河合塾の大学入試情報サイト

叡啓大学(えいけいだいがく)

叡啓大学

2021年4月開学予定。
世の中を生き抜くための土台を学び
未来を“(ひら)く”力を身につける。

10年後、20年後の社会を想像してみましょう。
きっと、私たちがイメージしているよりもずっと世の中は大きく変化しているはずです。
そんな時代を生き抜くための土台・基礎を身につけ、人生を通じて学び続ける力と姿勢を育んでいける場所。
それが、2021年4月に広島に新設される県立大学「叡啓大学」です。

CHECK!叡啓大学がめざすもの

JR広島駅から徒歩10分。市街地にありながら静かで、教育・研究に適した利便性の高い場所に誕生する叡啓大学。ここで身につくのは、経済・社会・環境を巡る様々な課題に対して、経済的価値と社会的価値を同時達成できるような統合的な解決策を立案できる力です。そのために大切なのは、本質的な課題を発見できる「先見性」、解決策を自ら提案する「戦略性」、リーダーとして最後までやり抜く「実行力」、高い志を持って常に学び続ける「自己研鑽力」、そして、多様性を尊重し、他者と協働する「グローバル・コラボレーション力」の修得です。それら5つの力を養い、社会にイノベーションを起こす人材の育成を目指します。

コンピテンシー(資質・能力)
[クリックして図を拡大]

CHECK!「修得」と「実践」のカリキュラム

「ソーシャルシステムデザイン学部 ソーシャルシステムデザイン学科」では、これからの持続可能社会の構築に向けて「Peace」「Partnership」「People」「Prosperity」「Planet」の5つのPを学びの軸として様々な分野を学びます。また、日英2言語での授業の開講や4人に1人が留学生となる環境など、英語のシャワーに触れる日常が送れるのも特徴です。「1クラス25人の少人数教育」「主体的に学べる100分授業」「ひとつの授業に集中して取り組める2コマ連続授業」の3点を主軸に、多様なキャリアを持つ教員陣とともに、変化の激しい時代を生き抜くために大切なことを学びます。

修得した知識を学内・学外で実践する場も設けています。具体的には、課題解決演習(PBL)をカリキュラムに導入し、1年次では「課題解決入門」で自分に必要な知識やスキルを自覚。2・3年次では、企業などから提供された課題の原因を探求し、解決策の提案までを行う演習に複数回取り組みます。さらに、海外インターンシップや海外ボランティアなど、国外での活動で多彩な可能性を広げる体験・実践プログラムがあるのも特徴です。

CHECK!学びに集中できる学修環境

叡啓大学は広島市内中心部にキャンパスを構えます。周囲にはたくさんの企業があり、多様な主体と連携しやすいため、質の高い学修プログラムが用意されているのも魅力です。

アクセスマップ
[クリックして図を拡大]

英語カフェ

授業以外の時間でも英語に触れることができるよう、英語ニュースが常時流れ、海外の雑誌が充実しています。留学生の出身国の情報や広島での生活情報なども掲示されているので、学生同士の交流を深める場としてもおすすめです。

英語カフェ

学生寮

キャンパスの5階層分は国際学生寮。学びと生活が一体化した環境で、言語・文化が交差する多様な価値観の中で切磋琢磨し合えます。部屋の種類は約80室の個室のほか、2人用・3人用の部屋をそれぞれ5室用意。国境を越えた生涯にわたる友情が育めるかもしれません。

英語カフェ

CHECK!キャリア形成支援

入学直後におよそ1週間かけてジャンプスタートワークショップを実施。学生が入学までの生活や学習を振り返り、将来のキャリアプランやライフプランについて考える機会を提供。また、このワークショップで実施する集中講義で、社会課題に対する当事者意識を醸成します。

叡啓大学

問い合わせ先
新大学設置準備センター
〒730-0031
広島市中区紙屋町1-1-17
広島ミッドタウンビル11階
TEL:082-544-2225
Email: eikei-u-pr@pu-hiroshima.ac.jp
叡啓大学

注目の大学一覧へ戻る

PAGE TOP