character

プロフィール

character

Y.S.特派員 female

早稲田大学 1年

学部:教育 学科:国語国文

入試方式
一般(現役)
得意科目
現代文、漢文
不得意科目
数学、物理、英語
メッセージ
努力すれば、絶対合格できると思います。勉強は才能とか関係無いです。ほとんどが自分自身の勉強量、集中力で決まります。
中途半端な努力は、逆に失敗した時に後悔してしまう原因になると私は考えているので、受験すると決めたからには、志望校一直線で勉強して下さい。
3年の夏まで部活をしていた私も、志望校に合格できました。
河合塾の講師やチューターの方々は素晴らしい人達ばっかりです。周りの意見も聞きながら、謙虚に勉強を続ければ、合格も掴み取り、精神的にも成長できるはずです。
頑張って下さい。応援しています。
btn
btn

各教科の学習法

英語<筆記>
受験での必要度
センター・2次私大ともに必要
得意度
苦手
効果的な学習法(苦手な場合は克服法)
一つ長文を読んだ時に出てきたわからない単語、熟語を自分用の単語帳に書き出した。
それを見返してから次の長文や過去問に取り組むと、意外と同じ単語が出てきたりするので、定着させることができた。
もう覚えた単語は上に線を引いたりして、最終的に受験直前には本当に覚えられていない単語のみに集中して潰すことができた。
英語<リスニング>
受験での必要度
センターのみ
得意度
苦手
リスニング対策として行ったこと
学校での授業のみ
リスニング対策を始めた時期
高3の1学期
効果的な学習法(苦手な場合は克服法)
学校のリスニング教材のCDを携帯に入れ、通学の時に流すことで、英語を聴く時間を毎日とった。
継続してやると耳も慣れてくるので、自然と点数は上がった。
あとは問題のパターンを把握して、何が聞かれているのかに注目して聞くことが大切。
国語
受験での必要度
2次・私大のみ
必要な範囲・科目
現代文・古文・漢文
得意度
得意
効果的な学習法(苦手な場合は克服法)
現代文は、読みながら線を引くクセを付けたほうがいいと思います。ここが大切、ここが答えの部分というのは線を引くにつれてなんとなく感覚が生まれてくると思います。ただ、線の引きすぎと引かなさすぎには注意。
もちろん感覚頼りは現代文には禁物なので、あくまで論理的思考も大切に、選択肢などの消去は行って下さい。
古文漢文は暗記したらしただけ点数になるので、単語や句形はしっかり反復しつつ、塾のテキストなどで問題に触れていれば、点数は上がってくると思います。
数学
受験での必要度
不要
理科
受験での必要度
不要
地歴公民
受験での必要度
2次・私大のみ
必要な科目
日本史
得意度
どちらかといえば苦手
効果的な学習法(苦手な場合は克服法)
塾の通史テキストを参考に、まとめノートを作りました。本当に日本史が苦手な人は、自分で一回まとめるだけでも記憶に残るのでおすすめです。
また、過去問を解くようになったときに、自分の間違えた問題に関連する事項を解き直しノートにまとめ、受験会場ではそれを見返しました。
小論文・面接・実技
現在通っている大学の試験科目に、小論文・実技・面接はありましたか
なかった
現在通っている大学への「合格の秘訣」
秘訣(1)
国語の配点が高い学科だったので、とにかく国語を得点源にするために、なるべく毎日国語に触れるようにしました。
今まで解いた文章の見返しでもいいので、絶対にやらない日を作らないことが国語においては大切だと思います。
私は夏休みに苦手だった英語と日本史に集中しすぎて、得意科目だからやらなくても大丈夫だといって国語をおろそかにした結果、夏の終わりの模試で、偏差値が65をきってしまいました。
国語に限らず、苦手科目に集中するのは大切ですが、それだけにならないように気をつけたほうが良いです。

参考書・講習・模試の活用法

参考書・問題集
参考書や問題集を選ぶときに重視したポイント
自分のレベルに合っている
読みやすさ、わかりやすさ
大手予備校が出版している
参考書・問題集を選ぶときのアドバイス
参考書は、解説が詳しいものを選ぶのが良いです。
問題集については、自分がその問題集を一冊ちゃんとやりきることができるかどうか。
簡単すぎたり難しすぎたりで途中で止めてしまうのはかえって逆効果。受験直前期に慌てて購入して解ききれないのも良くないです。
どちらも、必ず本屋に行って自分の目で内容を確かめてから買うようにしてほしいと思います。
【英語(筆記)】おすすめの参考書・問題集
9割とれる! 英語のアクセント・発音攻略法
【英語(筆記)】参考書・問題集の活用法
センター試験対策として使っていました。発音・アクセントは配点は低いですが、他の受験生があまり対策してこない分ここをしっかり取っておくと満点を狙え、最悪読解を落とした分を救ってくれます。
秋頃からセンターの過去問を解きつつ、併用していました。
頻出順に載っているので、やればやるだけ過去問で見たことのある問題が増え、安定した点数が取れるようになりました。また、内容がシンプルなので見やすく、使いやすかったです。
【国語】おすすめの参考書・問題集
源氏物語を3日で極める
【国語】参考書・問題集の活用法
冬頃から、源氏物語の内容が完全に入っていなかったので、読み始めました。
中は文章と漫画で成り立っているので、読みやすくストーリーを理解しやすいです。
たくさん出てくる女性がわかりやすく紹介されていて、実際に問題演習でその名前を見たときに、この人はこういう生い立ちでこういう人生を送った、とスラスラ出てくるようになりました。
【地歴・公民】おすすめの参考書・問題集
実力をつける日本史100題
【地歴・公民】参考書・問題集の活用法
夏頃、ある程度の知識が入った状態で使い始めました。
知識の定着をはかる、また少し難易度の高い問題に触れるのに最適です。
また、解説がとても詳しく、更に発展した内容なども載っているので、一冊しっかりやりこめば過去問が解けるようになってくると思います。
予備校の講習
予備校の講習を受講しましたか
受講した
夏期講習を受講した主な目的
学習ペースを身につける・維持するため
基礎固めをするため
得意科目を強化するため
夏期講習の講座を選ぶ際に重視したポイント
基本自分が今まで習ってきた講師の講座を取るようにしました。国語などは、別の先生に無理に習って今まで積み上げてきた解法を壊してしまったりするのが怖かったので、特に講師を意識しました。
また、苦手科目だった日本史は応用力をつけるのにはまだ早いと思い、大学別の講座は取りませんでした。
自分の今のレベル、足りないものをしっかり見つめて講座は選ぶべきです。自習時間も確保しなければいけないので、無闇やたらに講座を取ることはしませんでした。
河合塾の夏期講習のうち、受講してよかったと思う講座
早大現代文
夏期講習を受講する際のアドバイス
予習復習の徹底。夏期講習はタームごとの短期型なので、特に復習を溜めると夏後半どんどんきつくなっていきます。自習や他教科の勉強に追われて最悪復習しないまま秋に突入することになってしまします。
また、予習はそのタームが始まる前に5回分一気にやってしまうととても楽です。
あと、同タームの校舎間の移動はなるべく避けたほうがいいと思います。疲れますし、勉強時間が移動時間で潰れるのは勿体無いです。
冬期・直前講習を受講した主な目的
2学期までに学んだことを復習するため
得意科目を強化するため
応用力を鍛えるため
2次・私大対策のため
本番に近い形式で演習するため
冬期・直前講習の講座を選ぶ際に重視したポイント
大学別の講座を取った上で、自分が強化したい科目の応用力養成のような講座を取りました。
冬期、直前はいかに点数に繋げるかなので、もちろん基礎もおろそかにはできませんが、難易度の高い問題を解いて、試験本番をイメージできるようにしました。
河合塾の冬期講習のうち、受講してよかったと思う講座
早慶大日本史
河合塾の直前講習のうち、受講してよかったと思う講座
早大現代文
冬期・直前講習を受講する際のアドバイス
大学別の講座を取った上で、自分が強化したい科目の応用力養成のような講座を取りました。
冬期、直前はいかに点数に繋げるかなので、もちろん基礎もおろそかにはできませんが、難易度の高い問題を解いて、試験本番をイメージできるようにしました。
模試の活用
模試を受けましたか
受けた
模試の復習をしましたか
した
いつ復習をしましたか
成績表が返却されたとき
マーク系模試の復習方法・アドバイス
正解の中でも、勘で当たった問題とそうでない問題を試験を受けた時にチェックをつけておき、必ず模試の時の自分の実力で解けなかった問題を解き直しました。
時間があるならば、もう一度全部解き直すのが理想だが、最低でも間違えた問題は解き直して次に絶対ミスをしないようにしました。
模試直しノートは絶対に作っていつでも見直せるようにしましょう。
記述系模試の復習方法・アドバイス
英語の長文和訳など、単語がわからなくて間違えたのか、文構造を理解していなくて減点されたのか、自分が間違えた理由をしっかり分析しました。
それを踏まえて、単語帳をやりこむのか、構文をさらい直すのか、両方やるのか方針を立てました。
模試はあくまでも自分の弱点を見つけるために受けるので、甘く雑にやらないようにしました。

受験生活について

高校生の頃の部活動
高校の時、部活動に参加していましたか
参加していた
部活動名
吹奏楽部
いつ頃まで部活動に参加していましたか
3年生の1学期まで
部活動と勉強を両立させるためのアドバイス
部活と勉強の時間を完全に分けて考えること。部活の時は勉強のことは考えず、勉強している時は部活のことは一切考えないようにしていました。ただ、両立は本当に難しいです。私は1,2年のときはかなり部活の方に偏ってしまっていて、3年の時にその分を取り戻すのに苦労しました。3年になってからは部活の顧問や部員にお願いして、塾優先のスタイルを認めてもらっていました。辞めたくないのであれば、相談して融通してもらうことも一つの手だと思います。
夏休みの過ごし方
1日あたりの勉強時間
10時間
夏休みは何を中心に学習しましたか
各教科・科目の基礎固め
夏休みの主な学習場所
学校
夏休みの学習スタイル
昼型
夏休みの過ごし方についてのアドバイス
まず夏休みが始まるまでに、何の教科をどういう風に勉強するかざっくり決めて、毎週末に、その次の週一週間の計画を立てていくことをオススメします。最初に約40日分のスケジュールをびっしり決めてしまうと、達成できなかった瞬間にすべて崩れてやる気を失います。予備日や息抜きの時間も設けた方が効率がいいです。
また、私は学校の自習室を主に使っていました。塾の自習室もいいですが、なにしろ混み方がすごいので、講座がもう終わったり、元々無いタームの時は座席をしっかり確保できる保証がある場所で勉強した方がいいと思います。塾の自習室前で空きを待つことほど無駄なものは無い気がします。
スランプ脱出法・リフレッシュ法
受験生の時、スランプはありましたか
あった
スランプを感じた時期
1月以降
スランプの状況
やる気がなく、モチベーションが上がらなくなった
克服方法
私はセンター試験の結果が悪くもなく良くもなく、といった形で、センター利用もある程度は取れたことで、変に余裕が生まれてしまって、モチベーションが著しく下がってしまいました。
ただ、直前講習で本番を想定した問題に取り組んだ時に全く手応えを感じることができず、自分の今の状況を知ることで、もっと勉強しないと落ちると追い詰められた結果、最後までやりきることができました。
おすすめのリフレッシュ法
ずっと机の前にいると気が滅入るので、友達と話したり、近くを散歩するのが良い。散歩も、別に外に出なくても、塾の校舎内をぐるっと一周して、掲示物を見たり窓の外を見たりするだけでも全然違う。
受験時の宿泊
宿泊を伴う受験校数
回答なし
受験直前期の過ごし方
息抜き方法についてのアドバイス
回答なし