河合塾の大学入試情報サイト

教育学・教員養成系

※特派員のプロフィールはアンケート回答時点のものです。

何を学ぶの?

教育の本質を学ぶ教育学と教師をめざす教員養成系

教育系は、大きく教育学と教員養成系の2つに分けられる。

教育学は、「教育」を学問として研究する。教員養成を直接の目的とせず、教育の本質や目的、人間形成とのかかわりについて追究していく。哲学や心理学、歴史学、法学、経営学などともかかわりの深い総合科学といえる。

教員養成系学部の「教員養成課程」は、教員免許の取得が卒業要件となっている。1・2年次に教養科目や教育の基礎を学び、3年次以降に子どもの発達過程や免許を取得する教科の指導法など、教師に必要な知識や技術を修得する。教育実習は3年次以降に行われることが多いが、最近は教育実習関連科目として1年次から実習や支援を行う大学も増えている。

一方、教員養成系学部の中には、教員免許の取得を義務づけず、幅広い教養をもつ人材の育成を目的とする「総合科学課程」もあり、国際・地域・芸術・スポーツなどの専攻・コースで、学際的な研究が展開されている。近年、総合科学課程は縮小傾向にあるが、教員をサポートする人材の養成を目的とした課程ができるなど、新たな動きもみられる。

大学選びココがポイント

教育学は文学部や教育学部で研究できる。専攻・コースとして設置されている大学も多い。教員免許を取得したい場合は、教職のための単位を別途取得すれば中学・高校の教員免許を取ることができる。

教員養成系の教育学部は国立大に多く設置されているが、近年では私立大でも増えている。教員採用数は県や市など各自治体によって異なるので、自分が働きたい地域の採用数や志望大学の採用実績にも目を配っておこう。

先輩たちの時間割

東京学芸大学 教育学部 初等教育教員養成課程 2年 blue特派員の時間割

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 教師・教育支援者のための紙面・映像編集 幾何学Ⅰ
2限 代数学Ⅰ 中国語Ⅲ
3限 教育心理学 学校の情報化概論 計算機ハードウェア コンピュータ概論 解析学Ⅰ
4限 中等数学科教育法 情報技術と職業 教育情報化教材論A
5限 教育におけるICT活用 情報教育概論 データベース
6限
前へ
次へ

※2年前期の時間割

おもしろい講義 「情報教育概論」

各科目で情報教育をどう取り入れていくか、具体的に議論していく。

こんな研究しています

横浜国立大学大学院 教育学研究科 修了 ゆに特派員

魚食文化の継承・創造に向けた授業デザイン

生活文化を未来に向けていかに継承・創造していくかはこれからの教育において重要な課題の1つであると考える。そこで食文化の1事例として日本の魚食文化の継承・創造に有効な授業はいかなるものか、授業実践を行い、その分析を通して授業デザインの有効性を検証する。

食文化などを扱うと、今ある食文化をいかに継承するかということに注目されることが多い。しかし、本来文化とは変化するものである。そこで本研究では継承のみならず、食文化をいかに創造するかという点にも注目している点がおもしろいところだと考える。

Kei-Net大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す Kei-Net大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す

学問一覧

教育学・教員養成系


学問ウォッチング一覧へ戻る

PAGE TOP