受験での必要度
センターのみ
必要な範囲・科目
数学Ⅱ・数学Bまで
得意度
どちらかといえば苦手
効果的な学習法(苦手な場合は克服法)
教科書に始まり、教科書に終わる教科です。どんなにひねった問題も、教科書に書かれている定義や証明をもとにつくられています。文字の羅列ではなく、ちゃんとした1つの紹介文として暗記するくらい読むのが理想です。融合問題になっても、求める答えを見失うこともなくなります。数学は文章を正確に読み取る力も要求されることをわかっていれば、教科書を大切にする意味もわかるのではないでしょうか。
理科
受験での必要度
センターのみ
必要な科目
物理基礎
化学基礎
得意度
どちらかといえば苦手
効果的な学習法(苦手な場合は克服法)
高3になって苦労しました。教科書を読み込み、秋までには教科書の問題を全て解けるようにしました。センターだけだと気を抜きがちですが、理科基礎も結構な比重を持ちます。暗記が得意なら生物基礎、計算がある程度得意なら物理基礎など、向き不向きもあるので、可能ならば、自分なりの選択をしましょう。
地歴公民
受験での必要度
センター・2次私大ともに必要
必要な科目
世界史
政治・経済
得意度
どちらかといえば苦手
効果的な学習法(苦手な場合は克服法)
世界史に限っては、教科書を手始めに読むことはお勧めしません。歴史の流れを理解し、確認のために教科書を使うべきです。何も知らないまっさらな状態で教科書を読んでも、訳が分からなくなります。一回一回の授業を大切にしましょう。映画など身近な余剰教材も豊富です。好きになった部分は大事にして得点源にしましょう!政治経済は検定教科書を完璧にすれば、ある程度の点数はセンターでとれます。カラーの図、対話式の解説など様々な工夫がなされているのでわかりやすいです。新聞を読んで疑問な点を身近な人に聞く方法もいいと思います。
小論文・面接・実技
現在通っている大学の試験科目に、小論文・実技・面接はありましたか
なかった
現在通っている大学への「合格の秘訣」
秘訣(1)
とにかく、記述を制限文字数ギリギリまで書く練習をしました。勉強に限らず、学校で出される感想文などでも、常に心がけていたことです。書くことに抵抗をなくし、自分の考えを表現することを好きになれるように努力しました。もともと国公立大志望だったので、記述を中心に勉強していたことが、入試が全て記述式の今通う大学の合格につながったと思っています。書いた後は、自分の信頼する先生に添削を頼むことも忘れないでください。どうして点が引かれてしまうのか、どんな書き方の悪い癖があるのか、遠慮せずに聞いて、自分の弱点を見つけてください。記述は客観的な視点を大変必要とするので、他者からの助言は貴重なアドバイスです。

受験生活について

高校生の頃の部活動
高校の時、部活動に参加していましたか
参加していた
部活動名
小百合会
いつ頃まで部活動に参加していましたか
2年生以前
夏休みの過ごし方
1日あたりの勉強時間
6時間
夏休みは何を中心に学習しましたか
各教科・科目の基礎固め
夏休みの主な学習場所
学校
夏休みの学習スタイル
朝型
スランプ脱出法・リフレッシュ法
受験生の時、スランプはありましたか
なかった
受験時の宿泊
宿泊を伴う受験校数
受験直前期の過ごし方
息抜き方法についてのアドバイス
回答なし