河合塾の大学入試情報サイト

物理

2021年度入試(2021年4月入学生向け入試)からセンター試験に代わり、「大学入学共通テスト」が導入されます。

共通テストに向けてどのような学習を行えばよいのか、河合塾講師からの学習アドバイスをご紹介します。

河合塾講師からの学習アドバイス

理科共通学習アドバイス

大学入学共通テストを受けるうえで、基盤となる知識・技能をしっかり身につけるためにも、教科書の重要事項(用語や公式、概念等)を正確に理解し、問題演習を積み重ねて、知識を相互に関連付けて整理することが重要です。また、科学的な探究の過程を通して、資料やグラフの読み取りや分析、考察の練習を積んでおきましょう。
共通テストでは教科書に掲載されていない受験生には馴染みのない資料や題材を扱った問題や日常生活・社会と関連する事象が題材とした問題が出題されることが予想されます。日頃から生活やニュース等で接する用語や事象に興味・関心を持ち、学習内容とつなげて理解しておきましょう。
共通テストの対策として、センター試験の過去問を使って、知識の定着を確認することや図やグラフの読み取り、計算問題の演習をすることは有効です。また、全統共通テスト模試や全統プレ共通テストを活用して、共通テスト特有の出題形式や問題傾向に慣れておくことも大切です。

物理学習アドバイス

大学入学共通テストでは、これまでのセンター試験と同様に物理の知識・技能も問われますので、できるだけ早い時期から学習を始め、基本的な知識を身につけるとともに、典型的な問題は確実に解けるようになっておきましょう。
共通テストでは、日常生活や実験を意識した問題、科学的な探究の過程を重視した問題が出題されます。既存の問題集を中心とした反復学習だけでは対応できないため、「探究活動」の内容も丁寧に学習し、実験データの読み取りや実験結果をグラフで表す練習、立式や計算練習もしておきましょう。自らの手でグラフを描いたり考察することが大切です。
また、2020年度のセンター試験で出題されたような教科書に載っていない初見の問題も出題されることが予想されますので、問題演習を積み重ねて物理法則等の基本事項を正確に理解しておき、問題文を的確に把握してその場で対応できる力、図やグラフをもとに考察する力を身につけておきましょう。日頃から物理の現象や実験、観察に関する書籍等を読み、主体的に身の回りで起きている現象について興味を持ち、知識を広げておくことも大切です。

大学入試センター発表資料

令和3年度試験情報令和3年度試験情報

共通テストの時間割や問題作成方針などが掲載されています。

平成30年度試行調査平成30年度試行調査

平成29年度試行調査平成29年度試行調査

[参考] 2020年度センター試験 問題構成と設問別分析

大問 分野 配点 マーク数 テーマ
1 小問集合 25 5 各分野の基本問題
2 電磁気 20 4 A コンデンサー回路
B 荷電粒子の運動
3 波動 20 4 A ドップラー効果
B 光の干渉
4 力学 20 4 A 衝突と円運動
B 力のつり合いと運動方程式
5 15 3 浮力と気体の状態変化
6 原子 15 3 原子核と放射線
合計 100 20
前へ
次へ

設問別分析

第1問
さまざまな分野からの小問集合。問1は剛体のつり合いの問題。力のモーメントのつり合いを用いて求める。問2は2本の直線電流による磁力線の様子を表す図を選択する問題。教科書に図や写真が記載されていないので、2本の直線電流がつくる磁場を合成する必要がある。問3は音波の干渉を扱ったクインケ管の問題。問題文に経路差のヒントが書かれているので、題意を読み取ることができれば難しくはない。問4は気体の状態変化を扱った基本問題。問5は水平面上での衝突の問題。運動量の和が0であることに気づくと解きやすい。
第2問
A 円筒形導体を用いたコンデンサーの回路の問題。教科書にも問題集にも載っていない形状のコンデンサーで、問題文と与えられた図をしっかり把握して、その場で考えて対応しなければならない。
B 電磁場中の荷電粒子の運動の問題。問4は質量の変化による速さの変化を評価する問題である。
第3問
A 水面波を題材としたドップラー効果の問題。ドップラー効果の振動数の公式や波長の公式を用いればよいが、少し難しかったかもしれない。
B 複スリットによる光の干渉とニュートンリングの問題。受験生にとって、見慣れた題材だと思われるが、与えてある文字が少ないので、かえって難しかったかもしれない。
第4問
A 小物体の完全非弾性衝突と鉛直面内の円運動の問題。問1は運動量保存則を用い、問2は円運動の式と力学的エネルギー保存則を用いる。
B 小球にはたらく力を考える問題。問3は力のつり合いに関する標準的な問題である。問4は糸を放した直後に、小球1と小球2にはたらく力を正しく見抜く必要がある。
第5問
水槽内の円筒容器に閉じ込められた気体の状態に関する問題。問1は浮力による力のつり合い、問2は水中での圧力、問3は体積の等しい状態についての設問で、気体の状態変化に関する設問が中心ではない。どのような物理量に着目するかがポイントである。
第6問
原子核反応と放射線に関する問題。問1は日本の研究グループが命名権を得たニホニウムの生成過程とα崩壊の回数について、問2は結合エネルギーの数値計算、問3は放射線の電場中の軌道についての設問である。

[参考] センター試験 平均点の推移

年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度
平均点 60.7 56.9 62.4 62.9 61.7
前へ
次へ

※共通テストの平均点について

2018年に実施された共通テスト 試行調査では、平均得点率が5割になるように作問されました。
2021年1月実施の共通テストで想定する平均得点率は明示されていませんが、同様の得点率を想定して作問されると考えられます。

共通テスト 科目別学習アドバイス

PAGE TOP