河合塾の大学入試情報サイト

お部屋探しのポイント

憧れの大学に見事合格!でも自宅から通うのはちょっとムリ…という場合、親元を離れてひとり暮らしをすることになります。

でも、初めてのひとり暮らしが不安。。どうやってお部屋探しをしたらいいの?という人もいるでしょう。
そんなみなさんに「お部屋探しのポイント」をまとめました。先輩からのアドバイスやメッセージと共に、ぜひ参考にしてください。

1お部屋探しのポイント

優先順位を決めよう!

「近くて、静かな環境で…」すべてを満たすお部屋を探すのは、なかなか難しいです。まずは譲れない条件をピックアップし、優先順位をつけてみましょう。

【予算】
敷金、礼金や初回家賃など契約時に必要な経費は思った以上に掛かる場合があります。月々の家賃や共益費(管理費)のことも頭に入れて、しっかり予算計画を。
【エリア】
大学に通うのは毎日のこと。出不精にならないか、大学の近くでみんなの溜まり場にならないか。女性に限らずセキュリティ面にも気を配りましょう。
【間取り】
自分が生活しやすい間取りを選びましょう。洋室 or 和室? お気に入りの家具や家電は置けるか、収納スペースは十分あるか、こちらも重要なポイントです。
【物件の種類】
アパート・コーポ、マンション、寮・下宿など。
【設備】
浴室(ユニットバス/セパレート)、キッチン(ガス/電気)、冷暖房、収納、バルコニー、オートロック、駐車場、駐輪場など。
【通学手段】
徒歩・自転車・バス・電車など
【通学時間】
約(  )分以内

Kei-Net特派員の体験談やアドバイス

  1. 合格発表から入居まであまり時間がないので、「部屋の広さ」「駅や大学からの距離」といった譲れない条件を3つ~5つ程度絞って探すと良い。(高崎経済大学 卒業 トレインズ特派員)
  2. 自分はあまりこだわりはないですが、2口のガスコンロがあるところという条件で選びました。
    これは一例ですが、譲れないのは何なのか、妥協していいのはどこなのか、しっかりとした考えをもって選ぶのが大切だと思います。(東京大学 卒業 むーちゃん特派員)
  3. アパートの部屋の広さ、家賃なども大切ですが、立地場所も大切です。日頃買い物をするスーパーの物価が安いか、大学に近いかも考えて決めると良い思います。(岩手大学 2年 A.S.特派員)

下見のチェックポイント!

契約する前には、必ず下見に行き、自分の目で確かめましょう。下見では部屋の様子だけに気を取られがちですが、周辺の環境も忘れずにチェックしておきましょう。昼間と夜間の状況まで確認できればベストです。

【日当たり】
必ずしも「南向きベランダの間取り図=日当たり良好」とは言えません。
【収納スペース】
部屋がワンルームならば、収納スペースが必要です。使用する家具が部屋に収まるかどうかも要確認。できればメジャーを使って採寸しましょう。
【コンロの種類】
一般的にはガスか電気ですが、どちらが便利か、自分の生活スタイルに照らし合わせて選びましょう。同じガスでも都市ガスとプロパンガスでは使えるコンロが異なります。
【コンセント】
パソコンや電化製品を数多く使用する人、部屋のレイアウトにこだわりを持つ人は要チェックです。電源容量(アンペア数)も確認しておきましょう。
【周辺の環境】
スーパーやコンビニ、飲食店、銀行・郵便局、病院・診療所などが近くにありますか?街灯の有無もチェックし、防犯面の確認もしましょう。
【駅までの距離】
住宅情報誌に記載されている所要時間はあくまでも目安(1分=約80メートル)。実際に自分の足で確認しましょう。
【インターネット環境】
今では、学業にも生活にも必要不可欠なインターネット。24時間使い放題(無料)のお部屋もあります。接続環境も確認しておきましょう。

設備用語に強くなろう!

年々、充実しているさまざまな設備。事前に用語のチェックをしておくとよいでしょう(50音順)。

【IHクッキングヒーター】
磁力で鍋を発熱させる調理器具。コンロ周りやキッチンの天井が汚れにくい、火を使わないので安全、ガスコンロと火力が変わらないなどのメリットがある。IH対応の鍋が必要になる。
【ウォークインクローゼット】
人が歩いて入れる大型の収納スペースのこと。ハンガーパイプや棚板があらかじめ設置されているのが一般的。収納家具は不要となるので部屋も広く使える。
【LDK】
Lはリビング(居間)、Dはダイニング(食事室)、Kはキッチン(台所)のこと。居間と食事室と台所が一体となった空間をLDK、食事室と台所が一体となった空間をDKという。なお、1R(ワンルーム)とは部屋の中と台所に仕切りがないタイプの部屋のこと。
【オートロック】
マンションのエントランスがロックされており、外部からの不審者の進入を防ぐ防犯システム。来訪者は操作盤で部屋番号を呼び出し、居住者が開錠してからマンション内に入れる。居住者は自宅の鍵で開錠できる。
【カードキー】
磁気により施錠が出来るカードタイプの鍵。通常よりも合い鍵を創ることが困難な為、セキュリティ対策として使用されている。
【クッションフロア】
木質系のフローリングと違って、弾力性のある塩化ビニール系のシートを敷いた床のこと。水気に強く、洗剤などで簡単に手入れすることができる。間取り図面等で「CF」と表示される。下の階にも音が響かないのがメリット!
【シャンプードレッサー】
洗面、洗髪、化粧などができる機能と収納スペースを一体化した洗面化粧台のこと。洗面台が広めに造られていて、洗髪用ハンドシャワーが設置されていて入浴しなくても洗髪などができるのがメリット。
【セパレート】
主にワンルームでトイレとお風呂のある場所が別々になっているものをいう。一体型UB(ユニットバス)とは違い浴室部が広く使える。
【ダブルロック】
玄関のドアに鍵が2つ用意されていること。最近増加しているピッキングなどでの住居への侵入盗を防止するのに有益といわれており、賃貸でも導入している物件が多くある。
【ディンプルキー】
ディンプルキーとは、シリンダー錠のひとつで、ドリルでの破壊にも強く、複製防止対策も万全な鍵のこと。ピッキング対策に有効と言われている。
【フローリング】
木質系の床上げ材の総称。または、床を板張りにすること、表面に木を使った床材。またそれを用いた床のことをいう。フローリングは温かみがあり掃除がしやすい。
【ユニットバス】
防水性の高いプラスチックなどで床、壁、天井などを一体化して成型した浴室のこと。UBと略していることが多く、浴室だけのタイプ、浴槽と洗面台のタイプ、さらに便器までの3点を組み込んだものがある。不動産ではユニットバスはトイレと浴槽が一緒になったもののことを指す場合が多い。
【浴室乾燥機】
浴室(ユニットバス)の天井に埋め込んであり、湿気の多い浴室の換気をはかるとともに、ヒーターを併用して浴室内を衣類乾燥室として使用できる商品のこと。雨の日でも関係なく洗濯干しができるのはとても便利。
【ロフト】
本来は物置用の屋根裏部屋を指す。実際には天井を高くして部屋の一部を2層式にした上部スペースを指すことが多い。はしごなどで上り下りし、収納などに使われるケースが大半。

契約をする!

契約することになったら、さまざまな費用が必要となります。主なものは以下のとおりです。

【手付金】
部屋をおさえておくための一時金。後日、契約金の一部となります。
【家賃】
月払いがほとんど。契約時に最初の月の分を支払う場合(前家賃)が多いようです。
※前家賃:入居可能日から次の家賃支払日までの家賃を日割りで先払いする。
【共益費】
建物の共用設備の維持・管理費。家賃同様月払いが一般的。
【敷金】
家主に預ける保証金で、退去時に部屋の清掃・破損の修理費等を差し引いた残額が返還されるというのが一般的。
【礼金】
部屋を借りるためのお礼として、家主に支払うお金。退去時にも返還されません。
【仲介手数料】
部屋を紹介してくれた不動産会社に手数料として支払うお金。通常は家賃の1か月分。
【火災保険料】
契約期間中の火災、水漏れを対象にした保険のこと。

2お部屋探しのチェックリスト!

下見のときに役立てよう!

チェックリストをプリントアウトして、お部屋探しの際に役立てよう!

項目 状況 備考
最寄の駅
駅までの距離 徒歩 分
通学時間
周辺の環境(スーパー・コンビニ) 有・無
周辺の環境(飲食店) 有・無
周辺の環境(銀行・郵便局) 有・無
周辺の環境(病院・診療所) 有・無
駐輪場/駐車場 有・無
階数
部屋の広さ(間取り)
日当たり 良・不良
収納スペース 有(広い・狭い)・無
フローリング・カーペット・畳
風呂/トイレ ユニットバス・セパレート
コンロの種類 電気・都市ガス・プロパンガス・その他(            )
コンセント(数)
インターネット回線状況
家賃
その他(     )
その他(     )
前へ
次へ

3受験の先輩 Kei-Net特派員のアドバイス!

Kei-Net特派員のアドバイスやエピソードを参考にしよう!

京都大学 3年 B.T.特派員

大学の近いところに下宿を借りて通学の便を重視するのか、少し離れたところにして広い部屋で周りの環境を重視するのかを予め決めておくといいと思います。さらに、合格発表後には仮予約していた受験生のキャンセルが出て、良い部屋が空くことも多いです。早めに不動産会社に問い合わせるといいと思います。

京都府立医科大学 4年 Y.A.特派員

国公立大学を受ける方は、私立大学の受験生に比べて家探しに出遅れますので、なるべく早く探し始めておいた方がよいでしょう。
物件の選び方としては、まず欲しい条件をリストアップし、譲れない条件と妥協できる条件に分類するとよいと思います。

県立広島大学 卒業 S.M.特派員

私の大学時代の物件であってよかった物は「壁の厚さ」、「2階以上であること」「火力の高いコンロ」「乾燥機」「バストイレ別」です。なくて困った物は「独立洗面台」「エレベーター」です。

神戸大学 2年 みい特派員

生活の利便性に注目してください。近くにスーパーがあるか、駅は徒歩圏内か、近くでアルバイト先が見つかりそうか、など実際に生活することを想像して、場所を決めると良いと思います!

大阪大学 卒業 まちかねこ特派員

一人暮らし、アパートや下宿選びも初めての方が多いのではないのでしょうか。必ず、防犯・通学経路などを事前に調べておいてください。今はインターネットでも雰囲気がわかると思います。素敵なお部屋が見つかることを願っています。

札幌医科大学 4年 マヨマヨ特派員

進学先によっては、学校が生活圏から遠い場合もあります。一人暮らし先を選ぶ時、他の人たちもより良い住環境を求めるので、いい物件は早く埋まってしまいます。よりよいスタートを切るためにも、ここの初動は遅れないように!!

和歌山大学 4年 だんごみたらし特派員

内見時に気をつけること

  1. 壁が分厚いか確認すること
  2. 両隣の人が異様に植物を置いていたり、蜘蛛の巣があるベランダでないか確認すること
  3. 家具が圧倒的に決めやすくなるので部屋の寸法を測ったりや写真をできるだけ多く撮っておくこと

弘前大学 卒業 らいと特派員

合格発表日からアパートの争奪戦が始まります。
大学生協のHPなどを参考に、早めに住まい探しをしてほしいです。
地図だけを見ると、坂などの環境は分かりにくいので、様々なツールを駆使して周辺環境を把握してほしいと思います。

富山大学 卒業 Y.O.特派員

アパート探しは、個別試験までに候補を絞っておいて、試験日に親が下見、予約をするパターンが私の周りには多かったです。自分は国公立大学の後期試験を出願した大学に進学することになったのですが、後期試験出願先の下宿までしっかりと探していなかったため下見の時点ですでにアパートの候補が少なく大変でした。中期、後期が下宿の人は、そこまで探しておけると安心だと思います。

名古屋大学 4年 A.S.特派員

自転車を使用する予定がない人は、大学やスーパーなどから「徒歩圏内」であるかどうかちゃんと確認したほうがいいと思います。私は普段自転車で通学していますが、雨の日などでは徒歩で通学することも少なくありません。自転車では簡単に通学ができても徒歩では少し通学が大変になることもあると思います。通学や買い物の際には荷物が多いので徒歩でもあまり時間がかからない場所にするといいと思います。

PAGE TOP