河合塾の大学入試情報サイト

模試受験大作戦 模試受験時に気をつけたいこと

模試受験時に気をつけたいこと

試験時間を意識して受験に臨もう

受験当日は、模試だからといって気を抜かず、本番と同じ意気込みで臨みましょう。誰もが経験しがちなケアレスミスや、試験後の「本当はもっと得点できた」は模試だけで済めばよいのですが、本番の入試でも往々にして起こりがちです。こうしたミスを減らすことも模試を受ける目的です。模試のときから心掛けて、本番に備えましょう。

また、試験時間が限られた模試では、時間をどのように使うかをシミュレーションする絶好の機会です。全ての問題を試験時間内に解答して、しっかりと見直すことがいつもできるとは限りません。むしろ、「時間が足りない!」と感じることの方が多いのではないでしょうか。こうした模試を通して、自分なりの時間配分が行えるようにしたいものです。その第一歩として、試験開始時に必ず一通り問題に目を通し、大体の時間配分を考えることを習慣づけてください。明らかに時間が足りなそうであれば、出来そうな問題から手を付けていく必要があります。

受験中に余裕があれば、あとで見直しをしたい問題に印を付けておきましょう。また、模試を受けているときに「こうしておくとよい」など気づいたことがあれば、休み時間を活用して忘れないうちにメモしておくのもよいでしょう。模試は弱点克服のために受けていることを意識して臨んでください。

共通テスト対策の模試は必ず自己採点を

共通テスト対策用の模試では、必ずマークシートを丁寧に塗りましょう。また、共通テストでは、試験後に公表される正解と配点を見て自己採点をする必要があります。国公立大は共通テストの自己採点を基に出願校を決定しますから、自己採点のミスは致命的です。模試でも問題用紙に必ず自分の解答をメモしておき、自己採点を行いましょう。

模試でマークシートを丁寧に塗り、解答をメモしながら問題を解くことに慣れておかないと、本番でペースを崩しかねません。常に本番を想定しながら受験することが重要です。

その日のうちの振り返りが大事

模試の受験を通して最も大切なのが、受験後の振り返りです。例えば、解く時間が足りなかった人は、より速く正確に問題を解く練習や時間配分を見直す必要があります。弱点分野がハッキリ分かった人はそこを集中的に勉強して克服していきましょう。

こうした振り返りを行うために、次のことを実践してください。

試験が終わったら…

  • 1.共通テスト対策用の模試は自己採点
  • 2.時間が足りずに手をつけられなかった問題に挑戦 → 解答を見て自己採点
  • 3.「解答・解説集」をもとに模試の問題を見直す
    間違えた問題や分からなかった問題について理解する

答案が返ってきたら…

  • 4.共通テスト対策用の模試では自己採点結果と付け合せて自己採点が合っているかを確認
  • 5.間違えた箇所について原因を分析する
    改めて理解していないと感じたところは「解答・解説集」に戻り確認をする
  • 6.分からなかった問題や自信がない問題などを優先し模試の問題に再挑戦する

1は必ず試験当日に行いましょう。2,3も試験当日か遅くとも受験後数日のうちに取り組みたいものです。模試の答案が返却されないと、間違えた箇所が分からないなど確認が出来ないことがありますが、答案が返却されるまで数週間かかる場合があります。返却前にできることは、模試受験後の早い時期に取り組んでおきましょう。

模試の答案が返却されたら、間違えた箇所の確認と復習をしましょう。 4 以降が、具体的に取り組んでほしい項目です。

間違えた箇所については、ただ知識がなくて解けなかったのか、焦ってケアレスミスをしてしまったのかなど、間違いの原因を把握しましょう。

全ての問題を解き直す余裕はなかなかないと思います。6のように優先順位を付けて見直しをしましょう。解き終わった後は答え合せをして、分からないところやあやふやなところをなくすように努力してください。

河合塾では、全統模試受験者を対象に全統模試学習ナビゲーター『模試ナビ』を提供しています(利用料無料)。“河合塾講師”による解説講義動画を視聴することができます(一部科目を除く)ので、うまく活用してより質の高い復習をしましょう。

模試は重要問題の宝庫です。河合塾の全統模試で扱われる問題は、類似問題が本番で出題されることがよくあります。分からなかった問題はノートにコピーを貼るなどして、いつでも復習できるようにしておくと便利です。模試で解けなかった問題をノートにまとめていけば、自分だけのオリジナル問題集になります。英単語や古文単語で意味が分からなかったものは、自分の単語帳に加えましょう。

このように、模試はやってしまいがちなミスや弱点分野を自覚し、繰り返してミスしたり間違えたりしないようにするためのものです。入試本番の予行演習の意味を込めて、ぜひ一つ一つの模試を大事に受けてください。

模試の復習法について、Kei-Net特派員に聞いてみました。
見事大学に合格していった先輩たちの復習法。ぜひ、参考にしてください。

マーク式模試の復習法

得意科目は間違えた問題や難しかったところを重点的にやり直しました。苦手科目は分野ごとに分けて、時間制限を設けずにゆっくり解き、理解できるようになるまで参考書や問題集の類題を参考に取り組みました。記憶がまだ新しい模試終了後一週間~二週間のうちに解きなおし、成績表が返却される頃にまた復習することでできなかった問題をできるようにする、という目標を立てていました。(大阪大学 文学部 1年 ちせ特派員)

マーク模試を受験した後、解答を見ずに時間無制限でもう一度考え直すことを徹底しました。時間内に解き切ることはもちろんなのですが、初期の段階では無制限ならどれくらい解けるのかを理解することも自分の力を把握する重要なポイントです。その上で、解ける問題も含めて1から丁寧に復習することをお勧めします。世界史においては、誤文の選択肢のどこが誤っているのか、現代文においては本文の丁寧な読解など、科目ごとに復習の方法を少し変えていました。(慶應義塾大学 環境情報学部 1年 とびっこラブい特派員)

記述解答式模試の復習法

記述の英語は、全ての長文で1度全体の和訳をしてみると、必ず引っかかるところが出てきて、大抵その部分に纏わる問題があると間違えている可能性があります。また英語長文は引っかかる文の品詞分解もしました。国語では、解説を熟読し、答案作成の方法を身につけるように何度もやり直しをしました。(愛知県立大学 外国語学部 1年 S.H.特派員)

記述系模試は添削が丁寧なので、その丁寧さを活かした復習が大切です。まず、返却されたら採点基準が書かれた冊子を片手に自分の答案を見直しましょう。そうすることで自分の詰めの甘さが実感できます。特に英作文などのやり直しは先生に添削してもらうのがいいと思います。(大阪府立大学 生命環境科学域 1年 Lemon特派員)

数学が苦手であったため、模試が終わったらすぐに解説を読んで自分がどこまで解けたのか確認を行いました。次に、授業で扱った類題が出題されたときは必ず授業ノートを見直しました。そのうえで、模試の問題を模試の復習用のノートに解きなおしました。英語や国語の記述はどこの文を根拠に自分が解答を作ったのか、模範解答はどこを根拠にしているのか必ず確認しました。また、模範解答は一つの例に過ぎないので、自分の作った解答でよいか判断ができないときがあると思います。その時は積極的に先生に添削を受けに行きました。(山形大学 人文社会学部 1年 ぺペンギン特派員)

模試受験大作戦

PAGE TOP