河合塾の大学入試情報サイト

経営・商学

※特派員のプロフィールはアンケート回答時点のものです。

何を学ぶの?

企業や組織のよりよい経営活動を考える

経営学は企業や非営利団体など「組織」の経営活動を分析し、より望ましい成果を生み出す方策を検討する学問だ。

経営管理論では、経営者や管理者の視点から目標達成のための効率的な組織や人材育成について考える。会計学では、主に企業の財務状態と利潤を巡る計算方法について学ぶ。急速なIT化を背景に、経営学の知識と情報技術のスキルを併せ持つ人材の育成を目的とした経営情報学という学問も展開されている。

一方、商品の流通や消費という面から分析していくのが商学だ。消費者行動論では消費者がどう商品を選び購入するのかを分析し、マーケティング論では商品の販売や広告戦略を考える。

このように経営・商学系は人・モノ・カネ・情報など経営活動に必要な資源を、組織としていかに管理・運用(マネジメント)すれば、商品やサービスといった価値を提供できるのかを学ぶ学問であり、実学的要素が強い。

先輩たちの時間割

東京理科大学 経営学部 経営学科 3年 M.K.特派員の時間割

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1限 外国書購読1
2限
3限 実証・会計ファイナンス
4限 民法2 グローバル経営学 組織のデザインと変革
5限 ビジネスデータサイエンス ゼミナールA
6限
前へ
次へ

※3年前期の時間割

おもしろい講義 「グローバル経営学」

実際の企業行動等を分析し、国際経営のフレームワークに当てはめられるところが面白いと思う。

こんな研究しています

学習院大学大学院 経営学研究科 修士課程 トマト特派員

会計監査のIT化について

公認会計士の独占業務である会計監査は、IT化に伴い監査手法も変化しており、将来的には会社の財務データを自動取り込みし、財務分析が自動で行われ、異常値の発見までをロボットなどが行い、その後のフォローを公認会計士が行うようになるであろうと言われている。どのような仕組みが望ましいかを歴史的な変遷を振り返りながら考察している。

似たもの比較:経済学と経営学

同じ「経済活動」という現象を扱う学問だが、経済学は社会全体の経済活動から理論分析に問題意識をもつのに対し、経営学は企業のマネジメントや行動原理を研究する。単に分析するのではなく、いかに行動すべきかを問題とし、実践に応用するのが経営学の視点だ。

理系の学問にたとえると、経済学は自然界の法則性を探究する物理学に、経営学はその法則を踏まえながら、いかに人間に役立てるかという工学に似ている。

Kei-Net大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す Kei-Net大学検索システムでこの学問が学べる大学を探す

学問一覧


学問ウォッチング一覧へ戻る

PAGE TOP