河合塾の大学入試情報サイト

政治・経済

2021年度入試(2021年4月入学生向け入試)からセンター試験に代わり、「大学入学共通テスト」が導入されます。

共通テストに向けてどのような学習を行えばよいのか、河合塾講師からの学習アドバイスをご紹介します。

河合塾講師からの学習アドバイス

政治・経済学習アドバイス

2018年に実施された試行調査では、多くの情報を示し、それらをじっくりと考えさせることを意識した設問が出題されており、思考力や判断力を重視する方向性が示されています。また、大問冒頭の文章がなくなるなど、センター試験に比べて出題形式が大きく変化したように感じられるかもしれません。しかし、その前提として、政治・経済に関する基本知識が必要とされており、センター試験と求められるものが大きく変わるわけではありません。
学習対策としては、まずは教科書に記載されている基本事項をしっかりと理解して、整理しておく必要があります。丸暗記ではなく、各事項を全体の中に位置づけて理解しておく必要があります。その上で、情報を適切に読み取る練習が有効で、設問によっては要領よく正解に導くためのテクニックも必要となります。
また、センター試験「政治・経済」の過去問を演習しておくこともオススメします。共通テスト「政治・経済」の設問のなかには、これまでのセンター試験と同じような形式の設問も混在する可能性があるからです。センター試験の過去問に登場する設問を用いて、知識事項の確認・補充を積み重ねていくことは、共通テスト対策としても有効な学習手段となるはずです。

大学入試センター発表資料

令和3年度試験情報令和3年度試験情報

共通テストの時間割や問題作成方針などが掲載されています。

平成30年度試行調査平成30年度試行調査

平成29年度試行調査平成29年度試行調査

[参考] 2020年度センター試験 問題構成と設問別分析

大問 分野 配点 マーク数
1 「平等」の実現に関する課題 28 10
2 国の役割と地域社会の役割 24 8
3 経済成長と地球環境問題 24 8
4 自由民主主義の原理と制度 24 8
合計 100 34
前へ
次へ

設問別分析

第1問
「平等」の実現に関する課題をテーマに、支配の正当性、日本国憲法上の法の制定、アダム・スミスの思想,市場の機能や限界、消費者問題、年齢階級別・雇用形態別の賃金水準、民間の労働者に関する日本の法制度、需給曲線の読み取り、地方自治、難民受入れについて出題された。問1で問われた支配の正当性に関するウェーバーの思想は、受験生にはなじみの薄い事項であったと考えられる。問6の図表読み取りは特定の知識を前提としておらず、落ち着いて取り組んで確実に正解しておきたい。問5で問われた消費者団体訴訟制度や、問10で問われた日本の難民条約の加入時期は、やや細かい知識である。
第2問
国の役割と地域社会の役割に関する会話文をもとに、日本国憲法の改正、最高裁判所の違憲判断、租税負担率と社会保障負担率の国際比較、外国人の法的地位、租税の原則、GNP(国民総生産)とGDP(国内総生産)、景気循環の類型、住民投票制度など、政治・経済の領域から多様な問題が出題された。ほとんどの問題は教科書を丁寧に学習していれば対応できるが、問4の外国人の法的地位など、やや細かい事項についての出題もみられる。
第3問
「宇宙船地球号」という視点から、発展途上国の経済成長と地球環境問題との関係を論じた本文をもとに、公共財の性質、発展途上国の経済、二国間貿易の為替による決済の仕組み、WTO(世界貿易機関)、企業の資金調達の日米比較、温室効果ガスの削減に関する国内外の制度、日本における農業や食品に関する出来事、世界の政府開発援助(ODA)の実績が出題された。外国為替の仕組みに関する問3は過去問とほぼ同一の問題であった。パリ協定など近年の動向も出題された。
第4問
自由民主主義に関する本文をもとに、法の支配、日本の違憲審査権、選挙制度、各国の議会制度、大衆民主主義、ナチス政権、日本における司法権監視、国民の自由や権利をめぐる状況など、政治にかかわる事項が幅広く問われた。違憲審査権の積極的な行使を求める根拠となる考え方を問う問2は、論理的な判断力が問われている。日本における司法権監視の仕組みについて問う問7では取調べの可視化に関する時事的事項が出題された。

[参考] センター試験 平均点の推移

年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度
平均点 53.8 56.2 56.4 63.0 60.0
前へ
次へ

※共通テストの平均点について

2018年に実施された共通テスト 試行調査では、平均得点率が5割になるように作問されました。
2021年1月実施の共通テストで想定する平均得点率は明示されていませんが、同様の得点率を想定して作問されると考えられます。

共通テスト 科目別学習アドバイス

PAGE TOP