河合塾の大学入試情報サイト

小論文対策のキホン 小論文対策のいろは

小論文の基本課題

小論文では以下の5つの要素が試されます。答案を書くときには、この5つの要素を自分がどれだけ満たしているか、つねに意識するようにしましょう。

1課題文の読解

小論文は課題文(資料)を読み解くところから始まります。読解をおろそかにしては的確な解答ができません。その際に必要なのは、①筆者の主張を客観的に読み解くこと、②それを批判的に検討しながら自分なりに解釈すること、の2つです。①は要約問題や説明問題の、②は論述問題の解答のベースとなります。

2設問への応答

最近の小論文は総合問題化していて、設問が複数ある場合が多くなっています。各設問が何を問うているのか、事前に設問の要求を的確に把握することが肝心です。①要約・説明問題:課題文の趣旨をまとめるのか(要約)、その趣旨を自分の言葉で説明するのか(説明)を確認する、②見解論述問題:何についてどういう視点から議論することが求められているかを確認する、の2点が重要です。

3論述の説得力

小論文の中心は論述問題です。指定されたテーマに関して自分はどう考えるのか、自分なりの議論を展開する必要があります。そこで最も重要なのは論述に説得力を持たせることです。説得力は、①具体性:テーマに関わる事実関係に基づいて、適切な事例や体験を挙げながら、自分も当事者だという立場から議論を展開しているか、②論理性:テーマに関する必須の概念を適切に使用して、論理に破綻がなく、首尾一貫した議論を展開しているか、の2点から生まれてきます。

4適切な文章表現

小論文は相手に読んでもらうものです。表現・表記や文章構成を整えることは基本的なマナーです。①表現・表記:誤字・脱字をしない、基本「~である」体で書く、②文章の構成:主述の呼応、接続詞の適切な使用、必要な段落構成をする、という2点に気を付けましょう。

5基礎となる知識

上記の4つの要素を基礎から支えるのが知識です。文章を読み書きするために必要な一般的教養があることは大前提ですが、その上で、課題文を的確に読解し、自分の論述を展開するには、志望系統の分野に関わる知識が必要です。上述の小論文の出題内容に掲載したテーマに関して、きちんとした知識を蓄えるようにしておきましょう。

小論文の学習対策

演習問題の反復練習

小論文の学習は、演習問題を数多く解く以外にありません。しかし、最初から志望大学の入試問題に取り組むのはオススメできません。というのも、上記5つの基本課題が身についていない段階では、いくら問題に取り組んだところで優れた答案を書くことはできないからです。まずは短くてもかまいませんので、基本課題を押さえた文章を書く練習を繰り返し行いましょう。

その際、独学や自習ではなく、答案添削を受け、解説講義を受講するという授業スタイルでの学習がもっとも効果的です。

テスト・模試の受験

小論文試験のテスト、模擬試験を受験して、日々の学習で培った力を試すことも重要です。河合塾でも、特定大入試オープン模試などで小論文試験を実施しています。

先輩の声
都留文科大学 教養学部 1年 よね特派員
小論文は書き方にある程度決まりがあり、それを学ばずには小論文は書くことすらできません。現代文の勉強をすることで自然と論理的に文章を書く力は身につくので、あとは小論文特有の書き方をマスターしましょう。もちろん添削してもらうことも大事なので学校の先生などに頼んでみましょう。一人の添削だけでは個人差が出てしまうのでいろいろな人にお願いしてみてください。人によっては正反対のアドバイスをくれることもあります。その時は自分が正しいと思う方のアドバイスを参考にしてください。
東京医科歯科大学 医学部 1年 ここなっつ特派員
過去問を解き、高校の国語の先生に全て添削をお願いしました。自分のクセや論理的な構成を知ることができ、すごく役に立ちました。また、読書は小論文に直結したことではありませんが、自分の考えを広げることができ、小論文を書くときのアイデアになりました。
千葉大学 文学部 1年 ひひ特派員
過去問を解くのが一番の対策です。小論文については同じテーマについて1度ではなく、さまざまな視点から何回か書いてみるようにしました。
私は正直過去問での出来が悪く全く自信がありませんでしたが、当日はサクサク解けたので、最後まで諦めないことも大事です!
小論文対策のキホン

PAGE TOP