河合塾の大学入試情報サイト

合格をつかむ!1年間の過ごし方

受験生になり、「さぁ、勉強するぞ!」と意気込んでいる人も多いと思います。しかし同時に、「受験勉強って何から手をつければいいの?」という人もいるでしょう。受験に向けて1年間でやるべきことをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。来春の志望大学合格を一緒に目指しましょう!

受験生になったらまずやりたいこと

STEP1志望校を考える

まだ受験の実感がわかない頃かもしれませんが、志望校を具体的に想定し始めましょう。そうすることで、受験科目や出題範囲を把握でき、学習計画が立てやすくなります。
志望校検討に必要な各大学の詳細は、「大学検索システム」で確認することができます。

STEP21年間のスケジュールを把握する

長いようで短い1年間。漫然と勉強するだけでは、あっという間に時間が過ぎてしまいます。学校行事に思いのほか時間を取られることもあるでしょう。「My Study Plan for Success」を使い、「何をいつまでにするのか」を明確にしながら、1年間を計画的に過ごしましょう。

My Study Plan for Success を完成させよう

「My Study Plan for Success」には、学校行事や入試、模試の予定と学習計画が1枚に書き込めます。この模試までにこの範囲まで学習しようなど、行事に合わせた自分だけの学習計画を作りましょう!

My Study Plan for Success の使い方
入試関連スケジュール、模試の日程を記入する
学校行事(定期テスト、体育祭など)を記入する
受験科目ごとの学習スケジュールを記入する
POINT
模試や定期テストを学習の指標にするのがおすすめ!
POINT
無理のないスケジュールを組むのが継続のポイント!
毎月の学習を振り返り、達成度を記入する
POINT
遅れが生じたときは、スケジュールを見直そう!

1~4の項目を書き込める「My Study Plan for Success」をご用意しました。印刷してぜひご活用ください。

My Study Plan for Success サンプル

1学期&夏休み(4月~8月)

基礎力をつける

この時期は基礎力定着に徹しましょう。入試で合格点を取るには基礎問題で確実に得点する必要があります。また、応用レベルの問題を解くにも、土台となる基礎事項の理解が不可欠です。

まずは教科書に書かれていることをしっかりと理解し、教科書の例題や基本的な問題集が解けるよう学習しましょう。あわせて、英語や古文の単語や文法のように、覚えるべきものの学習にも取り組みましょう。

河合塾では

河合塾のテキストは、繰り返し学習することで確実に学力が身に付く問題が厳選されています。どのような教材を使えば基礎力を付けることができるかなど、河合塾の授業では迷う必要がありません! 今後の大学入試制度でより重視されるようになる「思考力、判断力、表現力」も身につくカリキュラムで受験生をサポートします!

苦手を発見し、克服する

自分の苦手、見過ごしていませんか? 苦手があると、苦手分野の大問をまるまる失点してしまった、なんてことにもなりかねません。早い段階での苦手克服を目指しましょう。苦手意識はなくても、「いつもここで間違える」という“隠れ苦手”を持っている人も多くいます。模試などの結果を振り返り、“隠れ苦手”を残さないようにしましょう。

夏休み~基礎力固め、苦手克服のラストチャンス~

受験の天王山と言われる夏休み。夏休みが終わると、これまでの学習の総復習や苦手科目にじっくり取り組む時間はとれません。やり残しがないよう、あらかじめ学習計画を立て、有意義に過ごしてください。夏のがんばりが秋以降の成績の伸びにつながります。

他にも… 総合型・学校推薦型選抜の受験予定がある場合は、出願締切等をチェックしておきましょう。

河合塾では

基礎力固め、苦手克服、既習範囲の復習など、やることが盛りだくさんの夏休み。一人で計画を立てていても、なかなか手が回らず、結局何もできなかったという声も…
重要なポイントが凝縮された河合塾の夏期講習で、効率よく勉強しよう!

先輩の声 上手な気分転換の方法を教えてください

東北大学 工学部 1年 おっくー特派員
私は二か月に一回は必ず丸一日休みを取りました。その日は全く勉強をしないで自分の好きなことをする日にしました。映画を見たり、サイクリングをしたりして、勉強とは一切関係のないことをしました。メリハリをつけることで、日々の勉強に集中でき、休みの日は思いっきりリフレッシュできました。
東京医科歯科大学 医学部 1年 ここなっつ特派員
私はわからない問題を学校の先生に質問しに行ったときに、たわいもない会話を先生方とするのが好きでした。自分の疑問点も解消できるうえ、リフレッシュにもなって効果的でした。一方で、休憩にスマホをいじってしまうと、思っていた以上に時間を使ってしまい、後悔することが多かったです。罪悪感のない気分転換の方法を早いうちに見つけておくとよいと思います。
青山学院大学 教育人間科学部 1年 フィル特派員
終わりが見えるものをやったほうがいいです。スマホをいじると、だらだらしてしまうので…。毎日夜にお弁当箱を洗いながら音楽を聴くのが、無心になれて、いい気分転換になっていた気がします。

2学期(9月~11月)

応用力をつける

この時期は、夏までに養った基礎力を土台に、入試レベルの問題に対応できる応用力を身に付けます。問題演習を通して、これまでインプットしてきた知識・解法をアウトプットする練習をしましょう。また、志望校の過去問を確認し、どのような形式・レベルの問題で合格点を取る必要があるのかを把握しながら学習を進めるとよいでしょう。

他にも… 共通テストの出願時期です。各大学の募集要項も取り寄せを開始しましょう。

河合塾では

河合塾では、チュートリアルや個人面談を通して、一人ひとりに最適な学習指導や入試情報を提供します。この時期であれば、例えば夏の学習状況の確認、2学期以降の学習計画など、気軽にチューターに相談することができます。

模試を積極的に活用する

模試は学習の成果を試す絶好のチャンスです。雰囲気も入試本番に近いため、本番で思い通りの実力を発揮する練習にもなります。この時期には模試が多く実施されるので、ぜひ積極的に活用しましょう。模試を受けることで、「出題範囲の学習をこの日までに終わらせる!」という具体的な目標を立てることもできます。

他にも… 遠方受験をする予定がある場合、宿の手配は早めがおすすめです。

先輩の声 スランプに陥ったとき、どのように克服しましたか

東京外国語大学 国際社会学部 1年 N.T.特派員
マーク模試の点数に、「そもそも二次に進めないのでは」という不安を抱き、チューターさんに話を聞いてもらいました。漠然とした不安を言葉にすることで、自分を客観的に見つめることができました。また、講師の方々に勉強のやり方について相談しアドバイスをいただくなかで、「結果が出るのにはもう少し時間がかかるけど、今やっていることを続けることが大切」だと思えるようになってからは、勉強に集中できるようになりました。勉強の成果を感じられるようになったのは、入試直前の12月末なので、今結果が出なくても焦らずに「正しい」やり方を「続ける」ことが大切なのだと思いました。
大阪市立大学 文学部 1年 かんぱち特派員
国語の記述問題は比較的得意だと思っていたのですが、ある日今までの解き方がわからなくなって突然解けなくなり、とても焦りました。国語の先生に相談したところ、過去に解いてしっかり解説を聞いた教材を再度解いてみると良いと言われ、実際に何度かやってみたところ、少しずつ解けるようになりました。基本や今までの教材に立ち戻ることも大切だと感じました。
日本大学 法学部 1年 K.M.特派員
浪人していた頃は、現役の頃に全落ちしたこともあり、このままで本当に大学生になることはできるのか、とても不安になりました。その時支えてくれたのは河合塾でできた友人です。お互いたまっていた不安や悩みを昼食をとりながら話して共感しあいました。誰かに話すだけでも気持ちは軽くなるものです。受験においてはライバルであっても、同じ境遇の人とは分かり合うことができるので、切磋琢磨してスランプを乗り越えました。

3学期(12月~3月)

実戦力をつける

入試本番で最大限力を発揮するための、実戦力を磨きます。時間配分を意識して過去問を繰り返し解くなど、最終調整を行いましょう。入試直前期でも、必要なときには基礎事項を確認するなど、試験場には確実な知識を持っていくようにしましょう。

河合塾では

共通テスト、国公立2次・私立大試験対策はバランスよく行うことが大切です。
河合塾の冬期・直前講習なら、共通テスト対策と2次試験対策の両方に取り組める講座をご用意しています。

志望校・併願校の最終決定

私立大であれば冬休み中に、国公立大も共通テスト受験後すぐに出願校を決定しなければなりません。「受験校決定のポイント」を参考に、万全の態勢で第1志望校に臨める受験校選びをしましょう。

なお、直前に募集要項等の必要書類を準備していては、出願に間に合わない可能性があります。少しでも出願を考えている大学については、早めに出願の手続き方法について確認しておきましょう。

先輩の声 直前期に効果のあった学習法を教えてください

東京大学 文科三類 1年 雨月特派員
受験前は演習と復習に徹しました。残しておいた過去問数年分を解きつつ、間違えたところ、記述し切れていないところなどを重点的に復習しました。復習にあたっては、それまで使ってきた問題集の該当部分を再度解き直し、自分の理解度がわかるように◯、△、×などの印をつけて、理解度の低いところはさらに繰り返して解き直しました。
岐阜大学 工学部 卒業 Y.W.特派員
問題一つに対して制限時間を設けました。難しい問題は、ついつい解ききりたいと時間をかけますが、時間は有限ですから、時には問題を切り捨てる勇気も必要です。なので、できる問題かどうかを見極めるためにも時間を区切って解いていました。
北里大学 理学部 4年 じょてい特派員
今までやってきたことを繰り返すような勉強です。この時期に新しい問題を急に解いたり、問題の難易度を上げたり、新しい参考書を購入したりすると逆に焦りを生んでしまいます。それよりかは今までやってきた勉強を繰り返す、基礎的な部分に戻るほうが知識をより定着出来ますし、効率も良いと思います。

最後に

受験生としての1年間は、成績の伸びを実感することもあれば、ときには成果が思うように出ないこともあり、一喜一憂の日々かもしれません。しかし、毎日少しずつ前進することで、最終的には大きな結果を生み出すことができます。

試験当日に、「これだけ勉強したから、大丈夫。」と自信を持って臨めるよう、納得のいく1年間を過ごしてください。Kei-Netはみなさんを応援しています!!

PAGE TOP