河合塾の大学入試情報サイト

小論文対策のキホン 小論文対策のいろは

小論文の基本課題

小論文では以下の5つの要素が試されます。答案を書くときには、この5つの要素を自分がどれだけ満たしているか、つねに意識するようにしましょう。

1課題文の読解

小論文は課題文(資料)を読み解くところから始まります。読解をおろそかにしては的確な解答ができません。その際に必要なのは、①筆者の主張を客観的に読み解くこと、②それを批判的に検討しながら自分なりに解釈すること、の2つです。①は要約問題や説明問題の、②は論述問題の解答のベースとなります。

2設問への応答

最近の小論文は総合問題化していて、設問が複数ある場合が多くなっています。各設問が何を問うているのか、事前に設問の要求を的確に把握することが肝心です。①要約・説明問題:課題文の趣旨をまとめるのか(要約)、その趣旨を自分の言葉で説明するのか(説明)を確認する、②見解論述問題:何についてどういう視点から議論することが求められているかを確認する、の2点が重要です。

3論述の説得力

小論文の中心は論述問題です。指定されたテーマに関して自分はどう考えるのか、自分なりの議論を展開する必要があります。そこで最も重要なのは論述に説得力を持たせることです。説得力は、①具体性:テーマに関わる事実関係に基づいて、適切な事例や体験を挙げながら、自分も当事者だという立場から議論を展開しているか、②論理性:テーマに関する必須の概念を適切に使用して、論理に破綻がなく、首尾一貫した議論を展開しているか、の2点から生まれてきます。

4適切な文章表現

小論文は相手に読んでもらうものです。表現・表記や文章構成を整えることは基本的なマナーです。①表現・表記:誤字・脱字をしない、基本「~である」体で書く、②文章の構成:主述の呼応、接続詞の適切な使用、必要な段落構成をする、という2点に気を付けましょう。

5基礎となる知識

上記の4つの要素を基礎から支えるのが知識です。文章を読み書きするために必要な一般的教養があることは大前提ですが、その上で、課題文を的確に読解し、自分の論述を展開するには、志望系統の分野に関わる知識が必要です。上述の小論文の出題内容に掲載したテーマに関して、きちんとした知識を蓄えるようにしておきましょう。

小論文の学習対策

演習問題の反復練習

小論文の学習は、演習問題を数多く解く以外にありません。しかし、最初から志望大学の入試問題に取り組むのはオススメできません。というのも、上記5つの基本課題が身についていない段階では、いくら問題に取り組んだところで優れた答案を書くことはできないからです。まずは短くてもかまいませんので、基本課題を押さえた文章を書く練習を繰り返し行いましょう。

その際、独学や自習ではなく、答案添削を受け、解説講義を受講するという授業スタイルでの学習がもっとも効果的です。

テスト・模試の受験

小論文試験のテスト、模擬試験を受験して、日々の学習で培った力を試すことも重要です。河合塾でも、高3・卒生を対象に「全統論文模試」を実施しています。

先輩の声
慶應義塾大学 医学部 1年 ちーちゃん特派員
大学の小論文テストでは、直近の時事問題が扱われることが多いため、日ごろからニュースや新聞に目を通す必要があります。他の科目の勉強に忙しくそのような時間を確保できない場合もありますが、小論文対策も受験勉強の一環だと考え、受験勉強中でも、世間の動きにアンテナを張ると良いです。また、小論文の書き方は専門の知識を持つ先生に採点してもらい、正しい方法で書けるように心がけましょう。
青森県立保健大学 健康科学部 1年 れもん特派員
私の通う大学の小論文はその年によって文字数や形式が変化するなど、問題の自由度が高いです。どんな問題でも答えられるように、専門知識を身につける他に国語の記述問題を解いて内容の要旨や自分の考えを書くトレーニングをしたことが効果があったと思います。私は練習時には90分に対し2時間以上かかっていましたが、試験前日には100分まで時間が縮まり、本番では80分で終わらせることができたので、今不安を抱えている人でもきちんと練習をすれば大丈夫です!
横浜市立大学 国際教養学部 1年 はりねずみ特派員
自分の志望大学の小論文の系統の問題だけでなく、違う分野の問題を扱った小論文も練習すると、知識の幅、思考力が上がる。
慶應義塾大学 経済学部 1年 M.S.特派員
常に時事問題に興味を持ち、本や新聞で情報のアップデートをする。希望学部の情報はもちろんのこと、それとその他の時事問題がどう関連するのかも考えておく。小論文の書き方は塾で早くから受講する。小論文はテーマについては、机の上でなくても考えられるので、過去問を見て、隙間時間に考えたりしていた。
中央大学 法学部 1年 TT兄弟の三男特派員
いくつか自分が使える事例をもっておくとラクです。だいたい出題されるテーマは似ているので、あとはテーマに沿ってその事例をうまく使って意見を書けるかが重要です。たくさん練習して、添削してもらうことをオススメします。
小論文対策のキホン

PAGE TOP