河合塾の大学入試情報サイト

成蹊大学

成蹊大学

あなたの未来を輝かせるために。
2020年、成蹊大学は進化します。

2020年4月より新学部や新プログラムなどがスタート。
何が起こるかわからない社会で生きていくために学生一人ひとりが力を研ぎ澄ますことのできる、未来の学びのカタチを届けます。

CHECK!全学年・全学部が集う「ワンキャンパス」

都心からほど近く、武蔵野の自然を色濃く残す東京・吉祥寺に成蹊大学のキャンパスがあります。
この1つのキャンパスで文系・理系すべての学生が4年間を過ごすので、所属学部・学年を超えた幅広い人間関係を築くことができます。
ワンキャンパスの強みを生かし、全学部共通の「成蹊教養カリキュラム」や「副専攻制度」、「丸の内ビジネス研修(MBT))」「EAGLE(グローバル教育プログラム)」といった、専門の異なる学生と意見を交わし協働する学びが展開されているのが特長です。
またスポーツ施設や学生会館も一つのキャンパス内にそろっているため、クラブや行事などの課外活動と学業を両立しやすい環境が整っています。

ワンキャンパス

CHECK!2020年4月 新しく2学部3学科が誕生

今までの経済学部を刷新し、「経済学部経済数理学科」「経済学部現代経済学科」「経営学部総合経営学科」が誕生しました。
より専門性の高い学部学科構成となり、新しいリベラルアーツ教育とグローバル教育を取り入れた教養カリキュラムが導入されています。

経済数理学科では、経済学・データ解析学の専門家として社会を正しくリードできる人材の育成を目指します。そのために、データ収集・解析のための統計的思考力とプログラミング技能を修得し、経済現象や社会問題の本質に迫ります。

現代経済学科では、経済学の知識をベースに、フィールドワークなど実践的な活動で学びを深め、地域社会や国際社会の問題を解決する術を身に付けていきます。

総合経営学科では、理論的科目だけでなく実務的・実践的な科目が豊富に配置されています。理論と実践を「車の両輪」とし、組織や世界で活躍するために必要な能力や知識の修得を目指します。

新学部

CHECK!グローバル教育プログラム「EAGLE」がスタート

2020年4月より、実践的な英語力の強化から、留学、帰国後のキャリアデザインまで一貫してサポートを受けられるグローバル教育プログラム「EAGLE」が新たに始まります。
一般選抜で「2教科型グローバル教育プログラム統一入試(G方式)」を受験し、選抜された30名の学生が、学部学科に所属しながら少人数の授業でグローバルに学ぶ、学部横断型の特別プログラムです。
企業をはじめ様々な組織で国際化を牽引できる人を目指し、ビジネスや実社会で求められる実践的なスキルを磨いていきます。
TOEFLやIELTSのスコアアップを目指す留学準備、留学時に奨学金給付などの経済支援、帰国後はEAGLE専用の「グローバル・キャリア・デザイン科目」が用意されているなど、留学前から帰国後のキャリア設計まで手厚いサポートを受けることができます。
また1年次夏休みの英国ケンブリッジ大学短期留学をはじめとする、各種の中長期留学も用意されています。

EAGLE

CHECK!マルチな専門性を身に付ける「副専攻制度」

2020年度より、自分の興味関心やニーズに沿った学修が進められる「副専攻制度」が設けられます。
人文科学、社会科学、情報分野など16の副専攻があり、所属学部で専門性を高めながら、さらに別分野の専門性を身に付けられるチャンスになります。たとえば、以下のような組み合わせが考えられます。

  • 経済学部に所属しているが公務員試験のために法律の知識を身に付けたい→「経済学部+法律学副専攻」
  • 法律の学習に加えて、人間の行動の背景にある心理や思想についても知りたい→「法学部+心理学副専攻」
  • 経営学だけでなく、世界各国の歴史や政治経済にも興味がある→「経営学部+歴史文化学副専攻」
  • 文学部で学んでいるがITの知識や技術も身に付けたい→「文学部+総合IT副専攻」
  • 理工学部で学んだ技能を生かして将来はビジネスを展開したい→「理工学部+経営学副専攻」

このように、自分だけの学びをデザインすることができます。

成蹊大学

入試問い合わせ先
成蹊大学 アドミッションセンター
〒180-8633
東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1
TEL:0422-37-3533
成蹊大学

注目の大学一覧へ戻る

PAGE TOP