河合塾の大学入試情報サイト

英語(筆記)の学習法

Questionあなたが行った効果的な英語(筆記)の学習法を教えてください。

※特派員のプロフィールはアンケート回答時点のものです。

山形大学 人文社会科学部 1年 ぺペンギン特派員

※受験での必要度:センターのみ

予習では毎回必ず時間を計って問題を解くようにしていました。その際にわからない単語が出てきても時間内で解くことに優先して読み飛ばしていました。そして、一通り問題を解き終わったら辞書を使ってもう一度英文を読み、今度は丁寧に内容をおさえることに重点を置きました。最後に、疑問点を付箋に書き出してそれをノートに貼り授業で聞きたいポイントを整理していました。
次に復習では、何度も英文を声に出したり音声教材を利用していました。その時に、聞き取れないところや内容がわからない箇所が出てきたら、そこが自分の弱点なので、板書を見返したり先生に質問をしに行ったりして疑問点を残さないようにしていました。

お茶の水女子大学 生活科学部 1年 M.N.特派員

※受験での必要度:センター・2次私大ともに必要

初めは英単語が全然定着していなかったので長文が読めず、英語に苦手意識があったが、3年の後半で英単語が身についてきたら長文もスムーズに読めるようになった。
英単語の重要性を身にしみて感じたので、今の1・2年生はぜひ今のうちに英単語帳を何冊でもやってほしい。

東京外国語大学 国際社会学部 1年 グレープフルーツ特派員

※受験での必要度:センター・2次私大ともに必要

英文法と英単語は高2のうちに完成させ、高3はひたすら長文読解のスピードと正確さをあげること、論述の力を磨くこと、英作文をミスなく書き相手に伝えられるようにすることを目標にやっていました。英文法、英単語を高2で終わらせておくと、高3でミスしてしまっても復習になるし、高3でより多くの時間を最も配点の高い長文読解の学習に割けるので非常によかったと思っています。

大阪大学 文学部 1年 R.M.特派員

※受験での必要度:センター・2次私大ともに必要

英作文の勉強では、あらかじめ英語表現のノートを作っておき、授業や模試の模範の解答で出会った表現をまとめるのがオススメです。英単語帳や熟語帳で良いのではないか、と考えるかもしれませんが、英単語帳に載るほど難しい表現ではないけど和文英訳で書けない、という表現を集めた自分専用のノートを作り、テスト前に見返すのは効果的です。

大阪大学 文学部 1年 ちせ特派員

※受験での必要度:センター・2次私大ともに必要

まずは自分に合った英単語帳をしっかりと一冊終わらせることが大事だと思う。隙間時間を使って何周でも繰り返すべき。本格的に受験勉強を始めるころには過去問に一度目を通しておき、自分が苦手に感じるところはどこなのかを分析して、そこを重点的に取り組むことが大切だと思う。私は学校の先生、塾の講師に積極的に質問しに行って添削指導を受けると成績が上がった。模試もしっかり保存して、間違えた問題は今後二度と間違わないというくらい繰り返しやり直すのが大切。

青山学院大学 経営学部 1年 H.S.特派員

※受験での必要度:2次・私大のみ

僕は受験生活のうちで一つだけやり通したことがあります。それは、英文を1日1題音読することです。どんなに疲れてやる気が出ない時でも、必ず英語に触れる機会にしていました。本当に時間がないときは問題は解かなくて良いので、英文を音読して英語の感覚を鈍らせないようにすることがオススメです!

慶應義塾大学 医学部 1年 ちーちゃん特派員

※受験での必要度:センター・2次私大ともに必要

英文法については、個々の文法事項をバラバラに学習するのではなく、体系的に自分でまとめることをおすすめします。というのも、根底にある基礎の文法は同じであるので、基礎から派生していくかたちでマスターするほうが効率もよいからです。英単語に関しては、暗記するほかありませんが、暗記する際におすすめの方法は単語カードを利用することです。単語帳だけで単語を覚えようとすると、英単語と日本語を対応させるよりも、順番と日本語を対応させて覚えてしまうからです。その点、単語カードを用いると順番は自由に変えることができるので、即時に英単語の意味を思い出すことができます。

専修大学 経済学部 1年 ちょびお特派員

※受験での必要度:センター・2次私大ともに必要

私は英語が一番苦手で、高3の時点で単語をもろくに覚えていなかったので、これが私のできない理由か!と思い、単語をやり直しました。文法の問題で出てきた単語もチェックし、イディオムまで覚えるように努力しました。
夏休みなど、長時間勉強する時は英語をずっと続けるのは苦痛だったので、適度に好きな教科をはさんだりして乗り越えました。

中央大学 文学部 1年 つくし特派員

※受験での必要度:センター・2次私大ともに必要

文のまとまり、構造の理解
主語、動詞、副詞などの把握や関係代名詞がどの単語、名詞にかかっているかをなるべく色々な問題を通して瞬時に見極められるようにしておくといい。

東京理科大学 理学部 1年 S.K.特派員

※受験での必要度:センター・2次私大ともに必要

単語の暗記に関しては、返し縫い暗記法を推奨する。
例)単語帳5ページを覚えなきゃいけないとすると、基本的に紙とかには書かずに、
①1分で1ページ目の単語を覚える
②30秒でテストする(訳を隠して、頭の中で答えて、確認して、を繰り返す)
③2ページ目で①と②をやる
④1ページ目を30秒でテストする
⑤3ページ目で①と②をやる
⑥2ページ目を30秒テストする
⑦4ページ目で①と②をやる
⑧3ページ目を30秒でテストする
⑨4ページ目を30秒でテストする
⑩1~4ページ目を30秒×4ページ×8割の時間でテストする

ご利用上の注意事項 をご確認の上、ご利用ください。

PAGE TOP