character

プロフィール

character

トマト特派員 female

東北大学 1年

学部:農 

入試方式
一般(現役)
得意科目
生物、地理
不得意科目
数学
メッセージ
勉強は早め早めに取り組もう!
btn
btn

各教科の学習法

英語<筆記>
受験での必要度
センター・2次私大ともに必要
得意度
どちらかといえば得意
効果的な学習法(苦手な場合は克服法)
英文の精読を大事にしていました。常に文構造を意識して長文を読む癖をつけておくと、速読の時も内容が掴みやすくなります。後は構文の参考書を解いて、基本的な訳し方が出来るようにしました。
英語<リスニング>
受験での必要度
センターのみ
得意度
どちらかといえば得意
リスニング対策として行ったこと
学校での授業のみ
リスニング対策を始めた時期
高3の3学期
効果的な学習法(苦手な場合は克服法)
学校の授業で二次試験レベルのものを解いていたので、センター試験のリスニングは容易に聴き取れました。少し早めのスピードで慣れておくと良いと思います。
国語
受験での必要度
センターのみ
必要な範囲・科目
現代文・古文・漢文
得意度
得意
効果的な学習法(苦手な場合は克服法)
センターの過去問を7年分ぐらい解いて、問題形式や時間配分に慣れるようにしました。
数学
受験での必要度
センター・2次私大ともに必要
必要な範囲・科目
数学Ⅲまで
得意度
苦手
効果的な学習法(苦手な場合は克服法)
とにかく基本から、参考書でやり直しました。青チャートの練習問題を確実に解けるように何度も演習しました。あとは、河合塾のテキストも三周ぐらいして、重要問題のパターンを頭に入れました。
理科
受験での必要度
センター・2次私大ともに必要
必要な科目
化学基礎
化学
生物基礎
生物
得意度
どちらかといえば得意
効果的な学習法(苦手な場合は克服法)
生物は、とにかく教科書と資料集を読み込みました。考察問題も、基本知識となぜそうなるかの理由さえ理解しておけば、簡単に解けます。化学は暗記も大事ですが、計算問題が多いので、とにかくたくさんの問題を解いて慣れると良いと思います。
地歴公民
受験での必要度
センターのみ
必要な科目
地理
得意度
得意
効果的な学習法(苦手な場合は克服法)
センターでしか使わず時間を割きたくなかったので、出来るだけ授業中だけで理解しきれるように集中しました。問題にたくさん触れると、問題の解き方が次第に分かると思います。
小論文・面接・実技
現在通っている大学の試験科目に、小論文・実技・面接はありましたか
なかった
現在通っている大学への「合格の秘訣」
秘訣(1)
有機化学の構造決定でとても難しい問題が出るので、時間がかかっても、全部自分で解ききるようにしていました。そこからだんだんスピードを早くしていきました。難しい問題が解けるようになると、他の人と差をつけることが出来ます。
秘訣(2)
和文英訳や自由英作文を学校の先生に添削してもらいました。自分では気づかなかった間違いに気づいたり、解答作成のポイントを教えていただけたりするので、確実に力がつきました。

参考書・講習・模試の活用法

参考書・問題集
参考書や問題集を選ぶときに重視したポイント
読みやすさ、わかりやすさ
周りの人の評判や口コミ
扱われている分野(教科全体を網羅、特定の分野に特化など)
参考書・問題集を選ぶときのアドバイス
皆が使っているものと同じ参考書を買うより、マイナーでも自分が使いやすいものを選ぶと良いと思います。インターネットで情報収集した上で、書店でじっくり見比べると失敗しないと思います。
【英語(筆記)】おすすめの参考書・問題集
ポレポレ英文読解 プロセス50
【英語(筆記)】参考書・問題集の活用法
冬休み前から手をつけました。1題1題は短いですが、質の良い英文が多いです。解説が詳しく、重要な構文や読解の仕方が沢山載っているので、精読の力がとてもつきました。
【数学】おすすめの参考書・問題集
青チャート
【数学】参考書・問題集の活用法
学校の課題として、元から数学ⅠA、ⅡBを定期的に解いていました。秋頃から数学Ⅲを一周し、本番直前には、苦手分野を集中的に解きました。色々な問題が載っているので、1冊解けば、大体の重要問題とその解法を知ることが出来ます。説明もとても分かりやすいです。
【地歴・公民】おすすめの参考書・問題集
村瀬の地理Bをはじめからていねいに
【地歴・公民】参考書・問題集の活用法
12月から冬休みにかけて、地誌編を読みました。グラフや図が多くてわかりやすいし、重要な所は色が違うので見やすいです。これだけでセンター地理の地誌は乗り切れます!
【理科】おすすめの参考書・問題集
化学の最重点 照井式解法カード
【理科】参考書・問題集の活用法
秋頃から読み始めました。語りかける文章で丁寧に説明されているので、読みやすいです。解法カードに重要事項がまとめられているので、本番前の確認にとても役立ちました。
予備校の講習
予備校の講習を受講しましたか
受講した
夏期講習を受講した主な目的
苦手科目を克服するため
応用力を鍛えるため
2次・私大対策のため
夏期講習の講座を選ぶ際に重視したポイント
自分の志望校のレベルに合っていること、苦手分野を克服すること
夏期講習を受講する際のアドバイス
夏休みに文化祭の作業で忙しく、夏期講習も復習せず受けっぱなしで何も身につけられなかったので、自分のキャパシティーに合わせて選ぶといいと思う。
冬期・直前講習を受講した主な目的
苦手科目を克服するため
応用力を鍛えるため
センター試験対策のため
2次・私大対策のため
本番に近い形式で演習するため
冬期・直前講習の講座を選ぶ際に重視したポイント
苦手教科は、二次対策だけでなくセンター用講座も取って、対策した。直前期は志望校別講座を重視した。
河合塾の冬期講習のうち、受講してよかったと思う講座
数学Ⅲ演習発展 難関大入試で差のつく問題
河合塾の直前講習のうち、受講してよかったと思う講座
東北大化学テスト
冬期・直前講習を受講する際のアドバイス
志望校別講座はぜひ取るべき。センター前に二次対策の講座を取りすぎると、センターの勉強時間が減って焦るので、絞った方が良いと思う。
模試の活用
模試を受けましたか
受けた
模試の復習をしましたか
した
いつ復習をしましたか
受験直前期
マーク系模試の復習方法・アドバイス
解説を全部読み直し、分からないところを復習した。
記述系模試の復習方法・アドバイス
全問題を解き直し、講評を読んで傾向や間違えやすいポイントを知った。

受験生活について

高校生の頃の部活動
高校の時、部活動に参加していましたか
参加していた
部活動名
少林寺拳法部
いつ頃まで部活動に参加していましたか
3年生の1学期まで
部活動と勉強を両立させるためのアドバイス
正直私は両立できなかった。疲れていても、家に帰ってからだらけないことが大事だと思う。
夏休みの過ごし方
1日あたりの勉強時間
5時間以内
夏休みは何を中心に学習しましたか
塾・予備校などでの講習の予習・復習
夏休みの主な学習場所
塾・予備校
夏休みの学習スタイル
昼型
夏休みの過ごし方についてのアドバイス
塾の授業は予復習しないと身につかないので、自分のキャパシティーを考えて講座数を絞るべきだと思う。
スランプ脱出法・リフレッシュ法
受験生の時、スランプはありましたか
あった
スランプを感じた時期
1月以降
スランプの状況
やる気がなく、モチベーションが上がらなくなった
克服方法
私大入試が上手くいったので、いつのまにか気分が上向きになっていた。
おすすめのリフレッシュ法
肩や首がこったら、トイレで思いっきりストレッチをする
受験時の宿泊
宿泊を伴う受験校数
宿・ホテルの選び方や予約方法のアドバイス
秋頃には部屋が埋まってしまうので、受験校を決めたら早めに予約しておくべき。
宿・ホテルでの過ごし方
いつものようにしっかり受験勉強
持って行って役立ったもの
やらないかもしれなくても、とりあえず使えそうな問題集、教科書参考書類全部
その理由
安心感が違うし、現地で自分の出来ていないところを臨機応変に勉強できて良かったから。
忘れて困ったもの・持って行けばよかったと思ったもの
お守り
その理由
せっかくもらったのに忘れて何か残念だったから。
宿泊施設でのアドバイス
いつも通りに勉強すれば良いと思う。不安な事がないように、万全の準備をした方が良いと思う。
受験直前期の過ごし方
受験直前期に効果のあった勉強法
過去問を解き、時間配分に慣れるようにしました。苦手分野の問題を何度も解き、解法を暗記しました。
受験直前期に生活面で気をつけたこと
しっかり寝るように気をつけていました。あとは風邪をひかないように、常にマスクをしていました。
息抜き方法についてのアドバイス
勉強中は頭を使っているので、糖分を補給して息抜きするようにしていました。スマホはついつい長時間見てしまうので、自分で管理できる自信がない人にはおすすめしません。
持っていると心強かったアイテムや合格ジンクス
高校の先生が教えてくれたお祈りを、各科目のテストが始まるごとに心の中で唱えました。

大学の魅力

大学の満足度
大学の施設・設備
★★★★★
教員
★★★★☆
カリキュラム・時間割
★★★★☆
研究内容
★★★★★
資格取得
★★★☆☆
立地
★★☆☆☆
部活・サークル
★★★★★
大学の総合的な満足度
★★★★☆
満足している点・自慢できる点
研究内容が日本でトップレベル
「ここが変わればもっと良くなる」と思う点
理系のキャンパスが山の上にある、清掃が行き届いていない
キャンパスの雰囲気
明るさ・活発さ
★★★☆☆
まじめさ
★★★★★
自然の豊かさ
★★★★★
留学生の多さ
★★★★☆
開放感・自由さ
★★★★☆
自分のキャンパスの雰囲気に合っている人は?
学問や研究を突き詰めたい人
サークルや部活に打ち込みたい人
グローバルに活躍したい人

大学の講義

大学の講義
下記の時間割はいつのものですか
学部1年次後期
1週間の時間割
1限目芸術の世界基礎中国語Ⅱ化学C
2限目生命科学B基礎中国語Ⅱ解析学概要
3限目スポーツA自然科学総合実験英語B2
4限目英語A2自然科学総合実験
5限目
6限目
おもしろい講義
芸術の世界
おもしろいと思う理由
実際に演劇のワークショップをする実践型の授業で、農学とは全く関係ないが貴重な経験ができるから。
所属学部(学科)の授業の特徴
一二年は全学教育が主で、3年からキャンパスも移り授業がコースごとの専門的になる。
専門科目・専攻
専門科目は何年生から始まりますか
2年
専門科目を学ぶにあたって、高校生のうちにやっておいた方が良いこと
興味ある本をたくさん読んでおく
その理由
自分が何をしたいのか考えるためのデータを、早いうちから得ておいた方が専攻を選びやすいと思うし、モチベーションも上がるから。
あなたの専攻は?
未定

オープンキャンパス・大学祭

オープンキャンパス・大学祭
オープンキャンパスの見所
研究室の展示
ぜひ見てもらいたい大学の施設やスポット
農学部のキャンパスは新しくてとてもきれい
オープンキャンパスで失敗したこと
募集開始後数日で定員に達していて、参加申し込みすら出来なかったオープンキャンパスがあった
大学祭の見所・おすすめ
屋台やサークルの発表だけでなく、大学祭の事務局企画が多い。今年は学術的な面に力を入れていた。例えば模擬講義や講演会があげられる。小さい子向けの企画も多く、子供向けの実験教室や、縁日、工作、ペットボトルロケットを飛ばす企画などを行った。事務局で行うステージ企画も多い。