河合塾の大学入試情報サイト

スポーツ・健康科学

※特派員のプロフィールはアンケート回答時点のものです。

何を学ぶの?

スポーツと健康を科学的に研究

スポーツ・健康科学は選手の競技能力向上だけでなく、スポーツと健康を多様な観点から科学的に研究する。健康志向の高まりからスポーツに対するニーズは広がっている。年齢や性別、病気や障がいの有無などを越え、すべての人を対象とした運動や健康づくりまで、学びの対象は幅広い。

スポーツ系では、小学校教諭や中学・高校の保健体育教諭、各種スポーツ競技のコーチ、トレーナーといった指導者の養成を行う。スポーツによる障がいやリハビリテーションなどの医学に近い分野、スポーツ関連のビジネスや行政について学ぶ分野もある。

健康・福祉系では、栄養や福祉、看護、医療などとかかわり、健康に生きることを支援する知識と技術を修得する。最近では、スポーツ系と融合して各世代のライフスタイルに応じた運動やレクリエーションを通じて、健康の維持・増進を総合的に考えていく研究も出てきている。

大学選びココがポイント

体育学部やスポーツ科学部で学べるのが一般的だが、国立大では教育学部の総合科学課程で学べる大学もある。学問として研究するだけでなく、競技選手の育成をめざす大学もあり、対象としているスポーツもさまざまだ。実習も重視されるので、施設・設備の充実度は確認しておこう。

先輩たちの時間割

九州産業大学 人間科学部 スポーツ健康科学科 2年 J.M.特派員の時間割

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 栄養学入門
2限 運動生理学 体力トレーニング演習 ドイツ語会話1 体力トレーニング論 実践キャリア演習A
3限 健康づくり運動の理論 野球・ソフトボール ドイツ語文法1 スポーツ健康科学演習
4限 学校保健
5限
6限
前へ
次へ

※2年前期の時間割

おもしろい講義 「体力トレーニング演習」

筋トレについて学んだり、実践しながら指導についても学ぶのでおもしろいです。

こんな研究しています

筑波大学大学院 人間総合科学研究科 博士課程 K.S.特派員

中長距離走者における伸長-短縮サイクル運動遂行能力に関するバイオメカニクス的研究

陸上競技中長距離走者を対象に、典型的な伸長-短縮サイクル運動(SSC運動)であるリバウンドドロップジャンプを2種類の台高から行わせ、SSC運動遂行能力に影響しているバイオメカニクス的要因を明らかにすることを試みた。その結果、支持期後半における地面反力鉛直成分の力積を大きくする能力がSSC運動遂行能力に影響していることが明らかになった。

SSC運動はヒトのあらゆる運動に関与しており、スポーツパフォーマンスに大きな影響を与えると考えられる。これまでは、爆発的な力発揮を求められるスポーツにおいて注目されてきたが、SSC運動遂行能力が運動の効率にも影響を与えることが明らかになってきたことから、効率がパフォーマンスに影響するスポーツにおいてもこれを検討することが必要であると考えられる。これを明らかにすることは、市民ランナー等にも有益である。

Kei-Net大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す Kei-Net大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す

学問一覧

スポーツ・健康科学


学問ウォッチング一覧へ戻る

PAGE TOP