河合塾の大学入試情報サイト

被服学

※特派員のプロフィールはアンケート回答時点のものです。

何を学ぶの?

ファッションを総合的に科学する

被服学は、衣服など「人が身につけるもの」について総合的に研究する。素材の開発から、洋服のデザイン・製造はもちろん、心理学や社会学に関連する研究もあり、その対象は幅広い。

大学では、服飾デザインを中心とした色彩学やテキスタイルデザインのほか、服飾の歴史や文化、マーケティング、消費行動、素材の性質や化学的構造などを学ぶ。

実習・実験も多く、実際に服をデザイン・制作する実習のほか、衣服の洗浄・漂白・染色に関する実験や繊維の識別・合成など化学的要素の強い実験も実施される。また、アパレル(衣服・既製服)のデザインや生産工程を効率化するためのコンピュータ活用技術を学ぶアパレルCAD演習なども開講されている。

大学選びココがポイント

被服学は、家政学部や生活科学部などにある被服学科や服飾美術学科、ファッション造形学科などで学ぶことができる。また、研究分野の拡大から、生活デザイン、生活環境、生活科学などに名称を変更し、そのなかに被服学専攻を置く大学もある。研究領域が広いので、自分の学びたい分野が設置されているか、大学案内などで確認しておこう。いずれも、将来アパレル関連に携わりたい人にふさわしい学問といえる。

先輩たちの声

繊維について学ぶことができます。衣服学は文系のように思われますが、理系的側面もあり、化学的な視点で見ることも可能です。(奈良女子大学 生活環境学部 情報衣環境学科 4年 I.K.さん)

先輩たちの時間割

日本女子大学 家政学部 被服学科 卒業 よーぐると特派員の時間割

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 染色加工学実験
2限 マーケティング論
3限 テキスタイル整理学 消費科学 衣造形実習
4限 アパレルデザイン論 服飾美学
5限
6限
前へ
次へ

※3年前期の時間割

おもしろい講義 「染色加工学実験」

学科ならではの講義だと思います。温度や時間などの条件を変えて実験したり、布の素材によっても染まり方が変わることなど学びました。

Kei-Net大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す Kei-Net大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す

学問一覧


学問ウォッチング一覧へ戻る

PAGE TOP