河合塾の大学入試情報サイト

理科の学習法

Questionあなたが行った効果的な理科の学習法を教えてください。

※特派員のプロフィールはアンケート回答時点のものです。

帯広畜産大学 畜産学部 1年 C.Y.特派員

※受験での必要度:2次・私大のみ

【生物】暗記も大切だが、それぞれの現象を理解することが一番重要。図や絵などを書いて理解すると、意外と忘れない。
【化学】知識分野は早めに固めておくこと。薄い問題集を買って、何周もする。

静岡大学 情報学部 1年 Dさん特派員

※受験での必要度:センター・2次私大ともに必要

【物理、化学】物理も化学も三年生の一学期までには二年間に習ったことの基本を完璧にする。物理は夏休みまでに力学と波動の分野、化学は理論の分野の基本を完璧にしておく。二学期に入ってからは物理は電磁気と原子、化学は有機、無機に全力を注ぐ。そうすると、他の受験生が苦手にしやすい分野を得点源にできる。

愛知県立大学 外国語学部 1年 S.H.特派員

※受験での必要度:センターのみ

【化学基礎】実験器具や反応前後の溶液の色や発生する気体は条件反射的に答えられるように暗記を徹底した。化学反応式なども合わせて覚えると効率が良い!
【生物基礎】植生などの分野は暗記が多いため、語呂合わせを作って覚えやすくした。様々な細胞の大小関係も、短い歌をつくって覚えた。

名古屋市立大学 総合生命理学部 1年 まおまお特派員

※受験での必要度:センター・2次私大ともに必要

【物理、化学】物理は良問の風などの網羅問題集を一冊仕上げて、名問の森のような応用問題集を一冊仕上げると良い。化学は、河合塾のテキストを復習するだけでもかなり点数が上がった。標準的な問題集を一冊仕上げるだけでも効果あり。

大阪大学 法学部 1年 Y.N.特派員

※受験での必要度:センターのみ

【化学基礎、生物基礎】基礎的な参考書をひと通り読んだ後センター試験の過去問に取り組みましたが、収録回数が少ないので予備校のマーク式問題集で練習回数を増やしました。

奈良女子大学 理学部 1年 チェリー特派員

※受験での必要度:センター・2次私大ともに必要

【物理、化学】化学は、自分でノートにまとめ赤シートで隠して覚えていた。お気に入りのノートを使うことでやる気アップにつながった。資料集よりも教科書を見ることが多かった。
物理は、原理を理解して自分で説明できるようにすることが大切だと思う。

岡山大学 教育学部 1年 理系教科が嫌いな理系特派員

※受験での必要度:センター・2次私大ともに必要

【化学基礎、化学、生物基礎、生物】公式や用語の暗記は出来て当たり前、その上でその用語をどう解答に盛り込むかが勝負の分かれ目になりますので、とにかく、用語は誰かに説明ができるぐらいに仕上げておきましょう。

九州大学 医学部 1年 こだま特派員

※受験での必要度:センター・2次私大ともに必要

【化学基礎、化学、生物基礎、生物】化学は分野ごとに攻略していくこと、楽しむことで成績が伸びました。今日は浸透圧の日など決めて類題も含めていろんな問題を解き、その分野特有の注意点や、自分の間違えやすいところをメモしていました。
生物は早くから考察問題を多く解くことでセンター、二次ともにとても役立ちました。

慶應義塾大学 理工学部 1年 R.O.特派員

※受験での必要度:センター・2次私大ともに必要

【物理、化学】物理について、二次試験については公式に当てはめるだけでは解けない問題がほとんどであるので本質的な理解をする。なぜこのような解き方をするのかを考える。
化学について、理論化学は苦手分野を作らないことが特に大切だと思う。なぜこのように答えが導けるのかを物理と同様に考える。無機・有機化学については語呂合わせなどを使ったり、自分で覚えやすい方法を早く見つけることが重要。細かい違いなどがたくさんあるので頭の中でごっちゃにならないように整理する。

立教大学 文学部 1年 N.O.特派員

※受験での必要度:センターのみ

【化学基礎、生物基礎】テキストの問題をひたすらにやってました。後悔しているのがあまり教科書を読まなかったことです。理科基礎の教科書は薄くてエッセンスがまとまっているのでちゃんと読めばよかったなと思います。

ご利用上の注意事項 をご確認の上、ご利用ください。

PAGE TOP