河合塾の大学入試情報サイト

生物

2021年度入試(2021年4月入学生向け入試)からセンター試験に代わり、「大学入学共通テスト」が導入されます。

共通テストに向けてどのような学習を行えばよいのか、河合塾講師からの学習アドバイスをご紹介します。

河合塾講師からの学習アドバイス

理科共通学習アドバイス

大学入学共通テストを受けるうえで、基盤となる知識・技能をしっかり身につけるためにも、教科書の重要事項(用語や公式、概念等)を正確に理解し、問題演習を積み重ねて、知識を相互に関連付けて整理することが重要です。また、科学的な探究の過程を通して、資料やグラフの読み取りや分析、考察の練習を積んでおきましょう。
共通テストでは教科書に掲載されていない受験生には馴染みのない資料や題材を扱った問題や日常生活・社会と関連する事象が題材とした問題が出題されることが予想されます。日頃から生活やニュース等で接する用語や事象に興味・関心を持ち、学習内容とつなげて理解しておきましょう。
共通テストの対策として、センター試験の過去問を使って、知識の定着を確認することや図やグラフの読み取り、計算問題の演習をすることは有効です。また、全統共通テスト模試や全統プレ共通テストを活用して、共通テスト特有の出題形式や問題傾向に慣れておくことも大切です。

生物学習アドバイス

大学入学共通テストで出題が増加すると予想される考察型の問題に対応できるようにするためには、できるだけ早い時期から教科書全範囲の基本的な知識を具体的な現象と関連づけて理解しておくことが最も重要です。さらに基本的な問題演習を通じて、知識を活用できる力を身につけておくことが大切です。
共通テストでは、さまざまな観察や実験に関する問題が多く出題されることが予想されるため、教科書に記載されている「参考」や「コラム」、「探究活動」の内容も学習し、正確に理解しておく必要があります。また、教科書には記載されていない初見の実験や資料、データを読み取って判断する問題や、仮説について比較・検討する問題も出題されます。問題演習を通じて、必要な情報を問題から素早く読み取る練習や、資料や図・グラフなどのデータを正確に読み取る練習をしておきましょう。学校での観察・実験を通して、積極的に資料や図・グラフのデータを分析したり、説明する練習をしておくことも有効です。
日頃からニュースやインターネット等で接する生物学的な内容や生命現象に目を向け、教科書での学習内容と結びつけて考察するようにしましょう。

大学入試センター発表資料

令和3年度試験情報令和3年度試験情報

共通テストの時間割や問題作成方針などが掲載されています。

平成30年度試行調査平成30年度試行調査

平成29年度試行調査平成29年度試行調査

[参考] 2020年度センター試験 問題構成と設問別分析

大問 分野 配点 マーク数 テーマ
1 生命現象と物質 18 3 A 遺伝子
2 B 細胞周期
2 生殖と発生 18 3 A 動物の発生と遺伝子
3 B 植物の発生と遺伝子
3 生物の環境応答 18 3 A 動物の反応と行動
3 B 植物の環境応答
4 生態と環境 18 3 A 個体群
5 B 種間関係
5 生物の進化と系統 18 3 A 進化のしくみ
3 B 植物の系統
6 生命現象と物質
生物の環境応答
10 3 遺伝子・植物の環境応答
7 生物の進化と系統 10 4 生物の起源と進化・生物の系統
合計 100
前へ
次へ

設問別分析

第1問
Aは遺伝子の発現調節に関する知識問題、Bは細胞周期に関する知識問題と考察問題であった。問1・2はラクトースオペロン、問3は真核生物の転写に関する設問であったが、いずれも基本的な内容であった。Bの細胞周期に関する設問は、生物基礎の範囲からの出題であった。問4・5ともに、細胞周期に関する設問としては典型的なものであり、解答しやすかっただろう。
第2問
Aはホヤの発生に関する知識問題と考察問題、Bはアサガオの花の形成と減数分裂に関する考察問題であった。Aでは母性因子のはたらきを確認するために必要な実験を考えさせる、大学入学共通テストを意識した問題が出題された。Bは模式図から花器官のどれが形成されたかが読み取れれば、教科書の知識をもとに解ける問題である。問5のDNA量については、「減数分裂に入る前」をDNAを複製する前として答える。
第3問
Aは動物の反応と行動に関する知識問題と考察問題、Bは植物の環境応答に関する知識問題と考察問題であった。問3では、雄が羽ばたきをする場合に性フェロモンを感知できていることに着目する。問4・5では、変異体Cがアブシシン酸を受容できず、変異体Dがアブシシン酸を合成できないことを文章や実験データから読み取る必要がある。
第4問
Aは個体群や生態系などに関する知識問題と考察問題、Bは物質生産に関する知識問題と植物の成長能力と被食防御を題材とした考察問題であった。問1は、最近マスコミなどにも取り上げられているヒアリを題材とした問題であり、ヒアリとアブラムシとワタ(綿花)の種間関係に関する知識問題と考察問題であった。問2~4は教科書レベルの標準的な知識問題であった。問5は実験結果をもとに考察する問題であったが、与えられた文章に沿って考えれば解答しやすかったと思われる。
第5問
Aは遺伝子型頻度の計算、および塩基置換の速度から個体の生存や繁殖に有害な遺伝子を考察する問題であった。Bは植物の系統の知識問題や、系統樹から地層が形成された年代を考察させる問題、コケ植物の含水量と生命活動に関する計算を含む問題であった。
第6問
植物の酵素を題材とした、細胞内輸送、遺伝子、および植物の環境応答に関する考察問題であった。問2では、与えられた塩基配列と問題中のアミノ酸数の情報から、mRNAをもとに合成されるタンパク質のアミノ酸数を判断することが求められた。また、問3は、植物の光受容体の知識をもとに、光による選択的スプライシングの調節について考える設問であった。
第7問
進化の過程における生物の陸上進出に関する問題であり、教科書に記載されている基本的な知識をもとに解答する設問が出題の中心であった。問3は、陸上植物と藻類がもつ光合成色素をもとにして、これらの系統関係を考察する設問であったが、陸上植物がもつ光合成色素の知識のみで解答することが可能であった。

[参考] センター試験 平均点の推移

年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度
平均点 57.6 62.9 61.4 69.0 63.6
前へ
次へ

※共通テストの平均点について

2018年に実施された共通テスト 試行調査では、平均得点率が5割になるように作問されました。
2021年1月実施の共通テストで想定する平均得点率は明示されていませんが、同様の得点率を想定して作問されると考えられます。

共通テスト 科目別学習アドバイス

PAGE TOP