河合塾の大学入試情報サイト

高1・2生のうちにやっておくべき5つのミッション!

高校受験が終わり、ほっとしているそこのキミ! “大学受験”は今日も刻々と近づいています。高校3年間を有意義に、そして志望大学合格という栄冠を勝ち取るために、高校1・2年生のうちにやっておくべきことを確認しましょう。

まずは、高校1年間の流れを確認しましょう。
高校1年間の流れ高校1年間の流れ

高校によって、行事スケジュールの違いはありますが、高校生活は、部活に文化祭に勉強に大忙しです。そんな充実した毎日の中で、自分の将来について少しずつ考え、大学受験の準備をしていく必要があります。

ここでは高校1・2年生のうちにクリアしておきたい5つのミッションを紹介します。

  1. MISSION 学習スタイルを定着させよ!
  2. MISSION 文理を選択せよ!
  3. MISSION 苦手と向き合え!
  4. MISSION 大学入試の仕組みを理解せよ!
  5. MISSION “五感”を使って大学・学部研究をせよ!
  6. LAST
    MISSION
    大学受験を意識した勉強をせよ!

MISSION1学習スタイルを定着させよ!

高校の授業は中学よりも授業進度が速く、内容も難しくなっています。授業の内容についていけず「お手上げ!」とならないために、1年生の早い段階で学習スタイルを定着させましょう。

学習スタイルの基本は、[ 予習 ]→[ 授業 ]→[ 復習 ]です。まずは、予習をして、自分がわからない箇所がどこかを明らかにしたうえで、授業に臨みましょう。そうすることで、自分が聞かなければならない箇所に特に集中して、授業を受けることができます。そしてなにより[ 復習 ] をすることで理解度を確認し、さらに知識を定着させることが大切です。もし理解できていない箇所があれば、先生に質問しに行くなどして、できるだけ早く解決しておきましょう。

自分が理解できていなかった箇所は、1週間後に再度復習をするとより効果的です。部活動が忙しく、その日のうちにできなかった場合は、週末に補うなど自分にあった学習スタイルを確立しましょう。

河合塾では

河合塾の授業の基本も、[ 予習 ]→[ 授業 ]→[ 復習 ]です。テキストも、この流れに沿って学習できるよう構成されているため、テキストと授業の相乗効果で学習スタイルの定着が図れます。

先輩の声 部活動と勉強を両立させるためのアドバイス

山形大学 人文社会科学部 1年 ぺペンギン特派員
隙間時間の確保が何より重要になってきます。私は部活をして家に帰ると、疲労ですぐに眠くなってしまうことが多かったです。そのため、学校でやるべきことは終えるように心がけていました。授業時間はしっかりと集中して話を聞き、休み時間に軽い復習を終えておくと後々楽です。
東京女子大学 現代教養学部 1年 なす特派員
毎日勉強と部活を両立させることは大変だと思うので、今は部活に全力、今は勉強に全力、というように期間で分けて考えるといいと思います。
早稲田大学 先進理工学部 1年 R.N.特派員
とにかく部活が終わって帰り着いてから、机に張り付いて一時間でもいいので勉強できることが大事。部活続きで勉強しない日が続くとそのまま勉強が億劫になっていくので良くない。机に向かうことに対する抵抗感を感じないように日頃から努力することが大事。

MISSION2文理を選択せよ!

文系or理系

多くの高校では、高2生から「文理分け」が行われます。文系・理系どちらのコースを選択するかは、将来大学や学部を決める際に、非常に大きく関わってきます。比較的時間に余裕のある1年生のうちから、学びたい分野について考えてみましょう。

文理選択で大切なことは、「数学が苦手だから」、「国語が苦手だから」といった「苦手」を理由に選択してはならないということです。将来自分が就きたい職業や、興味のある学問が文系、理系のどちらで学べるのか、という観点で考えるようにしましょう。進みたい進路をどう見つけたらよいかわからない、という人は、新聞を読んで、自分が興味のある内容はどういう記事かな?と考えるなど、身近なものから興味のあるものを探すのも有効な手段です。

先輩の声 文系もしくは理系に決めた理由

愛知県立大学 外国語学部 1年 S.H.特派員
自分は理系科目の方が得意でしたが、興味のある分野が外国語だったので、これは文系に進むしかない!と思ったからです。
大阪府立大学 生命環境科学部 1年 Lemon特派員
私が理系を選択したのは、将来就きたい職業が理系の職業であったことが大きな理由だったと思います。数学や化学が得意だったこともありましたしね。
やっぱり自分が興味のある方を選ぶのが一番いいと思います。そのほうが勉強のしがいもあって、将来の夢に向かって突き進んでいるんだという実感もわきます。文理選択は大きな節目なので、後悔しない選択をしてください。
広島大学 工学部 1年 ban特派員
興味のある分野を受験しようと思っていました。自分の興味のある分野は工学と地理でした。地理よりは工学の方が自分の将来やりたい職業に近かったので工学を学ぶ事に決めました。

MISSION3苦手と向き合え!

苦手科目や苦手分野は誰にでもあります。この「苦手」と向き合い、克服できるかどうかが、志望校合格のための鍵となります。国公立大では、受験に必要な科目が「7科目」とかなり多いのが一般的です。高3生になると、理科や社会の暗記にも時間が必要になってきます。英・数・国の主要3科目の苦手は高1・2生のうちに克服しておきましょう。間違えた問題や理解ができていない箇所は、教科書を繰り返し読んだり、先生に質問したりと十分な時間をかけましょう。時間に余裕のある高1・2生のうちに、とことん苦手と向き合いましょう。

河合塾では

苦手科目の克服には夏休みなどの長期休暇が絶好の機会です。しかし、一人で計画を立てていても、なかなか「苦手」を克服することは難しいでしょう。
長期休暇中に開講される河合塾の講習では、重要なポイントが凝縮されており、自分の苦手箇所を効率よく勉強することができます。

先輩の声 苦手科目をどのように克服しましたか

岩手大学 教育学部 1年 A.S.特派員
一問一答をスキマ時間にめちゃくちゃやりました。時には世界史選択の友だちを引っ張ってきて、一緒に一問一答を出し合いました。
大阪大学 文学部 1年 ちせ特派員
苦手科目はとりあえず応用ではなく基礎が出来ればOKと考えていました。簡単な問題集で同じパターンの問題を解いて絶対に間違えないようにしてから、少し発展した内容に取り組むようにしていました。
早稲田大学 教育学部 1年 クリオネ特派員
まず、自分自身で苦手と思わないように意識していました。また、他の科目とは違い、みんなが解ける問題は着実に解くこと、基礎はきちんと理解すること、あまり応用ばかりに手をださないことを心掛けて勉強しました。

MISSION4大学入試の仕組みを理解せよ!

大学入試の仕組みや制度はとても複雑です。「国公立大」と「私立大」、「一般選抜(一般入試)」や「学校推薦型選抜(推薦入試)」「総合型選抜(AO入試)」ではそれぞれスケジュールや選抜方法が大きく異なります。それらについて正しく理解し、その後の学習計画を立てましょう。

また、2021年度入試(2021年4月大学入学者向けの入試)からは、センター試験に代わって「大学入学共通テスト」が実施されます。出題方針や時間割など、センター試験からの変化点がありますので、早いうちからの情報収集が必要です。

Kei-Netでは、それぞれの入試の仕組みや「大学入学共通テスト」について、わかりやすく解説しています。ぜひ参考にしてください。

MISSION5“五感”を使って大学・学部研究をせよ!

比較的時間に余裕のある高1・2生のうちに、いろいろな大学について調べ、自分が学びたいと思える大学・学部に出会いましょう。大学のオープンキャンパスに参加したり、興味のある学問に関する研究が行われている大学について調べたり…。自分の目で見て、聞いて、触れて、自分の五感を使って大学・学部研究をしてください。志望校に対する具体的なイメージをもつことは、勉強に対するモチベーションアップにつながります! Kei-Netにも、大学・学部研究に役立つ様々なコンテンツを用意しています。ぜひご利用ください。

LAST MISSION大学受験を意識した勉強をせよ!

大学受験を意識した勉強を始めた時期

のグラフは河合塾のOB・OGが大学受験を意識した勉強を始めた時期を、秋時点の学力レベル別にまとめたものです。学力レベルが上位になるほど、早い時期から大学受験を意識した勉強を始めていることがわかります。間に合わなくなる前に。みなさんはいつから大学受験を意識した勉強を始めますか?

河合塾では

2021年度入試から実施される「大学入学共通テスト」では、思考力・判断力・表現力が一層重視されるようになるなどの変化点があります。河合塾では、これらの傾向に対応したカリキュラムで受験生をサポートします。
また、高1・2生のうちからチュートリアルや個人面談を通して、一人ひとりに最適な学習指導や入試情報を提供します。大学受験を意識した学習計画など、気軽にチューターに相談することができます。

大学入試は、高校1・2年生の範囲から多く出題されます。高校3年生の1年間に懸けるのではなく、3年間をかけて、じっくりと受験勉強を進めていきましょう。日々の予習や復習、定期テストの勉強はすべて、高校3年生の1月、入試本番につながっています。
さあ、ミッションをクリアして、栄冠を勝ち取ろう!

PAGE TOP