河合塾の大学入試情報サイト

受験期の親子関係励ましの言葉はタイミングよく~一歩譲って冷静に

がんばっている子どもに励ましの言葉をかけたくなるのが親心というもの。しかし、この励ましが子どもにとってかえってプレッシャーになることもあるようです。
「自分では頑張ってると思っているときに頑張れと言われたこと。」(東京大理科一類 H.S.さん)
「◯◯大学じゃなくてもいいんだよ、と言われた時、自分はいま◯◯大学に行くためにこんなに頑張っているのにモチベを下げるようなこと言わないで!と言い返してしまいました(笑)」(愛知県立大外国語学部 S.H.さん)
個人差はあるでしょうが、よかれと思った励ましの言葉が、受験期の子どもに重く響いてしまうこともあるようです。また、「勉強しなさい」の一言もなかなか難しいものです。勉強しなくてはと自分でも思っているところに親からうるさく言われてやる気がなくなってしまった、といった声は毎年よく聞かれます。

どんな言葉も大切なのはタイミング。まるで口癖のように「がんばれ」「勉強しろ」と言われ続けたら、子どももうんざりしてしまいます。
まずは子どもの努力を認めること。そして、努力が結果となって表れた時には褒める。うまくいかなかった時にはさりげなく次のチャンスに目を向けるよう示唆する、といった態度が望まれます。
熱心な親によくありがちなのが、受験生本人より受験にのめり込むといったこと。
「本番の日まで伸びないことを前提に、早い段階で志望校のレベルを下げた方がいい、と言われた時は、毎日志望校のために勉強するやる気を失いかけた。自分なりに勉強方法を模索しているときに全否定されたこと。成績が伸び悩んだ時期に常に大きなため息をついていたこと。」(横浜市立大国際教養学部 M.A.さん)
主役はあくまでも受験生本人。親は子どもの様子によく注意しながらも、温かく見守りたいものです。

ほかに気をつけたいのは、「大丈夫なの?」「こんな点数しか取れなかったの?」「(合格が)早く決まらないの?」「また落ちたらどうするの?」など、ついつい自分の不安を子どもにぶつけてしまう言葉。今更どうにもならないことや、答えようのない問いかけをされても子どもは困るばかりです。
また、「落ちたら就職だからね」など、感情に任せてつい言ってしまった言葉や、「良い大学に入ってくれなきゃ親戚に恥ずかしいじゃない」など自分の都合を押しつけるような言葉も、子どもは反感を覚えます。
長い受験期、たまには親子ゲンカもあるでしょうが、親としては一歩譲って冷静になりたいものです。

保護者アンケートよりお子様につい言ってしまって後悔していること

※保護者アンケート:2019年4月実施

  • 次の日に本命の試験があるとき、自信があった試験の不合格を伝えてしまったことです。今言わないで欲しかったと、とても本人を落ち込ませてしまい、試験にも影響を与えてしまいました。(東京都 S・Tさん)
  • 経済的な不安を言ってしまったこと。(茨城県 K・Kさん)
  • 「どうするの?」と追い込む言葉をかけたり、本人の言う事を頭から否定してしまった事。(兵庫県 K・Mさん)
  • 「絶対に◯◯大(第一志望)に受かるよ」って、本当に思っていたのでよく言ってしまいました。落ちてから、きっとその言葉はさかのぼって悔しい思いを倍増させてしまったかなと思います。(千葉県 H・Sさん)
  • 滑り止めの大学を増やすことばかり言ってしまったこと。入れる大学探しではなく、目指す大学に集中させてあげるべきでした。(東京都 A・Hさん)
  • 「身の丈にあった大学で、いいんじゃないの?」と言ってしまったこと。「親が信じてくれないなんて」と泣かれました。(愛知県 T・Hさん)
  • 他人との比較をした言葉を言ってしまった。(広島県 Y・Hさん)
  • 学校や塾で頑張って、家で気分転換にゲームをしていた時、判っていたのに「余裕だね」と言ってしまった。(千葉県 S・Mさん)
  • 黙って子供を見守っているつもりでも、ついつい細かな注意をしてしまったこと。(愛知県 N・Tさん)
  • 現役合格してたらこんなにお金はかからなかったのにと愚痴ってしまったこと。(奈良県 K・Iさん)
受験期の親子関係

PAGE TOP