河合塾の大学入試情報サイト

夏休み40日間の過ごし方 夏休みこれだけはやろう!

「夏を制する者が、受験を制する」

夏にやるべきことができたかどうかで秋以降の成績の伸びに差がつきます。
夏休みにぜひやっておきたいこと、それを実践するためのポイントを、先輩の体験談をまじえて解説します。
長いようであっという間の40日間。学習計画・目標をしっかり立てて、自分の可能性にチャレンジする有意義な夏休みにしましょう!!

夏休みこれだけはやろう!

「基礎固め」「苦手科目の克服」をしよう!

高3生のみなさんにとって、長い夏休みはまとまった勉強時間がとれるチャンスです。あせって過去問などの問題演習に取り掛かりたくなるところですが、その前に「基礎固めができているか」「苦手科目はないか」を振り返ってみてください。覚えるべき英単語や文法などは頭に入っていますか? 公式は正しく使えていますか?できていると思っていた範囲でも、復習をしてみたら案外理解できていなかった、ということもあります。基礎が固まっていないのにいきなり応用問題を解くことはできません。まずは基本事項を徹底的に定着させましょう。

また、「苦手科目なんて1つもない!」という人は少ないでしょう。苦手意識までは持っていなくても、他と比べて点数が伸びない科目や、模試などでいつも間違えてしまう分野はありませんか。苦手科目は一番の得点アップ要素と言えます。夏休み中に克服しておきましょう。

グラフは、Kei-Net特派員が受験生時代の夏休みに最も力を入れて勉強したことです。先輩たちも苦手科目の克服と基礎固めに重点を置いていた様子が分かります。

グラフ

*2021年度入試からセンター試験に代わり大学入学共通テストが実施されています。
2020年度Kei-Net特派員アンケートより

[クリックで画像を拡大]

苦手科目を集中的に学習するには、予備校の夏期講習の受講がオススメです。河合塾の夏期講習は分野別の講座や理解度にあわせた講座を設けており、「夏に効率的に学力をアップすること」を考えぬいたカリキュラムになっています。どの講座が自分にあっているのか分からないという人には、「おすすめ受講プラン」から探してみましょう。

高1・2生のみなさんは、まだ受験まで時間があるし、宿題だけ終わらせておけばいいやと思っていませんか?大学入試は、高1・2生の範囲から多く出題されています。受験生になってからまとめて学習するより、今のうちに分からないところがないようにしっかり押さえておく方が良いですよね。

先輩の声

東京外国語大学 1年 N.T.特派員
特派員
現役のときは、基礎固めができていないのにも拘わらず色々なテキストに手を出して失敗しました。浪人時代の夏は、1学期の内容の定着と苦手分野の克服を目標に、同じテキストを何周もしました。また、講師の方々に積極的に質問し、ささいな疑問でも放置しないということを心掛けました。毎日が同じことの繰り返しで、いまやっていることが本当に正しいのか、と不安になることもありましたが、基礎固めに徹したことは結果的に正解だったと思います。というのは、応用問題は基礎問題ができていなければそもそも歯が立たないものだからです。夏にあれだけがんばった、ということも、入試が迫ってくる時期に大きな自信になりました。応援しています!
法政大学 1年 T.T.特派員
特派員
夏休みはとにかくこれまで学んできたことの復習を中心としながら、少しずつ2学期以降の予習を進めていくことが重要だと思います。特に、暗記物などは覚えるまでに非常に時間がかかるので、受験直前になって焦らないようにするためにも、多くの時間が確保できる夏休みにある程度終わらせておいた方が良いと思います。また、英語は1日か2日に1回は触れるようにして、英文を読むスピードを保っていくことも重要だと感じました。さらに、受験直前期は本当に時間が無くなってくるので、少しずつ志望大学やセンター試験(共通テスト)の過去問を解き進めていくことも大切だと思います。

志望校について考えよう!

高3・卒生の多くは第1志望の大学・学部は決まっていることと思います。志望校が決まると学習方針が立てやすくなります。もし、志望校が全く決まっていないという場合は、早急に検討しましょう。Kei-Net特派員も、6割以上の人が高3の1学期までに志望校を決定しています。
第1志望校が決まっている人は、あわせて受験可能性のある併願校も考えておきましょう。受験直前期に考えていては、各大学の個別試験対策にスムーズに取り掛かれないなど学習面や精神面に負担がかかります。

グラフ②

2020年度Kei-Net特派員アンケートより

[クリックで画像を拡大]

高1・2生も受験まで時間があるとはいえ、早くから情報収集を行うべきです。高3生になったときにスタートダッシュが切れるよう、志望学部や大学が決まっていない人はこの夏休みから考えていきましょう。興味のある大学や学部があれば、オープンキャンパスに参加してみてください。今年も新型コロナウイルス感染防止を考慮し、オンラインでの参加形式を取り入れて実施する大学が多くあります。オンラインでの開催であれば遠方の大学でも気軽に参加できます。時間の許す範囲で積極的に活用しましょう。

Kei-Netでは全国のオープンキャンパス情報をまとめています。ぜひご活用ください!

夏休み40日間の過ごし方

PAGE TOP