河合塾の大学入試情報サイト

受験期の子どもとの接し方一言アドバイス~これから受験を迎える受験生とそのご家族へ

受験期には保護者も不安や悩みが尽きません。ここでは受験を終えたお子様を持つ保護者の方からいただいたアドバイスをご紹介します。ご自身の経験から得られた貴重なアドバイス、お子様との接し方のヒントがいっぱいです。

「受験期に関する保護者アンケート/2019年4月実施」より

  • 第一志望の勉強に専念できるよう、併願校の資料集め、情報集め、出願の事務手続きはぜひ手伝ってあげてください。(北海道 T.Sさん)
  • 学年が低いうちに様々な大学を見学に行き、その大学の理念や学問、キャンパスの雰囲気などを見るといいと思います。子どもによっては勉強が身に入らないこともあるかと思いますが、将来の姿を想像させて、今勉強することは大事なことだと伝えることが大事だと思います。(岩手県 T・Nさん)
  • 受験そのものは保護者が受けるわけではないので、自分の子どもをゆっくり見守る(でも目は離さない)ことが大切だと思います。もちろん勉強への取組みを後押しする意味でも声掛けは重要ですが、保護者が頑張りすぎると子どもを追い込むだけにしかならないようでした。結局保護者が受験でできることは「優しい気持ちで応援する」「暖かく見守る」「全力でお金を出す」くらいしかありませんでした。これから受験される方々の合格を祈念しております。(秋田県 S・Tさん)
  • 子どもと早い時期から、将来について、進路についてよく話す機会を作ると良いと思う。話を重ねていくうちに、本人も段々と将来像が見えてくるようになると思います。(東京都 A・Aさん)
  • 家族でよく話し合い、風通しのよい環境作りをお勧めしたいです。当たられることもありますが、うまく乗り越え、勝利を勝ち取って貰いたいです。受験は長い戦いですが、これで終わりでなく、更なるステップに役立つことと思っております。健康に気をつけて頑張ってください。(神奈川県 K・Nさん)
  • 良い結果も悪い結果も 気持ちを一つにして乗り越えていってください。自分の気持ちをわかってくれる人がいることが一番の応援だと子どもに教えられました。第一志望合格お祈りいたします。(愛知県 S・Sさん)
  • まずは子どもを信じて、あれこれ言わず、そっと見守ってあげることが大事なのかな?親は、普段と変わらなく過ごし、いざという時に、サポートできたらと思います。(愛知県 M・Yさん)
  • 受験間際にバタバタしないよう早め早めの準備が大事。勉強しなくてはいけない時期にいろいろなことを調べたりするのは大変だった。(千葉県 M・Rさん)
  • よく話し合い、いろいろな可能性、選択肢を用意しておいた方が良いと思います。(東京都 N・Hさん)
  • 早くから志望校を決め、オープンキャンパスなどで受験方法や対策について聞いておいた方がいいです。(愛知県 O・Yさん)
  • 不合格はほんとにつらいのでやれることは積極的にやった方がいい。(大阪府 U・Aさん)
  • 早めの準備に勝るものはないと思います。一年生での英検受験。苦手の把握は大切です。高校生はしっかりしてきますが、保護者の視点は重要です。伴走とアドバイスは子どもはうれしいはずです。保護者も享楽を控え、傍で読書など教養趣味を楽しんでいると子どもはリラックスできるように思います。(兵庫県 S・Aさん)
  • 受験生も親御さんも十人十色であると思いますので、これが一番、というものは無いと思いますが、有るとすれば見守る力だと思います。食事など健康管理だけはしっかりとし、栄養バランスを計算した食事、お弁当は一日も欠かさずに用意しました。また、親自身の体調管理も大切です。親は常に先の先まで見通しをつけ、大きく構えていることが必要なのでしょうけれど、私は目の前のことに必死でした。あまり参考にはならないかもしれません。(兵庫県 T・Yさん)
  • 受験生本人も大変だと思いますが、見守る保護者もかなり精神的にも追い詰められるので、健康第一で体調管理が大切だと思います。後は本人を信じて、愚痴を聞いてあげたり、励ましてあげたり、精神面のサポートをしてあげ、息抜きさせてあげる事が大切だと感じました。(神奈川県 I・Mさん)
  • ともかく健康面には一番注意をしました。特にこの冬はインフルエンザが流行したこともあり、マスクを常にして、免疫力を上げるヨーグルトを毎日食べさせるなど、対策を行いました。あとは、子どものペースに任せて、サポートに徹しました。(広島県 S・Tさん)
  • 子どもを信じて、後はおいしいご飯と体調管理のみです。(愛知県 K・Mさん)
  • 今から考えると『我慢』の一言につきるような気がします。中学受験ではないので、親の指示で勉強なんてするわけないですし(笑)、どうやって本人のモチベーションを上げるか、につきます。大学で入部するであろう部活の話とか、現役で合格した友達の励ましとかよかったと思います。お父さんの昔の自慢話なんて要りません!(東京都 M・Rさん)
  • 子どもを信じてサポートをすることに尽きると思います。そのことを時々伝えることも大事だと思います。(京都府 K・Tさん)
  • お子様を信じて見守り続けてあげて下さい。親も不安ですが、子供はもっと不安です。娘は成績が上がった時に、私が喜んであげたことが、モチベーションの持続につながったと、後で話していました。そして、子どもが進路、大学、学部などで迷った時にアドバイスしてあげられるように、親自身もいろいろな情報を集めおいて、子どもの一番の相談相手になってあげられると良いと思います。河合塾の保護者会はその点で、とても有益でしたので、保護者会にもこまめに参加することをお勧めします。また、チューターさんともコミュニケーションをとり、時に親が答えを出せない時に相談したことも良かったと思います。(東京都 K・Sさん)
  • いかに子どもを受験に対してポジティブな心理状況に置き続けることができるように、子どもに対する言葉がけや態度を取り続けることができるかが、とても大切であると痛感しました。(栃木県 Y・Kさん)
  • 長いようで短い一年になります。お子さんが受験の時に最大限の力が発揮できるように声かけなどのコミュニケーションを図って下さい。受験の仕組みを保護者も勉強して、適度に興味を示し続けることもお子様のやる気につながるのではないかと考えます。(大阪県 N・Tさん)
  • つい色々口出ししてしまいがちですが、塾で勉強のペースが取れていれば、必ず後半に成績は上がってきますので、信じて待つことも必要です。(愛知県 K・Yさん)
  • 当たり前のことではあるが、受験勉強するのは自分自身の子ども、親として後は子どもを信じるしかない。(広島県 W・Hさん)
  • 親も子も忍耐の時です。じっと見守るのは大変ですが、子どもは本当にプレッシャーの中頑張ってます。お子さんを信じて、支えになってあげて下さい。(福岡県 F・Tさん)
  • アドバイスはしても最後は本人が決めるのが一番。ダメだった時、親のせいにされかねない。模試の判定は絶対ではないので、行きたいところにチャレンジする気持ちも大切かと思う。(東京都 K・Mさん)
受験期の子どもとの接し方

PAGE TOP