河合塾の大学入試情報サイト

高1・2生のうちにやっておくべき5つのミッション!

高校受験が終わり、ほっとしているそこのキミ! “大学受験”は今日も刻々と近づいています。高校3年間を有意義に、そして志望大学合格という栄冠を勝ち取るために、高校1・2年生のうちにやっておくべきことを確認しましょう。

まずは、高校1年間の流れを確認しましょう。
高校1年間の流れ高校1年間の流れ

高校によって、行事スケジュールの違いはありますが、高校生活は、部活に文化祭に勉強に大忙しです。そんな充実した毎日の中で、自分の将来について少しずつ考え、大学受験の準備をしていく必要があります。

ここでは高校1・2年生のうちにクリアしておきたい5つのミッションを紹介します。

  1. MISSION 学習スタイルを定着させよ!
  2. MISSION 文理を選択せよ!
  3. MISSION 苦手と向き合え!
  4. MISSION 大学入試の仕組みを理解せよ!
  5. MISSION “五感”を使って大学・学部研究をせよ!
  6. LAST
    MISSION
    大学受験を意識した勉強をせよ!

MISSION1学習スタイルを定着させよ!

高校の授業は中学よりも授業進度が速く、内容も難しくなっています。授業の内容についていけず「お手上げ!」とならないために、1年生の早い段階で学習スタイルを定着させましょう。

学習スタイルの基本は、[ 予習 ]→[ 授業 ]→[ 復習 ]です。まずは、予習をして、自分がわからない箇所がどこかを明らかにしたうえで、授業に臨みましょう。そうすることで、自分が聞かなければならない箇所に特に集中して、授業を受けることができます。そしてなにより復習をすることで理解度を確認し、さらに知識を定着させることが大切です。もし理解できていない箇所があれば、先生に質問しに行くなどして、できるだけ早く解決しておきましょう。

自分が理解できていなかった箇所は、1週間後に再度復習をするとより効果的です。部活動が忙しく、その日のうちにできなかった場合は、週末に補うなど自分にあった学習スタイルを確立しましょう。

河合塾では

河合塾の授業の基本も、[ 予習 ]→[ 授業 ]→[ 復習 ]です。テキストも、この流れに沿って学習できるよう構成されているため、テキストと授業の相乗効果で学習スタイルの定着が図れます。

先輩の声 部活動と勉強を両立させるためのアドバイス

東北大学 経済学部 1年 ぴ~ちゃん特派員
部活動があるからこそ生活リズムが整ったり、メリハリが生まれ、勉強に短時間でも集中して取り組めると思います。疲れていたら仮眠して良いと思いますが、ベッドに横になって寝ない、アラームをかけるなど時間を無駄にしないよう気をつけて寝て欲しいです。
東京外国語大学 国際社会学部 1年 N.T.特派員
通学時間が往復2時間だったので、授業の復習や小テストの勉強は、バスの中で行っていました。帰宅後は疲れてすぐ寝てしまうこともありましたが、毎日最低でも〇ページは単語帳をやる、と決めノルマ化して、勉強しない日がないように意識していました。部活の友人と帰り道に、その日の授業にまつわる問題を出し合ったのもいい思い出です。お互い同じ忙しさなので言い訳ができない、という緊張感もあって、授業への集中力が増しました。
三重大学 医学部 1年 なっちゃん特派員
部活動をしていると時間の制限がどうしてもありました。しかし、その分、時間の使い方を常に考えながら生活していました。夜更かしはせず12時までには就寝し、朝は空いた時間帯の電車に乗って一番乗りで高校に行き1時間半ほど勉強しました。そうすることで、生活リズムも確立され体調も崩すことなく、高校三年間一度も欠席しませんでした。

MISSION2文理を選択せよ!

文系or理系

多くの高校では、高2生から「文理分け」が行われます。文系・理系どちらのコースを選択するかは、将来大学や学部を決める際に、非常に大きく関わってきます。比較的時間に余裕のある1年生のうちから、学びたい分野について考えてみましょう。

文理選択で大切なことは、「数学が苦手だから」、「国語が苦手だから」といった「苦手」を理由に選択してはならないということです。将来自分が就きたい職業や、興味のある学問が文系、理系のどちらで学べるのか、という観点で考えるようにしましょう。進みたい進路をどう見つけたらよいかわからない、という人は、新聞を読んで、自分が興味のある内容はどういう記事かな?と考えるなど、身近なものから興味のあるものを探すのも有効な手段です。

先輩の声 文系もしくは理系に決めた理由

中央大学 理工学部 1年 来世はグリフィンドール生特派員
環境問題に興味があり、根本から関わるには理系がいいと思ったからです。理系科目が得意だったわけではないけれど、どうしても理系に進みたいんだという意志を固めて選びました。
東京農業大学 応用生物科学部 1年 雨彩特派員
もともと国語が苦手で理科や数学が好きだったので、理系に進もうと、高校入学前から頭の片隅で決めてました。しかし、やりたいことは法律や国際系、語学、栄養学と文系よりのものが多く、入学後に迷いました。結局、周りから「文転はできるけど、理転は難しい」とアドバイスをもらい、理系に進めば文系の学科も視野に入れ続けられると思ったのが決め手になり、理系に進みました。
早稲田大学 文学部 1年 K.H.特派員
将来やりたいことを考えたときに、英語が好きなので、英語を使う仕事がしたいと考えました。また、文系科目の方が楽しんで学べると感じたことも決め手の一つでした。

MISSION3苦手と向き合え!

苦手科目や苦手分野は誰にでもあります。この「苦手」と向き合い、克服できるかどうかが、志望校合格のための鍵となります。国公立大では、受験に必要な科目が「7科目」とかなり多いのが一般的です。高3生になると、理科や社会の暗記にも時間が必要になってきます。英・数・国の主要3教科の苦手は高1・2生のうちに克服しておきましょう。間違えた問題や理解ができていない箇所は、教科書を繰り返し読んだり、先生に質問したりと十分な時間をかけましょう。時間に余裕のある高1・2生のうちに、とことん苦手と向き合いましょう。

河合塾では

苦手科目の克服には夏休みなどの長期休暇が絶好の機会です。しかし、一人で計画を立てていても、なかなか「苦手」を克服することは難しいでしょう。
長期休暇中に開講される河合塾の講習では、重要なポイントが凝縮されており、自分の苦手箇所を効率よく勉強することができます。

先輩の声 苦手科目をどのように克服しましたか

東京大学 文科三類 1年 雨月特派員
基礎の勉強を怠っていた自覚があったので、「基礎的な事項を覚える→実際に問題に取り組む→間違えたところは後日解き直し、解けたら難しいものに取り組む」のサイクルを短い周期で繰り返して、基礎を叩き込むことで少しずつ苦手な部分を解消していきました。まずはなぜ自分が苦手なのかを知ることが重要だと思います。模試などで原因を知った上で、それを克服するにはどうすれば良いか逆算すると良いでしょう。
京都大学 法学部 1年 A.S.特派員
ひたすら反復練習をしました。だまされたと思ってやってみなさいと先生に言われたので、それに従って同じ問題を期間を空けて何回も解きなおしました。反復することである程度問題のパターンもわかってくるし、何より自分の解答を根拠を持って、自信をもって書くことができるようになりました。自信をもって解答を書き上げるのは本番で大事になってくると思うので、ぜひ皆さんにも実践してみてほしいです。
東京理科大学 理工学部 1年 みかん大福特派員
ただその解き方だけを覚えても限界が来るし、二次で応用がきかないので、どうしてその解き方をするのか、何が分かればいいのか、そのためにはどう解いていけばいいのか、を考えて、少しでも出来ることを増やそう!というスタンスでやっていました。苦手科目だからこそ完璧は求めず、少しでも出来る問題を増やそう!どうしても足りない部分は得意科目で補えるようにそちらも強化しよう!という意識で勉強していました。

MISSION4大学入試の仕組みを理解せよ!

大学入試の仕組みや制度はとても複雑です。「国公立大」と「私立大」、「一般選抜(一般入試)」や「学校推薦型選抜(推薦入試)」「総合型選抜(AO入試)」ではそれぞれスケジュールや選抜方法が大きく異なります。それらについて正しく理解し、その後の学習計画を立てましょう。

Kei-Netでは、現在の大学入試の仕組みを、わかりやすく解説しています。ぜひ参考にしてください。

MISSION5“五感”を使って大学・学部研究をせよ!

比較的時間に余裕のある高1・2生のうちに、いろいろな大学について調べ、自分が学びたいと思える大学・学部に出会いましょう。大学のオープンキャンパスに参加したり、興味のある学問に関する研究が行われている大学について調べたり…。自分の目で見て、聞いて、触れて、自分の五感を使って大学・学部研究をしてください。志望校に対する具体的なイメージをもつことは、勉強に対するモチベーションアップにつながります! Kei-Netにも、大学・学部研究に役立つ様々なコンテンツを用意しています。ぜひご利用ください。

LAST MISSION大学受験を意識した勉強をせよ!

河合塾生アンケート
(2020年 春(2019年度塾生)The Longest Year より)
大学受験を意識した勉強を始めた時期

のグラフは河合塾のOB・OGが大学受験を意識した勉強を始めた時期を、秋時点の学力レベル別にまとめたものです。学力レベルが上位になるほど、早い時期から大学受験を意識した勉強を始めていることがわかります。間に合わなくなる前に。みなさんはいつから大学受験を意識した勉強を始めますか?

河合塾では

高1・2生のうちからチュートリアルや個人面談を通して、一人ひとりに最適な学習指導や入試情報を提供します。大学受験を意識した学習計画など、気軽にチューターに相談することができます。

大学入試は、高校1・2年生の範囲から多く出題されます。高校3年生の1年間に懸けるのではなく、3年間をかけて、じっくりと受験勉強を進めていきましょう。日々の予習や復習、定期テストの勉強はすべて、高校3年生の1月、入試本番につながっています。
さあ、ミッションをクリアして、栄冠を勝ち取ろう!

PAGE TOP