河合塾の大学入試情報サイト

金沢大学

金沢大学

文理融合の知識を基に社会変革をリードする「融合学域 先導学類」2021年4月開設。

変化の激しい現代社会では、学問分野を問わず幅広い知見を備えた「社会変革を先導する中核的リーダー」となる人材が不可欠です。金沢大学では、イノベーションの創成をリードする社会変革人材の育成をめざし、2021年4月、融合学域先導学類を設置します。

CHECK!文理融合プログラムで柔軟に学び、専門知識を身につけるカリキュラム

「社会変革を先導する中核的リーダー」を育てるために、融合学域先導学類では、3つのコアエリアと2つの探求エリアによる学修で、基礎を体系的に学びながら、先鋭的な学びも横断して学修できるカリキュラムを用意しています。

「社会循環」「世界共創」「科学創発」の3つのコアエリアの配置科目を並行学修し、未来の課題を幅広く学んだ後に、自分自身の課題の方向性を決定。そして、オーダーメード型の履修指導に基づいて、「環境・社会」「人間・自然」の探求エリアのフィールドを往還的に学修(バックキャスティング学修)しながら、自分の課題の方向性に沿って様々な分野を探求します。

片寄りのない文理融合プログラムのもと、学生は自らの志向に合わせて最新の知見や科学技術を広く深く学ぶことができます。

バックキャスティング学修図
[クリックして図を拡大]

CHECK!分野融合型教育とアントレプレナーシップ教育の体系的な科目群

融合学域先導学類では、新たな「知」の創出に向けた分野融合型教育と社会への展開を見据えたアントレプレナーシップ教育を体系的に行う教育システムが特色です。たとえば専門科目である先導鍛錬科目では、国際インターンシップと海外留学のいずれかを必修とすることに加えて、プロジェクト実践型演習を課すことで、ダイバーシティ環境や多様な条件下での最新の知見や他者と共創することを学びます。また、学生自らが企画・立案して、現実社会のシステムや制度、未来の課題を対象として、自由な発想で教員や学外者とともにアプローチし、実践的に学ぶこともできます。

融合学域先導学類で学ぶ科目
[クリックして図を拡大]

CHECK!未来の課題に取り組み、社会変革を起こす力を培う学び

seminar

1年次は、同大学独自の人材育成基準である「金沢大学〈グローバル〉スタンダード(KUGS)」に基づいて、共通教育科目を中心に学修することにより、常に恐れることなく、現場の困難に立ち向かっていける能力・体力・人間力を養います。

2年次以降は、必修であるアントレプレナーインターンシップ、海外実践留学、国際インターンシップなど、国内外への派遣により、社会に飛び出して多くの経験を積むことで実践力を身につけます。特にアントレプレナーインターンシップでは、産業界と連携することで、学内外で起業家精神や実践手法などを学びます。

3年次半ばから4年次には、身につけた知見を連携・融合することで、学生自身で設定した問題を解決することに加え、インターンシップによる実証実験、社会実装プロジェクトの立ち上げなどに挑戦できます。現実社会のシステム・制度、学生自らが企画・立案した未来の課題とその解決について、自由な発想で教員や学外者とともにアプローチし、より実践的に学んでいきます。

KUGS
[クリックして図を拡大]
seminar

金沢大学

問い合わせ先
金沢大学 学務部入試課学生募集係
〒920-1192
石川県金沢市角間町
TEL:076-264-5162
金沢大学

注目の大学一覧へ戻る

PAGE TOP